果樹栽培

2019年5月21日 (火)

スーパーチュニアラズベリーチーズ&ペチュニアフィオナフラッシュ

今日は早朝より雨・・・更に突発的に強い風も吹く荒れ模様と
なりました。
が、この風雨も一日で終わり、明日から晴れ間の多い暑い日に
なりそうです。

◆夏花の植え付け・・・先週の後半に植え付けた夏花
今回の植え付けで東南道路南側は初夏まで乗り切る予定。
鉢の配置は暫定で、今後、家内が配置換えするかも。
2019_0520_111207cimg4254

植え付けたのは以下の花達

①スーパーチュニア ラズベリーチーズ 素焼き丸鉢に1株植え付け
 暑さ・雨に強く次々と花を咲かせるそうで、しかも大株で初栽培です。
2019_0519_105334cimg4214 
2019_0519_105311cimg4212
2019_0520_080554cimg4245

②ペチュニア フィオナ フラッシュ(fiona flash)

 素焼き丸鉢に4株植え付け
2019_0519_150128cimg4224
2019_0520_080531cimg4243

③ジニア 素焼き丸鉢に3株植え付け

2019_0519_105259cimg4211
④ジニア 素焼き丸鉢に3株植え付け

2019_0519_105400cimg4215
⑤ブルーサルビア 素焼き丸鉢に4株植え付け
2019_0519_105412cimg4216

◆今週に新たに咲きはじめた花
①アルバストルム~栽培を始めて15年くらい経過・・・
毎年咲いてくれます(2鉢栽培中)。
2019_0520_081016cimg4247

◆黄金桃の手入れ(袋掛け作業)
今季は、面倒見が疎かになり虫(大きなカメムシ)の食害が
発生し(果実の表皮傷)殆どの実がダメになり、とりあえず
残ってた5個の袋掛けを実施。
・袋掛け前の果実
2019_0520_063540cimg4241

◆アゲハの手乗り
・早朝に庭に出たらアゲハがサルビアコクネシアの花に…
2019_0520_052034cimg4232
・傷一ツない綺麗な姿に羽化したばかりではと指を差し出し…

 手乗りにトライ…
2019_0520_052343cimg4238
・最後はナデシコの花に…
2019_0520_052414cimg4239
最近は、やたらと羽化したばかりのアゲハに出会いが多く感じます。

◆庭通路沿いのヒメヒオウギとカンパニュラ・アルペンブルー
花数が増してきたので再度、撮影
・ヒメヒオウギ
2019_0520_081246cimg4251
・カンパニュラ・アルペンブルー

2019_0520_081207cimg4249

おまけに、「東南道路東側」と南西道路側」も・・・。

・東南道路東側
2019_0519_105504cimg4218
・南西道路側
2019_0520_105733cimg4252

2019年5月19日 (日)

バラ安曇野&クレマチスマダムジュリアコレボン…と葡萄の手入れ

今週は、比較的好天気に恵まれ「バラやクレマチスの新たな開花」と
葡萄の手入れ、更には「夏花の植え付け」等を実施しましたが、今回は
前半に実施した葡萄の手入れなどで、後半実施の夏花の植え付けは
次回の投稿に回す事としました。

◆バラ 安曇野の開花~5/14より咲きはじめてきました。
が、今季は例年より蕾が少ないため花数も期待出来そうにありません。
2019_0519_105620cimg4221

2019_0519_105550cimg4219

◆クレマチス マダムジュリアコレボン~5/14より咲きはじめ、
日増す毎に花数が増えてきてます。
2019_0519_150056cimg4223

2019_0519_150044cimg4222

おまけのキリテカナワも・・・。
2019_0520_065451cimg4242


そして、今週は月曜日より時間の許す限り葡萄の手入れを実施。

今回の手入れは、葡萄の花房の生育の違いもあり、各種の手入れを
同時に実施しました。
①新梢の誘引・・・既に、数回実施してるが新たに伸びた新弦の誘引実施。
②摘穂(摘房)・・・一つの新梢に2~3つの花穂が付くので、勢いのある
形の良い1つを残して切り取る。
③副穂の切り落とし(房肩切り)
④花穂整形・・・ぶどうらしい形になるように支梗を切り取る(つぶ)。
上記②~④を実施した写真
・手入れ前・・・写真朱記部を切り取り
2019_0515_132304cimg4183
・手入れ後・・・左側の花穂は切り取り

2019_0515_132429cimg4184_1
今後も、必要時に継続実施する。


◆昆虫

①ツマグロヒョウモン♀~こぼれ種で生え咲いてるノースポールで・・・。
2019_0516_071553cimg4193

2019年5月10日 (金)

デポコン開花と接ぎ木スイカ栽培失敗

今週は比較的、好天気に恵まれ園芸作業も捗りました。
この天候が続く事を願うばかりです。
が、この気候で冬花の傷みが激しくなり処分も進んでます。
2019_0510_093152cimg4135

【草花】
①四季バラの開花~挿し木栽培で約13年くらい経過・・・
2019_0510_120022cimg4137
②ヒメヒオウギ(白)の開花~先日に開花した赤系に続いて白も咲きはじめました。

・赤系
2019_0510_073430cimg4118
・白系~ただ、中心部に赤い斑点みたいのが付いておりません(不完全開花?)。

2019_0510_120133cimg4138
③カタバミ~前回投稿記事の他に、この花も通路沿いで咲いてます。

2019_0508_090431cimg4092
④ペチュニア八重~昨年後半の挿し芽株で、まだ、株は小さいですが、今後の生育に期待。
2019_0508_140031cimg4098

【果樹栽培】
①デポコン(柑橘)の開花~
2019_0506_131852cimg4083

②葡萄の手入れ
・房肩切り~ディリーに実施してる誘引作業と並行して必要な房を実施、
(この作業も必要時に随時実施)
2019_0510_094346cimg4136

・消毒~「トップジンМ水和剤1000倍希釈液」+「スミチオン1000倍希釈液」の散布

【野菜栽培】
①スイカ栽培~接ぎ木作業(初トライ)・・・ほぼ100%の失敗
◆元木・・・21粒(ポット)のカンピョウ=夕顔)を植え付け
 使用可能16粒(ポット)で、使用不可5粒(ポット)で、ほぼ満足。
《使用不可の5粒(ポット)は「発芽せず3粒」と「生育不良2粒」》
◆穂木(スイカ)・・・種蒔きポットの1個に3粒の種まきを実施。
 発芽率は約95%で満足
◆接ぎ木・・・「割り接ぎ法」と「挿し接ぎ法」の二種類を実施。
 どちらも、穂木が萎れてきてる(10日経過後)。
◆10日経過後の様子・・・15ポット(1ポットは途中で処分)
2019_0510_084835cimg4123
・萎れた穂木(スイカ)の様子

2019_0510_085048cimg4124
2019_0510_085120cimg4126

2019_0510_085219cimg4128 

◆スイカ苗のポット上げ・・・接ぎ木が、ほぼ100%失敗の為
・接ぎ木で残った苗を一回り大きめのポットに植え替え(24ポット)
 今季は、この苗でスイカ栽培を実施する予定。
2019_0510_084759cimg4122
◆反省点
・元木の品種が違うかも・・・店頭販売の元木の葉と、我が家種蒔きした種の葉が違う
 因みに「店頭販売の接ぎ木苗」の葉を・・・一番下の二枚の長い葉・・・調達苗を撮影
2019_0510_085822cimg4129
 来期は接ぎ木に適した苗の調達を図る(探す)。


昆虫;受身の昆虫観察(我が家に訪れる昆虫達中心)】

①クロアゲハ~ヒメヒオウギの花で・・・
2019_0507_121349cimg4086

②ヤマトシジミ~こぼれ種で生えたノースポールで・・・

2019_0508_134115cimg4093

③キタテハ~処分寸前のビオラとヨレヨレのキタテハ
2019_0505_123109cimg4081

2019年5月 4日 (土)

香りに誘われクロアゲハとキアゲハ・・・スイカ接ぎ木リベンジ

GW前半はすっきりしない天気が続いてたが、一昨日より良い天気となり
暑さを感じる日となりました。
今後、この天気が続く事を願ってましたが、午後3時頃より空が暗くなり、
雷もゴロゴロ鳴り、大雨警報・雷注意報が発令されました。
ここ数日、玄関を開けるとツーンと香りが・・・そう、羽衣ジャスミンの香りです。
今年の咲き具合は最高で周囲に香りを漂わせてます。
2019_0504_070628cimg4068

【昆虫;受身の昆虫観察(我が家に訪れる昆虫達中心)】
①この香りに誘われたのか、クロアゲハがジャスミンの花に立ち寄ってきました。
(飛翔写真でクッキリ撮影が出来ませんでした)
2019_0502_121801cimg4046

2019_0502_121746cimg4044

②更に、ユーリオプスデージにはキアゲハアゲハ♀春型が・・・
こちらは吸蜜態勢で撮影バッチリ。


(正面及び背面より撮影)
2019_0503_144549cimg4059 
2019_0503_144606cimg4061

【果樹栽培】
①葡萄の手入れ=新弦誘引作業と新弦の間引きを実施
・誘引作業・・・真っすぐ上に伸びた新弦を横に倒して結び固定
・間引き作業・・・込み入った弦の間引き
2019_0504_080954cimg4069
今後、継続して実施予定。

 
②ビワの防鳥ネット取り付け~防鳥相手はカラスが中心

今回はネット架台も新調し見映えも良くしました(高さは約2.5m)。
2019_0504_081323cimg4070


【野菜栽培】

①スイカ接ぎ木トライ
■発芽~元木の夕顔(カンピョウ)と穂木のスイカの発芽は、概ね理解出来ました・・・
今後の
栽培に活用します。

2019a

■接ぎ木~元木の生育状態により数回にわけて接ぎ木を実施

一回目~4/24:5株(ポット)・・・挿し接ぎ方法
 接ぎ木後、気温の急低下と技術不足で全滅
・二回目~5/1:9株(ポット)・・・「挿し接ぎ方法6株」+「割り接ぎ方法3株」
・三回目~一回目の失敗元木を再利用して実施「5/1;2株」「5/2:1株」「5/3:1株」
2019_0501_134408cimg4040
★二回目~三回目の接ぎ木結果は5/10頃に判明予定。     
 現在、ダンボール箱内暗闇で管理中・・・明日、接ぎ木成果を確認予定。
★残りの元木は4個発芽したが生育不良で利用不可、3個は発芽せず。


【草花】花数を増やしてる花

①ヒメヒオウギ
2019_0504_063405cimg4064

②クンシラン

2019_0504_063514cimg4065

③自生クレマチス

2019_0504_063556cimg4066

④イモカタバミ(多分)~庭の通路沿いなどで・・・
2019_0504_094537cimg4072 

2019_0504_094527cimg4071


【その他】

①タケノコ~横浜の友人より、4/22に続き連続して採りたてのタケノコを頂いた。
 高価で大好物のタケノコ・・・美味しく頂きました(す)。
・5月1日分
2019_0501_125522cimg4038
・5月4日分
2019_0504_112837cimg4076 

 

2019年4月30日 (火)

ヒメヒオウギとクレマチスの開花など

今日はまる一日も雨予報・・・ここ最近は一昨日の晴れ間を除き殆どがグズグズ陽気と
優れない日が続いてる・・・この天候…何とかならないのかと思うこのごろ。
そして、今日は平成最後の日・・・令和を迎えるに当たり記事を更新する事に。

【草花=新たな開花】こぼれ種や挿し芽、そして自生で全てタダな花も・・・。
①ヒメヒオウギ~ベランダ下でこぼれ種で生えた物
2019_0429_140818cimg4025

②クレマチス~庭の通路際の自生した物・・・蕾も沢山出てます

・庭の通路際の自生
2019_0430_073345cimg4028
2019_0430_073327cimg4026

・他に東南道路南側のクレマチスも・・・右がマダムジュリアコレボン、左側がキリテカナワ

こちらも蕾が出てきてます。
2019_0428_150229cimg4014
・マダムジュリアコレボン

2019_0428_150147cimg4012
・キリテカナワ

2019_0428_150134cimg4011

③ナデシコ~こぼれ種で生え、これを鉢上げした物(3鉢)

 この内、2鉢を東南道路南側に配置
2019_0428_145614cimg4002 
2019_0428_153901cimg4015

④サンドリーム~挿し芽で育てた物
2019_0428_154456cimg4016

【野菜栽培】
①スイカ接ぎ木~5ポット実施したが全て失敗・・・穂木(スイカ)が萎れてる。
接ぎ木後、気温の急低下もあり
天にも見放されてしまった(技術不足が一番の原因)。
2019_0428_145734cimg4004
2019_0428_145744cimg4005
天候が拝復次第、二回目の接ぎ木に挑戦・・・。

②スイカ苗木植え付け(鉢植え)~HCで接ぎ木苗1ポットを調達して植え付け

(今回はイエローミニバルーンを調達・・・同じ生産者のブラックレッドミニバルーンは①の
接ぎ木穂木用として種蒔きで有るので・・・最悪時は種蒔き苗で栽培)
2019_0429_104030cimg4020

③トマト苗木植え付け(鉢植え)~薄皮用の苗調達で試し栽培(鉢栽培で薄皮が出来るか)

 苗は“あっおいしい”薄皮“きらーず”
2019_0429_104046cimg4021

【果樹栽培】

②黄金桃の食害
・一回目の摘果作業実施後、実の食害を発見・・・しかも3個も・・・
2019_0427_121418cimg3997
・そこで、犯人捜しを実施・・・何と、青い幼虫が・・・即、処罰を与えました。
2019_0427_121347cimg3994

 

2019年4月25日 (木)

皇帝ダリアの生育具合い…と、スイカ試し接ぎ木

数日間続いてた好天気が一昨日よりグズグズ天気で、時々、小雨の降る日と
なりました。
が、気温が下がらないのが救いと言えそうです。

【野菜栽培】
①スイカ~試し接ぎ木(元木;夕顔=かんぴょう利用)
発芽した夕顔、スイカとも、接ぎ木が出来そうな状態に成育したと判断し、接ぎ木用の
苗ポットを取り出し(5ポット分)試し接ぎ木をすることにしました。
2019_0424_111802cimg3959

スイカの接ぎ木の方法は「挿し接ぎ」「割り接ぎ」が有るみたいですが、私は「挿し接ぎ」を

利用する事にしました。
この写真の中央部が「挿し接ぎ」したスイカです。
2019_0424_113847cimg3960

元木(夕顔)、穂木(スイカ)とも、茎が小さくて(細い)しかも軟らかくて作用は大変難しく

感じました・・・多分、成功は殆ど無理だと感じました(技術不足)。

②パプリカ(赤、黄各1株鉢植え)~苗木を調達して植え付け・・・花が咲きはじめてきました。
2019_0424_131854cimg3976


【果樹栽培】

①黄金桃の摘果作業(鉢植え)
結実が確認出来る状態(一部)になってきたので、一回目の摘果作業を実施。
毎年の事だが、実の異常実も・・・この実は切り取ります。

・正常な結実状態~一個付きの実

2019_0425_091406cimg3987

・異常な結実状態~二個付き&三個付き・・・こちらは、切り取り。

2019_0424_130203cimg3970
2019_0424_130028cimg3969

②プラム大石早生~結実の確認

今季は、強剪定を実施したので実付きは少ない(量より質に)。
2019_0424_135656cimg3979

③ブルーベリーの開花~今季は何故か花数が少なく収穫は期待できそうにありません。
2019_0424_131250cimg3974


【草花】

①皇帝ダリア~管理場所の環境で生育に大きく差が出てます。
・南西道路側・・・日当たりが良い
2019_0425_085708cimg3980
・東南道路南側・・・日当たりが悪い(物置の日陰で・・・)

2019_0425_091655cimg3988

②ヒメウツギ~
2019_0425_121644cimg3991


【昆虫】受身の蝶探索=我が家の庭訪問の蝶を撮影

①アゲハ~庭で羽化したばかりのアゲハが・・・指乗りもさせましたが羽化したばかりでは
・・・と、あえて撮影しませんでした。
2019_0424_124915cimg3966
2019_0424_124733cimg3963

②ヤマトシジミ~クリスマスローズの葉っぱで・・・。
2019_0423_124905cimg3957


【おまけ】しつこく、ジャスミンとシラーペルビアナを・・・

①羽衣ジャスミン~香りを周囲に漂わせており、今は散った花びらの掃除が大変です。
2019_0425_120639cimg3990

②シラーペルビアナ~ごく、標準のプラ鉢に植え付けてます。
2019_0425_085912cimg3981

2019年4月23日 (火)

春爛漫花…と、葡萄の手入れ(芽欠き)開始

ここ数日、良い天気が続いており冬花の傷の進み具合が激しくなりましたが
春花は春爛漫の勢いで咲きつつあります。

【春爛漫  花】
①羽衣ジャスミン
2019_0423_095209cimg3948
2019_0423_095155cimg3947

②シラーペルビアナ

2019_0423_091529cimg3941
2019_0423_091507cimg3939

③バラ・キモッコウ
2019_0423_093127cimg3946


【野菜栽培】  スイカ栽培

《苗栽培》・・・接ぎ木苗トライ(途中経過)
①種の植え付け&発芽
・一回目の夕顔(元木)の種蒔き後の気温の低下で発芽しない事態発生。
(この対策で種蒔きポットをビニール袋で密閉養生⇒太陽熱で煮沸させて駄目に・・・)
・「二回目の夕顔」と「一回目のスイカ」の種撒きを同時実施(4/13)。
約一週間後より両方とも発芽を開始したが夕顔の発芽が遅く、元木(夕顔)と穂木(スイカ)の
生育に差があり接ぎ木時期のタイミング不一致の傾向あり。
・夕顔の発芽状態・・・4/21より発芽開始。4/22時点での発芽数5個
2019_0423_091737cimg3943
・スイカの発芽状態・・・4/20より発芽開始。4/22時点での発芽数21個

2019_0423_091722cimg3942
・再度、スイカの種まきを追加実施(4/22)・・・手前のグリーン苗ポット。

2019_0423_091749cimg3944
一番最初の種蒔きで、発芽トラブルに遭遇・・・自然環境下での作業の難しさも痛感・・・
この先がどうなるのか思い知らされる。

【果樹栽培】  葡萄栽培
①芽欠き作業着手
気温の上昇に伴い、葡萄に新芽が出始めてきました・・・そこで、芽欠き作業を開始、
今後、必要時に随時、実施していきます。
2019_0423_113721cimg3950 

《芽欠き前》

A部
2019_0421_090145cimg3921
B部
2019_0421_084828cimg3919

 《芽欠き後》
A部
2019_0421_090154cimg3922
B部
2019_0421_084837cimg3920

《今週のオマケ》
①ベニシジミ~前回記事のリベンジ写真。
2019_0422_104126cimg3933

②アゲハ~今年は、やたらとアゲハの訪問がが多いです。

2019_0423_085312cimg3937

③ミヤコワスレ~花壇で消滅したと思ってたが1株のみ残ってました。
2019_0423_095756cimg3949

④ムベの開花~種を鉢植えで栽培・・・初めての開花です。
(一種類だけのうえつけなので実付きは無理だと考えてます)
2019_0423_082037cimg3936

 

2019年4月 6日 (土)

シーズン越しペチュニ…キモッコウバラ開花とキタテハ

  今週の木曜日までは上空の寒波で寒い日が続いてましたが、昨日より寒波も去り
暖かい日となりました(最高気温 約22℃)。

この暖かさで、キモッコウバラやボケ、路地植え付の「アジュガ」が咲きはじめたり、開花直前に
なってきました。

①キモッコウバラ~鉢植え
2019_0406_120636cimg3787
②ボケ(佐藤錦)~鉢植え
2019_0406_120949cimg3795
③アアジュガモモコ(ピンク色)~ブルーも、そろそろ咲きそうな状態になってる。

2019_0406_102824cimg3774

そして、シーズン越しペチュニアも順調に生育してきました。

【シーズン越しペチュニア・・・親株】屋外無加温簡易ビニールハウスで厳しい寒さに打ち勝ち
花を咲かせてくれてます・・・が、早々と花びらがナメクジの餌になってます。
①ペチュニア八重~
2019_0331_134704cimg3746
②ペチュニア一重~
2019_0403_105004cimg3771 
③ペチュニア~まだ、咲いてないので花姿は不明。

2019_0401_113401cimg3766
このシーズン越しペチュニアは開花は早くて良いのですが、新芽の付け根部が弱くて手入れ時に

下手をするとポキリと折れてしまうのが難点です。

【シーズン越しペチュニア・・・挿し芽株】

①ペチュニア挿し芽3株~株姿は良好・・・後は、どの様な花が咲くか楽しみです。
2019_0406_103329cimg3777
②ペチュニア挿し芽3株くらい~ヒョロヒョロと延びており、早急にきり戻す予定。

(きり戻した茎も再度挿し芽予定)
2019_0401_113521cimg3767 

【スイカ栽培=接ぎ木苗にトライ中】
また、ここ二日間の暖かさで「スイカ接ぎ木元木用に種蒔きした夕顔」が、漸く発芽してきました。
(たった一つ)
2019_0406_121148cimg3796

3/21に種蒔きしましたが、それ以降、気温が低下して発芽してくれませんでした。
今後の発芽に期待するばかりです。

【果樹栽培=葡萄の消毒作業】
・本日、病害虫対策で葡萄の消毒を実施(発芽前)
(トップジンМ水和剤200倍希釈液+スミチオン1000倍希釈液を使用)

【その他】
①キタテハ~ノースポールの花びらで・・・
2019_0401_105645cimg3761

②レンギョウ~黄色の満開の花と新緑葉が映えてます。
2019_0403_090658cimg3770

③現在の花の様子・・・
・東南道路左側~クリアPC製の屋根を取り外し(冬対策用)スッキリしました。
2019_0406_112330cimg3781
・南西道路側~
2019_0406_112532cimg3784 
2019_0406_112500cimg3783

・玄関前~
2019_0406_112031cimg3779
2019_0406_112046cimg3780

2019年3月25日 (月)

昆虫;今季初見のアゲハとクマバチ

最近の気温の上下に、ほとほと閉口してるこの頃・・・
特に先週の最高気温は「金曜日22℃」から「土曜日9.5℃」と急降下・・・
昆虫を始め、花や果樹もビックリした事でしょう。


【昆虫の今季初見】
①アゲハ~3/24に柑橘の葉っぱで・・・
2019_0324_121018cimg3684

②ク
マバチ~3/22にヒマラヤユキノシタの花で・・・


2019_0322_092608cimg3669

果樹栽培】

①黄金桃の開花(鉢植え)~
2019_0322_151756cimg3676

②ビワ(茂木)摘果作業~取りあえず、半分以上の実を摘果。
鉢栽培で、過去の摘果効果が出ておらず、摘果実施を躊躇。
・摘果前
2019_0325_104114cimg3699
・摘果後
2019_0325_104337cimg3700

【草花栽培】
①クレマチス誘引作業~新弦が伸びてきたので、以下の二品種の誘引を実施。
・マダムジュリアコレボン
2019_0324_160156cimg3696
・キリテカナワ↑と同じで撮影せず

②花数の増えた花
・チューリップ~花びらが大きすぎ花びらの付け根で折れてしまう(真ん中の花)。
2019_0325_114723cimg3702

2019_0325_121610cimg3704

・シーズン越しペチュニア
2019_0325_123430cimg3706
2019_0325_123411cimg3705

③道端で咲いてた花
・タンポポ
2019_0325_094815cimg3697

最後は、門前のフラワースタンド周囲の花達
2019_0324_121439cimg3686

2018年12月19日 (水)

先週の寒さで身体も植物も悲鳴

今週は、先週の寒さから気温も上昇して少しですが暖かさを感じる日になりました。
先週の寒さで発生してた腰痛・・・ホッカイロを貼りつけて我慢してましたが、今週に入り
この気温の上昇なのか痛みが無くなってきました。
更に、オキザリス桃の輝きも輝き続けてくれてます。
2018_1218_110532cimg3238

【参考 最高気温
12/  3(月)~12/ 9(日): 13℃~23.3℃
12/10(月)~12/16(日): 6.5℃~10.5℃
12/17(月)~12/19(水): 12℃~13℃

今回は、約二週間ぶりのブログ更新・・・今週の気温で投稿の意欲も出てきました。
(二週間の出来事の主なる出来事を記事に)

■野菜栽培
①パプリカ(黄・赤)~屋外鉢栽培ですが、未だに頑張っており処分出来ず継続栽培中。
・11/28収穫
2018_1128_162705cimg3181

・12/11収穫
2018_1211_092015cimg3217

・12/16での頑張ってる様子
2018_1216_091309cimg3228

・12/19収穫
2018_1219_154602cimg3250

まだ、実が付いてるので、このまま頑
張ってもらいます。

■草花
①冬花の植え付け
・ビオラの植え付け~東南道路南側用に追加植え付け
2018_1218_125938cimg3244

②冬(雪)対策実施~東南道路南側の鉢花を雪より保護するため上部にPCクリア波板を取り付け。
・取り付け前
2018_1210_083825cimg3216

・取り付け後
2018_1218_125750cimg3242

普段は、この状態ですが、積雪時は周囲に同上波板を取り付け(脱着式)、雪の吹き込みを防止。
(雪の降らない時は取り外す・・・花の手入れの為)

今回で、東南道路南側の植え付けは終了・・・
後は、「玄関前」と「南西道路側」だが、玄関前だけ植え付けて、南西道路側は植え付けを止めるかも・・・現在は、春用の宿根草などを配置してる。
この鉢は「南西道路側」用に待機してる鉢・・・。
2018_1216_111249cimg3229

③オキザリス パーシーカラーの開花
・パーシーカラー~昨年処分時に残してた球根栽培が花を咲かせてきました。
2018_1218_123803cimg3240

2018_1218_123840cimg3241

・うさぎのみみ~花数が少しですが増えてきてます。
2018_1219_100039cimg3247

上記二品種は、今後の咲き具合で来期の扱い(処分)を判断します。

④皇帝ダリア(鉢植え)の切り取り処分
12/16の最高気温6.5℃で、葉っぱが寒さで傷んできたので、茎の切り取りを実施。
・鉢A

2018_1216_090505cimg3227

・鉢B
2018_1216_085955cimg3218

切り取り後の鉢は、そのまま来季用に放置します。

■果樹栽培
①葡萄の手入れ(誘引作業)
弦の剪定は実施済・・・この剪定済みの弦の誘引作業を実施・・・。
今回で手入れ作業は暫く休みです。
・誘引作業後の様子

2018_1219_135938cimg3249

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック