« クレマチス;キリテカナワ開花 | トップページ | スーパーチュニアラズベリーチーズ&ペチュニアフィオナフラッシュ »

2019年5月19日 (日)

バラ安曇野&クレマチスマダムジュリアコレボン…と葡萄の手入れ

今週は、比較的好天気に恵まれ「バラやクレマチスの新たな開花」と
葡萄の手入れ、更には「夏花の植え付け」等を実施しましたが、今回は
前半に実施した葡萄の手入れなどで、後半実施の夏花の植え付けは
次回の投稿に回す事としました。

◆バラ 安曇野の開花~5/14より咲きはじめてきました。
が、今季は例年より蕾が少ないため花数も期待出来そうにありません。
2019_0519_105620cimg4221

2019_0519_105550cimg4219

◆クレマチス マダムジュリアコレボン~5/14より咲きはじめ、
日増す毎に花数が増えてきてます。
2019_0519_150056cimg4223

2019_0519_150044cimg4222

おまけのキリテカナワも・・・。
2019_0520_065451cimg4242


そして、今週は月曜日より時間の許す限り葡萄の手入れを実施。

今回の手入れは、葡萄の花房の生育の違いもあり、各種の手入れを
同時に実施しました。
①新梢の誘引・・・既に、数回実施してるが新たに伸びた新弦の誘引実施。
②摘穂(摘房)・・・一つの新梢に2~3つの花穂が付くので、勢いのある
形の良い1つを残して切り取る。
③副穂の切り落とし(房肩切り)
④花穂整形・・・ぶどうらしい形になるように支梗を切り取る(つぶ)。
上記②~④を実施した写真
・手入れ前・・・写真朱記部を切り取り
2019_0515_132304cimg4183
・手入れ後・・・左側の花穂は切り取り

2019_0515_132429cimg4184_1
今後も、必要時に継続実施する。


◆昆虫

①ツマグロヒョウモン♀~こぼれ種で生え咲いてるノースポールで・・・。
2019_0516_071553cimg4193

« クレマチス;キリテカナワ開花 | トップページ | スーパーチュニアラズベリーチーズ&ペチュニアフィオナフラッシュ »

」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。

安曇野、今年は花数が少ないのですか・・・。
豪華で華やかなバラも綺麗ですが、安曇野のような
野バラのような素朴な感じのバラも大好きです。
クレマチス・マダムジュリアンコレボンも咲きましたね~。
昨年も綺麗でしたが、キリテカナワとはまた違った趣で
素敵です。
葡萄のお手入れもいよいよ本格的ですね。
お天気が不安定で、暑い時は紫外線も強いので
くれぐれも無理をしないようにして下さいね~。(^o^)

ささみさん・・・こんばんわー

安曇野・・・
ここ数年、年の経過とともに花数が減少傾向に
あると感じてます・・・特に、今季は・・・。
ここ暫く植え替えを実施してないので、今季は
植え替えを実施する予定です。
クレマチス・マダムジュリアンコレボンは、安曇野に
反して、今季は花びらも大きく花数も多い感じがします。
ブドウの手入れは、今後も、継続実施です。
梅雨が来る前に終わらせる予定です。
(梅雨入りまで終わらせねばなりません)
葡萄棚の下は日陰状態となり、これが救いです。

kucchanさん、おはようございます♪
バラ 安曇野が咲き始めましたね。
我が家にもこれと似たバラがあるのですが、まだ蕾で
咲くまでにはもう少し時間がかかりそうです。
マダムジュリアコレボン、たくさん咲きましたね。
上品で落ち着いた感じのクレマチスですね。
キリテカナワは八重咲なので、開花期間が長いでしょうね。
我が家の一重のクレマチスはほとんど散りましたが、
八重のベルオブウォッキングだけがi一輪、頑張って咲いています。
葡萄の手入れは大変ですが、食べる楽しみがあるので良いですね。
ツマグロヒョウモン♀、綺麗に撮れましたね。
我が家でもオスは見かけないのですが
メスだけは晴れた日には毎日遊びに来てくれます。

おはようございます。

そちらも今日は大雨かな?
妙高はようやく待望の雨が降っています(超嬉しい!)
昨日まで2日間の南風強風の被害甚大で・・・
雨が止んだら片付けが大変そうです。
ちょうど良い機会なので、春花処分!夏花植え付けします。

安曇野、マダム・コレボン咲き出しているんですね。
こちらはまだ1輪も・・・やはり北は遅いですね。
安曇野、花付きがイマイチなんですか?肥料が足りなかった?
逆に家ではマダム・コレボンの花付きがイマイチのような・・・

ブドウの摘穂(摘房)って、ずいぶん思いきって摘むんですね。
私ならもったいなくて・・・摘めないかも(苦笑)
美味しい立派なブドウを作る為には、思い切りも大事?なのかな。

hiroさん・・・こんにちわー

今日は早朝より強風と雨で庭に出る事が出来ず
部屋でPCに触ってます。
安曇野は漸く咲きはじめてきました。
が、蕾が少なくて花が寂しい状態です。
今後、どのくら咲いてくれるのか・・・
今冬は植え替える予定です。
マダムジュリアコレボンは、今季、花数が多くて
嬉しい限りです。
ここ数年、植え替えてないので来期が心配です。
キリテカナワは、今が満開状態・・・
後は、二番花に期待しますよ。
ツマグロヒョウモンは、家も、♀が多いです。
しかも、羽化直後と思われる物が多く見かけます。
庭の何処かで蛹で年越ししてたと思いますが
どこかはわかりません。
昨日も、羽化直後の雌に遭いましたよ。

雪ん子さん・・・こんにちわー

当地は昨日の夕方過ぎより雨が降り始め
今日は、更に強風も伴い外はまるで嵐状態です。
一応、それなりの風対策は実施してたので
今の所、被害は見当たりません。
(今季はミニトマトも植え付け、雨対策用にビニール
養生しました)
マダムジュリアンは、丁度、満開に近い状態に・・・
安曇野は、これからという開花状態です。
安曇野は鉢植えで、ここ数年、植え替えた記憶が
ありません(施肥は必要時に実施してると自己判断)。
よって、今冬には植え替えを予定します。
葡萄の摘穂(摘房)は、栽培年数が増えるにつれて
切り取りを多くしてます。
切り取った房の利用方法が有れば嬉しいのですが・・・
わかりません。
形の良い、美味しい房を作るには必要みたいです。
まだまだ、素人で勉強することばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレマチス;キリテカナワ開花 | トップページ | スーパーチュニアラズベリーチーズ&ペチュニアフィオナフラッシュ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック