« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

大雪…と、帯状疱疹経過

今週は月曜日午後からの大雪に始まり気温も低く大変寒い日が続いてます。
・火曜日の早朝の様子~葡萄棚の上にもぎっしり沢山の雪が・・・
2018_0123_080719cimg1217

2018_0123_081926cimg1218

・東南道路南側の鉢花の雪対策~月曜日夕方の雪の降る中に実施、家内に怒られました(帯状疱疹なのに)。
2018_0123_082531cimg1219

併せて、南西道路側の花も雪対策を実施(鉢台の下側に移動させるなど・・・)
・駐車場カーポートの無い場所での愛車・・・。
2018_0123_082658cimg1221

・近所の若奥さんの傑作雪だるま・・・思わず海の妖精クリオネかと想像。
2018_0123_162646cimg1222

2018_0123_162653cimg1223

しかし、日中は日射しも出て庭の花も一部を除き元気に咲いてくれてます。
・福寿草~今季調達品が咲いてきました(従来よりの栽培品は消滅したみたい)
2018_0121_123029cimg1213

・オキザリス桃の輝き~夜間や雪の日は無加温ハウスで管理、日射しが出ると咲いてくれます。
2018_0121_123351cimg1214

同じく、今季調達のレウイシアは花数も増えて元気一杯に咲いてくれてます(夜間は室内管理)。
2018_0126_113520cimg1225

2018_0126_113530cimg1226

反面、最近の寒さでクリスマスローズの花茎が萎れてきており復帰できるのか心配です。
2018_0127_131628cimg1231

そして、鉢植えのデポコンを収穫しました。
2018_0126_124117cimg1229

今迄に、数個をサンプル収穫し家内より今季は食べれるとの事で、全部を収穫。
2018_0127_132743cimg1232

大小様々ですが、今季のミカン価格高騰で少しですが家計の助かりになりそうです。

最後は、私の帯状疱疹の経過です。
今迄、3回通院治療の成果もあり快方方向にあります。
発疹場所が「右臀部大腿」部なので座ると痛い・歩くと磨れて痛い・・・
更に通院時は、先生や看護師さん(どちらも女性)にお尻を出して治療・・・coldsweats02
と、肉体的・精神的に参りました。
現在は、下記【皮膚症状の経過】の④症状が殆どで、明日の通院で皮膚科は最後になるかも・・・。
今回の血液検査で「腎臓機能低下」のデータが出てるので内科で再度、検診予定です。
(今回の帯状疱疹の影響かもしれないが念の為の検査をすすめられた)
【皮膚症状の経過】
①赤い斑点
②水ぶくれ
③ただれ
④かさぶた
⑤瘢痕(後)
⑥帯状疱疹痛
・急性期痛・・・初めての経験で気付くのが遅かった(今で思うと・・・)。
・帯状疱疹後神経痛・・・今後は、これが心配。

帯状疱疹になってしまった。

なんと、帯状疱疹になってしまいました。
実家の山口方面から自宅に戻り、約一週間後より右腰の太股部のダルサとピリピリした
痛みが発生
・・・3~4日間我慢してたが、昨日の朝、右腰の太股部を触るとブツブツ
腫れた感じ・・・そこで、観察すると赤い斑点が出てる(もしかして帯状疱疹では?)。
即、市立総合病院に通院・・・案の定、右臀部大腿の「帯状疱疹」と診断されました。
先生の話では「加齢」「疲労」「ストレス」が引き金となり発症しやすいが、何か心当たりは
ないですかと聞かれ、三つとも考えられると回答しました。
念の為に、血液検査も実施・・・結果は2時間後位に出るが待たれますかと聞かれて、次回の通院時(月曜日)に説明を受ける事にしました。
現在、二種類の飲み薬と塗り薬を利用してますが、気分的に参ってる状態で、ブログ活動も治るまでは控える事に致します。

今日のクリスマスローズ・・・満開状態になりました。
蕾も沢山付いており、これからが楽しみです。
2018_0120_111023cimg1212

そして、玄関前の花達・・・ほんの少しですが冬花を調達、少しですが明るくなりました。
2018_0120_110727cimg1210

冬市販の鉢植え花は寒さに弱い…と、レイウシア初栽培

ここ数日の我が地域(神奈川)…毎日、日射しは出てますが空気が冷たくて
日射し部以外では過ごす事ができない寒さでした。
が、寒い寒いばかりではと、園芸作業に着手。

◆花の調達
玄関前が寂しいので、気温は低いですが天候に恵まれ花の調達・植え付けを実施する事にしました。
①サイネリア~園芸店で家内が3鉢を選んだサイネリア・・・植え付けせずに処分。
園芸店に出向いた時間が遅くて、植え付けは翌日実施する事に・・・で、花は車内に保管。
翌日に車内から花を取り出した所、寒さで3鉢ともに株ごとフニャフニャに(寒さ負け)・・・。
2018_0113_122115cimg1184_2

2018_0113_122129cimg1185_2

2018_0113_122136cimg1186_2

2018_0113_122144cimg1187_2

出荷時環境(生産者温室栽培)から我が愛車室内環境の変化に対応できなかったみたい。

②ジュリアン~こちらも、↑同様に家内の選んだジュリアン・・・
こちらは、我が愛車室内環境に耐えて植え付けを実施…プラ丸鉢に4株。
が、元気がありません。
2018_0113_124303cimg1188_2

③レウイシア~私が選んだレウイシア・・・①②調達の園芸店に出向き調達。
花色が豊富でどれを調達するか悩みましたが、取りあえず4種類を調達。
2018_0114_113628cimg1192_2

2018_0114_113636cimg1193_2

2018_0114_113644cimg1194_2

2018_0114_113656cimg1195_2

こちらも生産者より納入されたばかりで、寒さに耐えられるか心配で、夜間は室内で保管。
室内で一夜を経過した本日に植え付けを実施・・・夜間に室内で管理出来るようなプラ丸小鉢に植え付け。
2018_0114_113619cimg1191_2

④ガーデンシクラメン(2株)とストック(1株)~シーズン越しのイベリズ鉢に、この調達した二種類を植え付け。
2018_0113_124342cimg1190_2

こちらも、調達したガーデンシクラメン二種類が元気がない。

どうも、冬に市販されている鉢植えは温室育ちで寒さに弱いみたい。

⑤福寿草~ユーリオプスデージー鉢(特大鉢)に植え付けてるクロッカスと福寿草・・・
この内、福寿草の発芽が見当たらない…消滅したかも。
そこで、新たに二芽入りを調達して植え付け。
2018_0114_142344cimg1203_2

◆クリスマスローズの開花
鉢植え栽培中の一鉢が咲き始めてきました…が、残りの鉢栽培品や路地植え品は蕾も出てない。
2018_0114_115827cimg1200_2

◆オモト(万年青)の植え替え
素焼き鉢の汚れ(白さび?)と重量が嫌で、植え替えて欲しいと家内より強い要望が・・・。
そこで、時期的には良くないがプラ鉢に植え替えを実施。
・植えつけ後・・・鉢サイズは前後で、ほぼ同じ。
2018_0112_135515cimg1178_2

・処分した鉢
2018_0112_135556cimg1180_2

(鉢土より株が簡単に引き抜けた…どうも、根腐りし状態で植え替えは正解かも)
家内の大嫌いな鉢は、ハンマーでたたき割り処分する事にしました。

アロエ酒漬け込み…と、千両、万両の植え付け(実)

ここ数日は実家のある山口県に出向いておりブログ活動は休眠してました。
実家方面滞在中は兄夫婦に私の生活の面倒(食住)を全て実施して頂き大変助かり
感謝の言葉がありません。

年末に調達してた草花を元旦早々に植え付けを実施し、南西道路側の門前に配置しました。
今回の植えつけは、ビオラとジュリアンで素焼き丸鉢とプラ丸鉢に4~3株を植え付け。
・ビオラ~素焼き丸鉢に4株を植え付け。
2018_0103_133645cimg1166

2018_0103_133653cimg1167

2018_0103_133704cimg1168

・ジュリアン~プラ丸鉢に3株を植え付け・・・夜間の移動の為(霜対策)。
2018_0103_133634cimg1165

更に、アロエ酒(育毛剤目的)の漬け込みも実施。
・キダチアロエが寒さで葉の傷む前に切り取り実施。
2018_0103_093534cimg1158

・同上のキダチアロエを綺麗に洗い細かく刻み密閉容器に移し、焼酎を注ぎ漬け込み。
2018_0103_110902cimg1161

・同上の用器を冷暗所に保管、約1ケ月で出来上がる予定。

更に、千両、万両の実の植え付け(種まき)も実施。
(実家に植えてある千両、万両の実を持ち帰り植え付け)
2018_0109_113702cimg1169

・千両・・・赤玉、黄玉orオレンジ玉?
・万両・・・赤玉、大実白玉福鳳)
各々をプラ丸鉢に、残った実は路地に植えつけ。
2018_0109_133810cimg1173

鳥に種を食べれないような対策も実施・・・さて、発芽してくれるか???。
2018_0109_140353cimg1175

最後は、12/21に作ったあたご柿利用の干し柿を・・・
2017_1224_115238cimg1139

実が軟らかくなったので、そろそろ完成か・・・そこで、吊るしてる紐より取り外し。
菓子折り箱に入れておいたら、一個がなくなってる。
2018_0110_081155cimg1177

なんと、犯人は家内・・・前回製作の物より味は劣るとのこと。
もう少し、時間をおいて食べる事に・・・。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック