« 葡萄の手入れ…と、アゲハ蛹の羽化 | トップページ | 黄金桃の袋掛け…と、ストケシアの識別 »

ストケシア…と、小玉スイカの結実

ここ数日、晴天が続き暑い日が続いてます。
が、早朝より園芸作業に着手して、概ね、順調に進んでます。

【草花】
■新たに開花した花
①ストケシア~5鉢を栽培…で、5/30より順次咲きはじめ、現在、咲いてないのは1鉢。
栽培年数が10年位経過しており、確か、紫色系とピンク色系が有ったと思うが忘れてしまった。
今回咲いたのは、紫色系で開花待ちがピンク色系だと思われる。
・A鉢~株分けした物が他に1鉢あり。
2018_0602_093558cimg2159

2018_0603_143109cimg2175

・B鉢~
2018_0602_093608cimg2160

2018_0603_143146cimg2177

・C鉢~
2018_0603_143116cimg2176

・D鉢~開花待ち(ピンク色系)
上記B鉢とC鉢は色が似ており識別が難しい。

②スカシユリ~前回記事に投稿した黄色に続いて赤色系が咲いてきました・・・さて、次は何色が咲くか楽しみです。
2018_0603_082539cimg2174

③カラー(畑性)~
2018_0602_093536cimg2157

★新たに咲いた花ではないが、現在、花ざかりの花を・・・。
・ルドベキア;カポチーノ~
2018_0602_105631cimg2165

・ルドベキア;Tiger Eye~昨年に近所の方より頂き冬越しして沢山の花を咲かせてくれました…タグを無くしたが、多分、Tiger Eyeだと思います。
2018_0602_105728cimg2166

【野菜】
①スイカ~小玉(鉢植え1株)、大玉(地植え3株)を栽培しており、この内、小玉の雌花が咲き始め「一個」結実しました・・・親株より三本の子弦(A~B弦)としてます。
以下が開花日と、結実の可否の状態です(○;結実 ●結実否 結実不明…日数上、判断不可能)。
・No1弦~○5/27, ●5/29・・・
5/27開花花
2018_0603_153236cimg2178

・No2弦~●5/28, △6/02・・・6/02開花花
2018_0603_153400cimg2182

No3弦~●5/29, △6/03・・・6/03開花花
2018_0603_153320cimg2180


②落花生(種栽培)~ポット苗の本葉が5枚以上になったので栽培鉢に植え替えを実施。
2018_0530_114609cimg2151

後は、順調に生育してくれるのを祈るだけです。

③パプリカ(鉢栽培)~赤、黄を各1株栽培・・・現在、実も付いてきており順調に生育してると思われます。
2018_0603_153518cimg2183

2018_0603_153528cimg2184

【果樹】
①葡萄手入れ~前回の記事投稿以降も継続して20房/日のペースで袋掛けを実施。
全部で124房の袋掛けを終了しました・・・後、少し袋掛け未実施の房がありますが、袋の在庫切れで近日中に調達して実施予定です。

★カラスの被害発生・・・
袋掛けを実施した途端に、カラスが来て袋を破り、青い小さな房を食いちぎるイタズラが発生。
2018_0529_081647cimg2147

直ぐに、取りあえず、葡萄棚の上部に防鳥ネットを取り付けました。
今後、周囲にもネットを取り付ける予定です。

【その他】
昨日、直ぐ傍のスーパーに買い物に行き、その帰りに川に大きな鳥が・・・ビックリ。
この川では、カルガモやコサギは度々見てるが、この大きな鳥は初めて・・・
多分、アオサギだと思う・・・なぜ、この川に出現したのか不思議です。
2018_0602_172203cimg2167

2018_0602_172210cimg2168

« 葡萄の手入れ…と、アゲハ蛹の羽化 | トップページ | 黄金桃の袋掛け…と、ストケシアの識別 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 皆さん生きるために・・
おはようございま~す。

 いや~・こちらも30度までいきました!
まあ梅雨前の花達それぞれに・・・♪
カラー・この色やわらかくて・・いいですね~。

 えっ・この時期にカラスが・ですか、相変わらずいたずら者ですね。
そうですかサギ、次々と新規の餌場開拓なのでしょうな。
  ヒロ・・でした。

ヒロさん

こんにちわー
でも、生きる為に皆様に迷惑をかけては
いけませんよ・・・嫌われてしまいます。
こちらも、昨日、今日と28℃前後の暑い
一日になりましたよ。
でも、ヒロさん地域には及びません・・・。
野鳥のアオサギには驚きました。
この川には鯉やカメ等が生殖しており
これを狙って来てるのかもしれません。

こんばんは♪

本当に暑くて・・・日中の外作業が辛い季節になりましたねぇ。

ストケシア、私も好きな花で庭を造り始めた頃に買いましたが・・・
花の種類が増えるに従って、多の花に埋もれていき・・・消えてしまいました。
カラー、家のも咲き出しましたよ、妙高もそろそろ季節が
そちらに追いついてきたのかな?

いよいよスイカに実が付きだしたんですね。
パプリカも順調に育って、奥さまが心待ちにしていらっしゃる?
ブドウの袋がけ124袋!!!、まだ増えるんですね・・・スゴイ!
ゼンマイと交換して欲しいわ~coldsweats01

雪ん子さん

こんばんわー
日中の暑さ・・・
はい…日射し部での作業は私には無理です。
どうしても、日陰での作業になります。
ストケシアは、10年くらい前に4種類の色を
植えつけた記憶があります。
栽培年数が長いので、花の色も記憶が
曖昧になりました。
スイカの結実・・・いよいよ、実が付いてきたのが
解るようになりました。
が、相変わらず結実率が悪くて・・・悩んでます。

嘆き節か自慢話か、それにしても立派なスイカですし、
花は生き生きしていますね。

アオサギは最近ずい分増えているようで、どこにでも
姿を現わしているようです。増えた分食物探しが大変
なのかも知れませんね。

おはようございます。

ストケシアの花色が爽やかですね。
ユリの花もとっても綺麗です。
ホントに、次は何色が咲くのか楽しみです。
おぉ!
もうスイカの赤ちゃんがそれらしい姿になってますね。
そして・・・いちばん興味津々なのが、落花生です。(笑)
カラスとの闘い・・・カラスも賢いから大変ですね・・・!despair
完全にkucchanさんのお庭は狙われていますから、
何かいい方法を考えないと・・・。

アオサギはこちらではよく見かけますよ~。
ちょうど田んぼに水が入って、食事に忙しそうです。happy01

kucchanさん、おはようございます♪
ストケシア、もう咲きましたか。
我が家ではどうかな~と今庭を見てきましたが、
まだ咲いていませんでした。
ただ蕾が多いので、今後が楽しみです。
ルドベキア;Tiger Eye、2年目でこんなに咲かせられるとは見事ですね。
我が家はまだ未調達ですが、そろそろお花屋さんを
覗いてみようと思っています。
スイカの実がもうこんなに大きくなったのですね。
これが一番羨ましいです。
我が家でも苗を植えたと言っていましたが、気がかりです。
せっかく袋掛けを実施したのに、憎きカラスですね。

最近は歩いていないのであまり見ていないのですが、
アオサギは我が家の近くの川でもたまに見かけますよ。

uke-enさん

こんにちわー
スイカ栽培・・・結実が悪い・・・
私の勘違いで、人工授粉をさせてました。
私の間違ってた理解は午前9時以降に人工授粉・・・
所が、資料では午前9時までに人工授粉・・・
これでは、昆虫の少ない我が家では結実が悪いのは
当たり前ですよね。
なぜ、間違い記憶をしてたのかわかりません。
アオサギには驚きましたよ。
以前にuke-enさんのブログで見てたので・・・
獰猛(餌取り)な野鳥みたいですね。

ささみさん

こんにちわー
ストケシアは栽培を始めて10年近くになります。
現在まで、消滅しなかったのが不思議です。
むしろ、株分けして増えてますよ。
ユリ・・・今朝、確認したら薄ピンクと白が咲いてました。
まだ、蕾が沢山あり、暫くは楽しめそうです。
スイカ栽培・・・
昆虫(蜂など)の少ない我が地域では人工授粉が不可欠です。
が、この人工授粉方法で間違った理解をしてました。
誤認識;午前9時以降に人工授粉・・・
正(資料);午前9時までに人工授粉・・・
今後は間違わないようにして、結実率の向上を図りますよ。
カラス被害対策は、頭脳では負けそうで、ハード面を完全に
防御するしかなさそうです。
アオサギは、我が地域で初見です。
どこから来たのか、塒はどこなのか興味がありますが
わかりません。
ただ、珍しくて驚いてます。

hiroさん

こんにちわー
今日も暑くて、早朝での水やりと掃き掃除、更には桃の袋掛けで
園芸作業は午前中で終了させました。
ストケシア・・・我が家は昨年より一週間早い開花です。
この花は蕾を沢山持ち、しかも期間が長いので助かりますよね。
ルドベキア;Tiger Eyeには驚きました。
冬越しが無理ではと思ってましたが、順調に越して、更には
沢山の花を咲かしてくれました。
今季も、冬越しに挑戦する予定です。
スイカ栽培・・・
結実したのは小玉(赤)です。
種栽培の大玉は、まだ、弦が生育してる最中で雌花開花までは
相当、時間がかかりそうです。
スイカ栽培で人工授粉させる時間帯を間違って理解してました。
誤認識;午前9時以降に人工授粉・・・
正(資料);午前9時までに人工授粉・・・
大玉の人工授粉は間違わないように注意します。
カラス対策・・・
カラスは頭が良いので、余計な事は考えずハード面で対策を
実施する事にしました。
アオサギ・・・
我が地域では見た事が無く驚いてます。
一体、どこから来て、何処に買えるのか・・・不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/66791452

この記事へのトラックバック一覧です: ストケシア…と、小玉スイカの結実:

« 葡萄の手入れ…と、アゲハ蛹の羽化 | トップページ | 黄金桃の袋掛け…と、ストケシアの識別 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック