昆虫

2019年4月23日 (火)

春爛漫花…と、葡萄の手入れ(芽欠き)開始

ここ数日、良い天気が続いており冬花の傷の進み具合が激しくなりましたが
春花は春爛漫の勢いで咲きつつあります。

【春爛漫  花】
①羽衣ジャスミン
2019_0423_095209cimg3948
2019_0423_095155cimg3947

②シラーペルビアナ

2019_0423_091529cimg3941
2019_0423_091507cimg3939

③バラ・キモッコウ
2019_0423_093127cimg3946


【野菜栽培】  スイカ栽培

《苗栽培》・・・接ぎ木苗トライ(途中経過)
①種の植え付け&発芽
・一回目の夕顔(元木)の種蒔き後の気温の低下で発芽しない事態発生。
(この対策で種蒔きポットをビニール袋で密閉養生⇒太陽熱で煮沸させて駄目に・・・)
・「二回目の夕顔」と「一回目のスイカ」の種撒きを同時実施(4/13)。
約一週間後より両方とも発芽を開始したが夕顔の発芽が遅く、元木(夕顔)と穂木(スイカ)の
生育に差があり接ぎ木時期のタイミング不一致の傾向あり。
・夕顔の発芽状態・・・4/21より発芽開始。4/22時点での発芽数5個
2019_0423_091737cimg3943
・スイカの発芽状態・・・4/20より発芽開始。4/22時点での発芽数21個

2019_0423_091722cimg3942
・再度、スイカの種まきを追加実施(4/22)・・・手前のグリーン苗ポット。

2019_0423_091749cimg3944
一番最初の種蒔きで、発芽トラブルに遭遇・・・自然環境下での作業の難しさも痛感・・・
この先がどうなるのか思い知らされる。

【果樹栽培】  葡萄栽培
①芽欠き作業着手
気温の上昇に伴い、葡萄に新芽が出始めてきました・・・そこで、芽欠き作業を開始、
今後、必要時に随時、実施していきます。
2019_0423_113721cimg3950 

《芽欠き前》

A部
2019_0421_090145cimg3921
B部
2019_0421_084828cimg3919

 《芽欠き後》
A部
2019_0421_090154cimg3922
B部
2019_0421_084837cimg3920

《今週のオマケ》
①ベニシジミ~前回記事のリベンジ写真。
2019_0422_104126cimg3933

②アゲハ~今年は、やたらとアゲハの訪問がが多いです。

2019_0423_085312cimg3937

③ミヤコワスレ~花壇で消滅したと思ってたが1株のみ残ってました。
2019_0423_095756cimg3949

④ムベの開花~種を鉢植えで栽培・・・初めての開花です。
(一種類だけのうえつけなので実付きは無理だと考えてます)
2019_0423_082037cimg3936

 

2019年4月20日 (土)

今が最盛期の冬花&春花

今週に入り最高気温が20℃を越える日が続き、植物達の生育が早まった
感じがしてきました。
特に「夕顔やスイカの発芽」や「葡萄の新芽」などが生育してきており、
次の手入れを考えると気が重くなります。
一方、今が最盛期の冬花達は徒長が進み始め終わりを待つ状態に移行中で
寂しい心境です。

【今が最盛期の冬花&春花】
①東南道路南側~この場所では、右側奥に配置してる「クレマチス二種類」と
「皇帝ダリア鉢2」が、これからの楽しみの花です。
2019_0420_093416cimg3908
当場所のボリュウームたっぷり花はユーリオプスデージーが代表です。

2019_0420_093449cimg3910

②南西道路側~公道から門までの間

当場所の気に入り箇所は門前ですが、ここには、咲きはじめたばかりの
モッコウバラとシラーペルビアナが、これからの見頃です。
2019_0420_093932cimg3913
・門の直前
2019_0420_093902cimg3912
・モッコウバラ
 2019_0420_085828cimg3906 
・シラーペルビアナ 
2019_0420_133138cimg3918
2019_0420_093958cimg3914
 
③玄関前~
ここでは、挿し芽栽培のオステオスペルマム・ブルーアイビューティーです。
2019_0420_133057cimg3917 
2019_0416_110311cimg3852 

他に、庭の奥(内部)にはアジュガピンク等と東南道路東側等がありますが、省略します。

2019_0419_110954cimg3889  

あっ…そうそう・・・挿し芽のペチュニアが咲きはじめましたが、今回咲いた

花は全て同色で、ちょっとガッカリしてます。
・シーズン越しペチュニアの親数
2019_0419_120248cimg3891
・同上のシーズン越しペチュニアの挿し芽株・・・今週、栽培鉢に植え替え実施。
2019_0420_083635cimg3904

そして、今週は庭奥で管理してるクンシランも咲きはじめてきました。

更に、横浜の知人より新タケノコを頂き、美味しく頂きました。
・クンシラン
2019_0420_093747cimg3911
・新タケノコ
2019_0417_155157cimg3882 

今日の最後は昆虫です。
ニジシジミベニシジミ~宿根草ストケシアの葉で休息中。
2019_0420_104037cimg3916

 

 

2019年4月 6日 (土)

シーズン越しペチュニ…キモッコウバラ開花とキタテハ

  今週の木曜日までは上空の寒波で寒い日が続いてましたが、昨日より寒波も去り
暖かい日となりました(最高気温 約22℃)。

この暖かさで、キモッコウバラやボケ、路地植え付の「アジュガ」が咲きはじめたり、開花直前に
なってきました。

①キモッコウバラ~鉢植え
2019_0406_120636cimg3787
②ボケ(佐藤錦)~鉢植え
2019_0406_120949cimg3795
③アアジュガモモコ(ピンク色)~ブルーも、そろそろ咲きそうな状態になってる。

2019_0406_102824cimg3774

そして、シーズン越しペチュニアも順調に生育してきました。

【シーズン越しペチュニア・・・親株】屋外無加温簡易ビニールハウスで厳しい寒さに打ち勝ち
花を咲かせてくれてます・・・が、早々と花びらがナメクジの餌になってます。
①ペチュニア八重~
2019_0331_134704cimg3746
②ペチュニア一重~
2019_0403_105004cimg3771 
③ペチュニア~まだ、咲いてないので花姿は不明。

2019_0401_113401cimg3766
このシーズン越しペチュニアは開花は早くて良いのですが、新芽の付け根部が弱くて手入れ時に

下手をするとポキリと折れてしまうのが難点です。

【シーズン越しペチュニア・・・挿し芽株】

①ペチュニア挿し芽3株~株姿は良好・・・後は、どの様な花が咲くか楽しみです。
2019_0406_103329cimg3777
②ペチュニア挿し芽3株くらい~ヒョロヒョロと延びており、早急にきり戻す予定。

(きり戻した茎も再度挿し芽予定)
2019_0401_113521cimg3767 

【スイカ栽培=接ぎ木苗にトライ中】
また、ここ二日間の暖かさで「スイカ接ぎ木元木用に種蒔きした夕顔」が、漸く発芽してきました。
(たった一つ)
2019_0406_121148cimg3796

3/21に種蒔きしましたが、それ以降、気温が低下して発芽してくれませんでした。
今後の発芽に期待するばかりです。

【果樹栽培=葡萄の消毒作業】
・本日、病害虫対策で葡萄の消毒を実施(発芽前)
(トップジンМ水和剤200倍希釈液+スミチオン1000倍希釈液を使用)

【その他】
①キタテハ~ノースポールの花びらで・・・
2019_0401_105645cimg3761

②レンギョウ~黄色の満開の花と新緑葉が映えてます。
2019_0403_090658cimg3770

③現在の花の様子・・・
・東南道路左側~クリアPC製の屋根を取り外し(冬対策用)スッキリしました。
2019_0406_112330cimg3781
・南西道路側~
2019_0406_112532cimg3784 
2019_0406_112500cimg3783

・玄関前~
2019_0406_112031cimg3779
2019_0406_112046cimg3780

2019年3月25日 (月)

昆虫;今季初見のアゲハとクマバチ

最近の気温の上下に、ほとほと閉口してるこの頃・・・
特に先週の最高気温は「金曜日22℃」から「土曜日9.5℃」と急降下・・・
昆虫を始め、花や果樹もビックリした事でしょう。


【昆虫の今季初見】
①アゲハ~3/24に柑橘の葉っぱで・・・
2019_0324_121018cimg3684

②ク
マバチ~3/22にヒマラヤユキノシタの花で・・・


2019_0322_092608cimg3669

果樹栽培】

①黄金桃の開花(鉢植え)~
2019_0322_151756cimg3676

②ビワ(茂木)摘果作業~取りあえず、半分以上の実を摘果。
鉢栽培で、過去の摘果効果が出ておらず、摘果実施を躊躇。
・摘果前
2019_0325_104114cimg3699
・摘果後
2019_0325_104337cimg3700

【草花栽培】
①クレマチス誘引作業~新弦が伸びてきたので、以下の二品種の誘引を実施。
・マダムジュリアコレボン
2019_0324_160156cimg3696
・キリテカナワ↑と同じで撮影せず

②花数の増えた花
・チューリップ~花びらが大きすぎ花びらの付け根で折れてしまう(真ん中の花)。
2019_0325_114723cimg3702

2019_0325_121610cimg3704

・シーズン越しペチュニア
2019_0325_123430cimg3706
2019_0325_123411cimg3705

③道端で咲いてた花
・タンポポ
2019_0325_094815cimg3697

最後は、門前のフラワースタンド周囲の花達
2019_0324_121439cimg3686

2019年3月21日 (木)

チューリップ&プラムの開花と果樹・野菜栽培の手入れ

ここ最近、比較的気温の高い日が続いており、庭のチューリップの一部と、プラム大石早生が
咲きはじめてきました。

・チューリップ
2019_0321_143154cimg3665
2019_0321_143219cimg3666_1
・プラム大石早生
2019_0320_134623cimg3646
更には、シーズン越しのペチュニアも咲きはじめてきました。
①一重(昨年の親株)
2019_0319_124601cimg3632
②八重(昨年の親株)~
・枯れた葉っもが有り見映えが悪かったので、この枯葉取りを実施、見映えも良くなりました。
2019_0319_124513cimg3631
・この枯葉取りの際に不注意で枝をポキリと折るなど・・・手入れは面倒です(写真は折れた枝の一部)。
2019_0319_093200cimg3615
③シラーペルビアナ蕾・・・開花ではありませんが「蕾」が出始めてきました。
そして、果樹と野菜栽培の手入れも・・・
2019_0319_094407cimg3619
①果樹 ビワ(茂木)の生育状態・・・鉢植え
結実も確認出来たので、未結実を強制的に取り除きを実施。
・未結実の付いた状態
2019_0319_111558cimg3626
・未結実を取り除いた状態
2019_0319_114355cimg3629
・上記作業終了後の全体像・・・今後、摘果作業を実施予定。
2019_0319_113501cimg3628
②野菜 スイカ接ぎ木苗にトライ
ここ最近、スイカ苗も高騰しており、ならば、自分で接ぎ木苗を作ろうと、トライする事にしました。
(自宅用、近所用、近所保育園用)
元木はインターネットで調べ「夕顔」を利用する事にしました。
取りあえず、HCで苗を2袋調達・・・封を切ると「種」は8個と少ないのに驚き。
更に、「種は吸水しにくいので種皮に軽く傷をつけてから蒔くとよい」の注意書きがあり、傷を付けて
種蒔きしました・・・ただ、皮が固くて傷を付けすぎた感じがあり発芽してくれるか心配です。
16個の種を蒔いたトレーは無加温ビニールハウス内で管理します。
2019_0321_105739cimg3654
なお、スイカ種蒔きは、夕顔の発芽状態を確認して実施予定(一週間)。
そして、最近の気温上昇につられて蝶達も出始めてきました。
ここ一週間ですが、「モンシロチョウ」「アカタテハ」「ウラギンシジミ」の飛ぶ姿が見られました。
この内、撮影出来たのは「ウラギンシジミ♀」だけです。
2019_0320_134418cimg3645
今回のオマケは花数が増えた花を・・・
①ユキヤナギ
2019_0321_093455cimg3653
②レンギョウ
2019_0321_093110cimg3650
③ハナニラ
2019_0321_121958cimg3662
2019_0321_122009cimg3663
昨日は近所の保育園の卒園式に招待され出席・・・
恒例行事みたいなもので安堵しました。

2018年12月 6日 (木)

ヒマラヤユキノシタとヒメリュウキンカの開花

昨日、一昨日は曇り空でしたが最高気温(昨日20.5℃、一昨日23.3℃)は異常に高い暖かいと言うより暑さを感じる一日でした。
が、今日は一転、久し振りの雨が降り冬本来の寒さで、冬の到来を思わせる天候となりました。

■この天候の影響なのかは解りませんが、冬を思わせる花も咲いてきました。
①ヒマラヤユキノシタ(鉢栽培)【ユキノシタ科ベルゲニア属(ヒマラヤユキノシタ属)常緑性多年草】
12/2より咲き始めてきました。

2018_1205_110820cimg3213

②ヒメリュウキンカ(地植え栽培)【キンポウゲ科キクザキリュウキンカ属 多年草】
12/5より咲き始めてきました。

2018_1205_121640cimg3214

どちらも、昨年の開花時期が不明(忘れ)で早いのか遅いのかはわかりません



そして、オキザリス・・・昨年より生育遅れの二品種が何とか挽回しつつあります。

③オキザリス:うさぎの耳~発芽が遅く、今季の開花は諦めてましたが漸く咲き始めてきました。

2018_1203_122224cimg3202

2018_1203_122314cimg3203

④オキザリス:パーシーカラー~昨年の処分時に、球根の一部を残し植え付けてた物に蕾が・・・開花間近の状態です。
2018_1205_121744cimg3215

⑤オキザリス:ヒルタ~咲き具合が悪いので今季で処分を考えてましたが、察知したのか、急に花数を増やしてきました。
2018_1204_105529cimg3207


オマケで・・・
・今が一番の咲き具合の⑥オキザリス:桃の輝きも・・・。

2018_1204_105446cimg3204


・更に、花の植え付けも・・・玄関前が寂しいので、少しですが植え付けを実施。
①ビオラ

2018_1205_110736cimg3212

②ストック
2018_1205_110730cimg3211


■葡萄の手入れ(剪定作業)~天候に恵まれ、少し早いですが剪定作業を実施。
・剪定前・・・全体の1/6箇所を撮影

2018_1130_100123cimg3182

・剪定後・・・同じく、同上箇所を撮影
2018_1201_121009cimg3191

・同上作業で、今季製作した「手入れ用架台」が大活躍・・・手入れ時間と労力で大助かり。
ここが、「手入れ架台」で作業する場所です。

2018_1203_104715cimg3198

■昆虫の出現~この異常な気候で蝶達も現れてきました。
①ツマグロヒョウモン~玄関前のビオラで・・・

2018_1130_120059cimg3183

②イチモンジセセリ~我が家の外壁で・・・
2018_1201_100230cimg3189

③ショウジョウトンボ?
2018_1204_150534cimg3209

他に、ヒメアカテテハも現れましたが、カメラ持参忘れで撮影できず。

2018年10月30日 (火)

干柿作り…と、吉祥草の開花など

ここ一週間は最高気温20℃越えの穏やかな日が続いており過ごしやすい日が続いてます。
が、昼夜の寒暖差が大きくて身体が付いていけそうにありません。

この晴れの続いてる時がチャンスと干柿作りを実施。
■干し柿作り
実家の兄から渋柿を送ってもらい、私の大好物の干柿作りを実施(渋柿は西条柿だと思う)。
レシピーはネットで調べた以下の方法で実施。
「皮剥き」⇒「紐吊るし」⇒「5秒間沸騰水(少々の塩含む)」⇒「アルコール(35°)吹き付け」⇒軒下乾燥
2018_1028_113552cimg3035

更に、カラスとコバエ対策で、極細目のネットで周囲を囲いました。
2018_1028_130558cimg3038

■更に、庭では、現気候に負けず新たに活動を開始した花も・・・。
①皇帝ダリアに蕾が~南西道路側に配置してる鉢の主軸先端に「蕾」が出始めてきました。
2018_1029_111304cimg3050

一方、東南道路側に配置してる鉢は、蕾の出る気配なし・・・。
株の生育は、こちらの方が進んでおり、生育の悪い南西道路側鉢に蕾が出始めるとは・・・。

②吉祥草の開花~鉢植えの吉祥草が咲き始めてきました。
開花は、まだ少ないですが、これからが楽しみです。
2018_1030_112423cimg3064

③ユーリオプスデージー~蕾が次々と咲き、花数が増えてきました。
2018_1029_111114cimg3048

■これからの花の準備
遂に、我慢出来ずに調達しました。
①シュウメイギク(白花八重)~1株/1鉢植え付け
2018_1029_092140cimg3041

2018_1029_092153cimg3042

②ウインターコスモス~3株/1鉢植え付け
2018_1029_111023cimg3046

更に、チューリップの植え替えも実施。
③チューリップ~昨年植え付けた鉢の球根の確認と土の再生を兼ねて植え替えを実施。
土を掘り返した結果、球根の1/3が腐り消滅してたので、新たに球根を調達して再植え付けを実施。
2018_1030_085415cimg3059

■昆虫など
①アゲハ幼虫~デポコンの葉っぱで、未だ、健在の幼虫。
2018_1029_122752cimg3058

②ツマグロヒョウモンの羽化~次々と、庭で羽化してるツマグロヒョウモン。
2018_1030_100604cimg3061

■おまけ
①猿の散歩~我が家前の歩道をお姉さんと散歩中のお猿さん・・・お姉さんにお願いしてパチリ。
2018_1030_104659cimg3063

②サギに注意~私の携帯に以下のSМSあり・・・amazonは利用しておらず無視しております。
・8/2 SМS・・・会員登録の未納料金が発生しております。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行いたします。アマゾンサポートセンター064xxxxxxx
・10/30 SМS・・・コンテンツ利用料金の精算確認が取れません。本日ご連絡なき場合には法的手続きに移行致します。アマゾンジャパン(株)034xxxxxxx

2018年10月25日 (木)

落花生の収穫…と、オキザリスペンタローズの開花

今日は雲一つない穏やかな秋晴れの暖かさを感じる一日になりました。
(昨日も最高気温22.5℃の暖かい一日で、一昨日の寒さが嘘のようでした)

■落花生の収穫
昨日は、待ちに待った鉢植え落花生の収穫を実施(たった1株なのが残念)。
・収穫時の目安の「葉っぱが枯れ始めてきた」ので、収穫をすることにしました。
2018_1024_111626cimg3022

・根っこを引っ張るとサヤ(実)が土の中から顔を出してきました。
2018_1024_111929cimg3023

・全部の根を引き抜き、これだけの収穫・・・鉢植え栽培だと限界(数株植え付け必要)。
Img_20181024_113432

2018_1024_121022cimg3024

■葡萄(巨峰)の収穫・・・もう限界かも
葉っぱも落ち、色付きの進みも悪くなってきたので、10/20に房の一部の切り取りを実施…房の形は悪いが甘みもあり、我が家や親しい近所のお宅では食べれるのでお裾分けも実施。
2018_1020_094713cimg3005

まだ、20房近く残っており、房茎の枯れ具合いをチエックしながら残してます。
2018_1025_144828cimg3032

因みに近所の生産販売者の方は色付きが悪いので房を全部切り取り処分されてました。

■オキザリスの開花・・・栽培中の一つ…ペンタローズが咲き始めてきました。
①ペンタローズ~
2018_1024_110425cimg3020

2018_1024_110431cimg3021

②紫の舞~夏の後半より咲き続けてます。
数少ない他の種類は発芽間もないか、発芽しておらずです。
2018_1025_144659cimg3031

■ビワ(茂木)の花穂
秋になり鉢植えビワに花穂が出てきました(10/11から)。
今季の異常な天候により、この先が心配です。
2018_1025_103649cimg3029

■まだ、まだ、健在の夏花
①ペチュニア(八重)~
・苗調達の八重~徒長の都度、剪定をしてましたが、遂に、放置してダラーンと茎が垂れ下がって来ると同時に花を咲かせてくれてます。
2018_1022_072844cimg3008

2018_1022_072852cimg3009

・同上株の挿し芽株~ヒョロヒョロ株ですが、花を咲かせてます(他に2ツの挿し芽株あり)。
2018_1022_073509cimg3014

この状態で冬を迎えたら、シーズン越しをしてくれるかも・・・冬越しに挑戦。

②アゲラタム~今季は調達してないので、こぼれ種で生えた苗と、これの挿し芽株が成長して、花をボツボツと咲かせてくれてます。
2018_1022_073542cimg3015

③バラ(四季咲き)~一輪咲いては散り、また、咲いてくるを繰り返してます。
2018_1022_073011cimg3012

最後は、近所のお宅の皇帝ダリア(我が家のは、このお宅より頂いた物を差し芽)は、今季の天候の影響なのか、脇芽が枯れてます・・・我が家も同様に枯れが発生。
2018_1022_074258cimg3018

そして、羽化したばかりのツマグロヒョウモン・・・多分、ブルーベリーの枝の蛹が羽化したと思われる・・・自然の怖さを知らないで、私の手で休息してます。
2018_1025_103244cimg3028

2018年10月17日 (水)

季節の移り変わり

ここ数日、夜の冷え込みも大きくなり衣類や寝具の衣替えも必要となり秋の到来を思わせる気候になり身体が追いついてくれません。
私は「秋バテ」らしく(自分で判断)、ブログもWeekly Reportとなり反省してます。

■耐寒性ピンクバナナ生育状況
現在、苞葉部五段目まで開き始め、三段目まで実が付いてます。
2018_1016_101600cimg2980

■葡萄栽培(巨峰中心)
今季の葡萄栽培は、天候の影響もあり(9月の雨と10月の台風)最悪の状態となりました。
が、それなりの出来映えの房は収穫して近所にお裾分けしてます。
2018_1011_095713cimg2978

10月に入り、殆ど、色付きが進まず、生育停止の状態が続いてますが、この内、収穫出来そうな房を収穫し、ここ一週間に近所の方5軒(各2房)と、保育園(6房)にお裾分けしました。

■一方、我が家の庭では、次季を待つ続けてた花達に変化が出てきてます。
が、花は少なく寂しい状態から脱出できず悲しい限りです。
①ユーリオプスデージー~夏の休眠から目覚め花を咲かせてきました。
2018_1017_083104cimg2983

②オキザリス~こちらも、発芽を始めてきました(現在、開花してる紫の舞は除く)。
・桃の輝き
2018_1017_084003cimg2998

・ヒルタ
2018_1017_102936cimg3002

・ペンタローズ
2018_1017_083621cimg2990

③シラーペルビアナ~発芽し、順調に生育してます(三鉢)。
2018_1017_083501cimg2984

④ナデシコ~こぼれ種から生えた苗を鉢上げし、今の所、順調に生育してると思われます(三鉢)
2018_1017_083524cimg2986



⑤オステオスペルマム;ブルーアイビューティ~全て挿し芽…挿し芽鉢より栽培鉢に植え替えて栽培中。
・一昨年挿し芽~現在、二鉢とも数輪ですが咲き始めてます。
2018_1017_083935cimg2996

2018_1017_083949cimg2997

・昨年挿し芽~1株づつ2ツの小鉢に、更に、4株を大鉢に植え付け、現在、蕾が出始めてます。
2018_1017_083604cimg2989

2018_1017_083550cimg2988

■皇帝ダリア(鉢植え)
台風は、何とか乗り切ってくれましたが(転倒したが…)、猛暑か、病気なのか不明ですが、茎の先端が枯れ、その代わりに脇芽が出て成長してくれてます。
・A鉢(東南道路側配置)~
2018_1017_083907cimg2995

・B鉢(南西道路側配置)~
2018_1017_083729cimg2992

が、この先、花が咲くように成長するかどうか・・・。

■最後は、夏の忘れもの?も・・・
①ルドベキア;カプチーノ~花後に切り取り、再度、蕾を付けて咲き始めてきました。
2018_1017_110245cimg3004

②ツマグロヒョウモン(花化したばかりの)~指を出すと乗りましたが、直ぐに逃げていきました。
2018_1017_102856cimg3001

③ガマガエル(ヒキガエル)~どこから来たのか、我が家駐車場にガマガエル(ヒキガエル)が居ました。
うす気味悪く毒も持ってるらしいので網で捕獲して近所の川に逃がしてやりました。
2018_1017_093951cimg3000

2018年9月20日 (木)

彼岸花

今日は彼岸入り・・・暑さ寒さも彼岸まで…と、言われてるが今は少し違うかも・・・。
実家の兄より、彼岸花が届き直ぐに植え付けました。
(丁度、合うプラ鉢が無かったのでHCに出向き鉢を調達)
色は三色です(多分)・・・各々を、中・小プラ鉢に植え付け。

2018_0919_163859cimg2877

・淡黄色 シロバナマンジュシャゲ
2018_0919_163930cimg2880

・オレンジ色 鍾馗水仙(リコリス) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
2018_0919_163919cimg2879

・赤色
2018_0920_114423cimg2884


今回の記事も、ここ一週間の出来事を記録することにします。
■野菜栽培
①小玉スイカ~時期外れに結実した(8/16)実を収穫(9/1)・・・弦が枯れ始めたので収穫。実は熟しており、最盛期の甘さには及びませんでしたが美味しく頂きました。

2018_0915_144653cimg2839


■昆虫
①ツマグロヒョウモンの指のり・・・人を怖がらず…多分、羽化したばかりでは。

2018_0915_171342cimg2845

2018_0915_171414cimg2850

②アゲハの幼虫と蛹
・蛹~虫カゴで管理中の幼虫が蛹になりました・・・が、蛹になった場所がカゴの底に敷いてた新聞紙で・・・そこで、新聞紙を切り取り、小枝にテープで張り付けぶら下がり状態に・・・これで、無事羽化してくれればいいのですが・・・

2018_0916_124528cimg2855

・幼虫~デポコンの葉っぱに・・・やたらと、アシナガバチが来るので、保護を目的に捕獲して虫カゴで管理。
2018_0917_110334cimg2864

で、蛹と、この幼虫二匹は近所の保育園に通園中のチビちゃんが持参しました。
(今日、デポコンの葉っぱが無くなったとの連絡があり、小枝をお渡ししました)

コジャノメ(ジャノメチョウ科)~
ヒメジャノメ(ジャノメチョウ科)
2018_0916_141147cimg2861

③オオスカシバ(スズメガ科>ホウジャク亜科)・・・綺麗ですが、蝶ではなく蛾です。
2018_0918_121018cimg2871

■草花
①吉祥草の植え替え~枯葉が多く、この枯葉切り取りを実施してると根っこがグラグラ状態(2鉢の内1鉢)
・・・間違いなくコガネムシの幼虫が居ると判断・・・
・根っこを引っ張ると、スッポリと抜け、コガネムシの幼虫が沢山・・・即、植え替えを実施。

2018_0919_085931cimg2874

2018_0919_100404cimg2875


②ペチュニア八重…挿し芽株~今季、調達した八重・・・徒長した枝を切り取り挿し芽を実施、
・新規調達の八重ペチュニアの現状・・・数回、切り戻ししたが、再度、徒長・・・。

2018_0917_152455cimg2866

・挿し芽株~数個を挿し芽して、3株が成長して花を咲かせてきました。
 ・A鉢(1株)~挿し芽鉢から栽培鉢に鉢あげ

2018_0918_120855cimg2867

 ・B鉢(2株)~挿し芽鉢の状態のまま・・・このまま、この状態で栽培予定
2018_0919_112942cimg2876

■果樹
①時期外れ開花の黄金桃~やはり、時期外れの影響なのか、綺麗には咲けません。

2018_0918_120933cimg2869

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック