« シラーペルビアナ・ジャスミン・チェリーセージーなどの開花 | トップページ | 春爛漫花…と、葡萄の手入れ(芽欠き)開始 »

2019年4月20日 (土)

今が最盛期の冬花&春花

今週に入り最高気温が20℃を越える日が続き、植物達の生育が早まった
感じがしてきました。
特に「夕顔やスイカの発芽」や「葡萄の新芽」などが生育してきており、
次の手入れを考えると気が重くなります。
一方、今が最盛期の冬花達は徒長が進み始め終わりを待つ状態に移行中で
寂しい心境です。

【今が最盛期の冬花&春花】
①東南道路南側~この場所では、右側奥に配置してる「クレマチス二種類」と
「皇帝ダリア鉢2」が、これからの楽しみの花です。
2019_0420_093416cimg3908
当場所のボリュウームたっぷり花はユーリオプスデージーが代表です。

2019_0420_093449cimg3910

②南西道路側~公道から門までの間

当場所の気に入り箇所は門前ですが、ここには、咲きはじめたばかりの
モッコウバラとシラーペルビアナが、これからの見頃です。
2019_0420_093932cimg3913
・門の直前
2019_0420_093902cimg3912
・モッコウバラ
 2019_0420_085828cimg3906 
・シラーペルビアナ 
2019_0420_133138cimg3918
2019_0420_093958cimg3914
 
③玄関前~
ここでは、挿し芽栽培のオステオスペルマム・ブルーアイビューティーです。
2019_0420_133057cimg3917 
2019_0416_110311cimg3852 

他に、庭の奥(内部)にはアジュガピンク等と東南道路東側等がありますが、省略します。

2019_0419_110954cimg3889  

あっ…そうそう・・・挿し芽のペチュニアが咲きはじめましたが、今回咲いた

花は全て同色で、ちょっとガッカリしてます。
・シーズン越しペチュニアの親数
2019_0419_120248cimg3891
・同上のシーズン越しペチュニアの挿し芽株・・・今週、栽培鉢に植え替え実施。
2019_0420_083635cimg3904

そして、今週は庭奥で管理してるクンシランも咲きはじめてきました。

更に、横浜の知人より新タケノコを頂き、美味しく頂きました。
・クンシラン
2019_0420_093747cimg3911
・新タケノコ
2019_0417_155157cimg3882 

今日の最後は昆虫です。
ニジシジミベニシジミ~宿根草ストケシアの葉で休息中。
2019_0420_104037cimg3916

 

 

« シラーペルビアナ・ジャスミン・チェリーセージーなどの開花 | トップページ | 春爛漫花…と、葡萄の手入れ(芽欠き)開始 »

」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。

今週に入って、気温が一気に上がった感じですね~。
今年も春が短いかもしれませんね。
ウチもユリオプスデイジーが花盛りです。
以前kucchanさんがおっしゃった通り、だんだん木っぽく
なってきました。(笑)
ブルーアイビューティはホントに見事ですね~♪
ピンクのアジュガも可愛いです。
ペチュニアも可愛いのに残念なんて・・・。

立派なタケノコがたくさんですね!
ウチも昨日、それぞれの実家からタケノコをもらって
しばらく頑張って食べないといけなくなりました。(^^;

ささみさん・・・こんばんわー

暖かくなってきましたよね。
でも、夜は相変わらず寒さが残ってます。
ユリオプスデージーは鉢を大きくすれば
するほど、大きくなります。
適切なサイズになるように剪定も必要ですね。
ブルーアイビューティーは最高です。
こんなに立派に咲いてくれるとは想像外です。
今年も、挿し芽に励みますよ。
アジュガはピンクと紫を地植えで栽培してます。
(ブドウの木の下で)
どちらも、増え続けており、毎年、間引いてます。
ペチュニアは折角挿し芽が成功したので、色違いが
有ればと期待してたので・・・残念となりました。
タケノコは高いので助かります。
頑張って食べなくては・・・は、贅沢ですよ。
我が地域では、欲しくても、高額で諦めてますから。
家なら、毎日でも食べれますよ。


 これぞ花道・・♪
今晩は~

 イヤ~・いいですね~
歩くのもそ~っと・風を立てぬように・・・。

、 我が家のシラーは、まだ隠れていま~す。

 えっペチュニア、刺し芽が出来るんですね。
※ なんたってタケノコですよ!
 見るからに美味しそう。
?生でも食べられそうな・・。
  ・・でした

 

ヒロさん・・・おはようございます。

歩くのはスタコラスタコラですよ。
そ~と歩く時は蝶が居るときですよ。
シラーはさき始めがいいですね。
満開になると、後は・・・・・ですよね。
タケノコは採りたてですから、生でも
食べれるかもしれませんね。
(採った帰り道での頂き物だから)

おはようございます。

どの花も、どのコーナーも華やかな花たちで溢れ❤ステキです。
日頃のkucchanさんと奥さまの、手入れのたまものですね。
しかし、これだけの花を鉢栽培・・・本当に頭が下がります。
オステオスペルマム・ブルーアイビューティーの見事なこと❤❤❤

雪ん子さん・・・おはようございます。

家は、今が「冬~春」花の最盛期です。
あと、半月もすれば花も傷み処分です。
ですから、可能な限り、思い出として
撮影してます。
これからは、私は果樹と野菜の栽培に
集中しなくては・・・ですよ。

>ニジシジミ
いい名前ですねぇ。ちょっと色数が足らないような気もしますが・・・

挿し芽で増えたペチュニアが同色だと嘆かれないで、挿し芽すると
きにしっかりタグをつけておけばと思うのですが、ガラガラポンでど
んな花が咲くのかを楽しんでいるのでしょうね。

↑は私です。
なぜかkucchan さんちではよくやりますから、言わなくてもね。
ほかでは決してやりません。(キッパリ!)(^^ゞ

uke-enさん・・・こんばんわー

ニジシジミ・・・とは・・・なんじゃですよね
私が名付け親ですよ・・・
ベニシジミの間違いでした(恥ずかしい)。
挿し芽のペチュニアは、家内の切り戻し時に
私が拾って遊んでる鉢土に挿しこんでます。
名札を付けても、何色と書けばいいのか
迷ってしまうので、そのままです。
↓コメントが無くてもuke-enさんとわかりますよ。

kucchanさん、こんにちは~♪
ほんとに冬花&春花は今が最盛期で、とても美しいですね。
特に驚いたのはオステオスペルマム・ブルーアイビューティー。
挿し芽株がこんなに豪華な鉢花になるなんて考えられません。
ユリオプスデージーも形が整って素晴らしいですね。
我が家も咲き始めましたが、長い茎や短い茎があるので
思い切ってカットし、形を整えようと思います。
シラーペルビアナも見事ですが、植え替えは何年間隔で
行っているのですか?
我が家は蕾が一つあったのですが、今朝見たら虫に食べられて
いました。オルトランは撒いてあるので毛虫ではないと
思うのですが残念です。
アジュガピンクも見事ですね。きっと土が良いのでしょうね。
シーズン越しペチュニアの親数もとても綺麗です。

hiroさん・・・こんばんわー

冬から春にかけての花は今が一番の見ごろですよね。
所が、ここ数日の気温が上昇して、野菜などの栽培には
最高なのですが、冬~春花にはダメージが出始めて
きました。
今年の挿し芽のオステオスペルマム・ブルーアイビューティーには
驚きました。
今までに、この様に栽培出来た事はありません。
挿し芽で、小さい株をシーズン越しさせたのが
良かったと思ってます。
今年も、この花の剪定時に挿し芽を実施します。
シラーペルビアナの植え替えは3~4年に一回です。
これが良いのかどうかはわかりませんが毎年
沢山の花を咲かせてくれます(1花/1球根)。
ユリオプスデージーは、冬の休眠期に思い切った
剪定を実施して枝ぶりを整えてます。
今年は、特に咲き具合が良いです。
アジュガは葡萄棚の下に植えつけてます。
が、毎年、同じ場所が傷んで消滅します。
むしろ、土が合わないのではと思ってます。
シーズン越しのペチュニアの親株は、今が
最盛期です・・・もう少しすれば傷んできて
次は挿し芽にバトンタッチ予定です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シラーペルビアナ・ジャスミン・チェリーセージーなどの開花 | トップページ | 春爛漫花…と、葡萄の手入れ(芽欠き)開始 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック