« バラ安曇野、サンドリームなどの開花 | トップページ | シモツケとニオイバンマツリの開花 »

葡萄の手入れ(花房の整形)…ツマグロヒョウモンの羽化1号

三日前より真夏を思わせる暑さに庭に出る事も出来ず室内に居るのが一番と室内生活状態です。
この様な環境なので、園芸作業は早朝に開始して早めに終了する様に努めてます。
更に、ブログも写真メインで言葉は省略形式に・・・楽ちんブログ。

■葡萄の手入れ(花房の整形)~5/19より作業を開始…本日終了(必要時は随時継続実施予定)。
・花房の手入れ前の状態~「副梢(房肩)」「先端(房尻)」「先端より約8cm(15~17段)を残した残りの箇所」の切り取り
2017_0519_111830cimg0414

・花房の手入れ後の状態~
 ・5/19時点
2017_0519_111954cimg0415

 ・昨日(5/21)時点・・・花が咲き始めてきました
2017_0521_082355cimg0426

  ・切り取った房・・・5/19分(5/19-21も同じ位の量)
2017_0519_132948cimg0418

・花房手入れ後の棚の様子~今迄の新弦の誘引作業と今回の花房の整形後・・・巨峰、ピオーネ、安芸クィーン(ピオーネと安芸クィーンは若木で、今季の花房は数房)
2017_0522_103033cimg0454

■多年草(宿根草)、花木の開花・・・一昨日より咲き始めてきました。
・庭フジ~
2017_0520_121925cimg0419

・ラティリティウム;アルバストルム・・・2鉢同時に開花
  アオイ科マルバストロム属の耐寒性がある多年草。
2017_0521_172306cimg0443

・ヤマホロシ~
2017_0522_100949cimg0453

■ビワ(茂木)防鳥ネット取り付け・・・少しだが色付きが始まったので防鳥ネット取り付け
2017_0518_104300cimg0412

2017_0518_123334cimg0413

■ツマグロヒョウモンの羽化(今季1号)・・・
2017_0522_081514cimg0447

« バラ安曇野、サンドリームなどの開花 | トップページ | シモツケとニオイバンマツリの開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。

暑いですね・・・5月とは思えないくらいです。sweat01
そんな中、葡萄のお手入れお疲れ様でした。
梅雨前に終わらせなくちゃいけなかったのでしょう?
大変でしたね。
kucchanさんの苦労が報われて、豊作だといいですね。
ラティリティウム・アルバストルム、一瞬バラかと思いましたが
違うんですね。
可愛い花です♪

先日ですがナガサキアゲハ(たぶん)が2匹、ヒラヒラと踊るように
飛んでいました。
ペアheart04だったのかなぁ。(笑)
スマホを構えたけど、撮れませんでした・・・!sweat02

園芸作業時間を短縮されたら、ブログはしっかり書けると
思うのですが、違っているでしょうか。^O^

当方では、ツマグロヒョウモンの♂が翔んでいるのさえ見
かけていません。野生のスミレは一杯あるのに不思議な
気がします。
時期になればジャマになりますけど・・・

ささみさん

こんばんわー
暑いですね…こうも、暑いと園芸作業には手がだせませんよ。
ですから、早寝早起きして、早朝の涼しい時間に葡萄などの
手入れを実施してます。
梅雨入りまでに終わらせる・・・そうなんですよー
特に、素人栽培ですから雨による病気が心配で、早く終わらせる
様にしてます。
ラティリティウム・アルバストルム・・・
はい…バラではありません。
最近では、園芸店でも、殆ど見かけた事がありません。
ナガサキアゲハ・・・
わが地域でも、ヒラリヒラリと飛んでますが、撮影態勢に
なってくれないので、殆ど、撮影できません。
どこも、同じですね。

uke-enさん

こんばんわー
>園芸作業時間を短縮されたら、ブログはしっかり書けると
>思うのですが、
いやー…暑さが無ければ、その通りだと思いますが、こうも暑いと
怠ける方に走ってしまいます。
(横になりゴロゴロのグータラ生活に突入です)
ツマグロヒョウモン・・・何故か、我が家では見かける事が多いです。
最近では毎日見かけますよ。
今朝の5時ころ、そろそろ、羽化するのではと確認しましたがせず・・・
最初は30分毎に確認してましたが、ちょっと、怠けた隙に羽化して
ました。
相変わらず、羽化の瞬間は見る事が出来ませんでした。

 なんと、切り取った房の量!
今晩は~

 相変わらず・・お見事ですナ~。
4枚目、この量は5枚目で規模が・・・。
・イヤ~・ニワフジさん、いいですね~。
?そういえば我が家、どうしたか?・・(笑)。

 アルバトロス?ならぬ・アルバストルム、我が家に合いそう・かな!
・ヤマホロシ、形も色もいいですな~。
ナス科・ですか?
 ※ホントこの暑さに・この高所、気を付けられて・・・。
  ヒロ・・でした。

ヒロさん

おはyぷございます。
切り取った量・・・
5枚目の写真の約2/3を切り取ったのが
4枚目の写真です。
勿体ない気がしますが、量より質を考えると
仕方がないのです。
ニワフジ・・・
淡いピンク色が気に入りです。
挿し木株で、昨年より咲き始めてきました。
ヒロさん宅、咲いてると思いますよ。
>アルバトロス?ならぬ・アルバストルム・・・
私もアルバトロスで名前を容易に覚える事が出来ました。
ヤマホロシ・・・
ナスの花に似てるでしょう・・・
確か、ナス属だったと記憶してます。
猛暑対策は、お互いに気をつけましょうね。

kucchanさん、おはようございます♪
園芸作業は朝が良いですね。
我が夫も朝食を早めに済ませ、6時半頃には菜園に行き、
9時ごろには戻って来ます。
写真メインのブログも良いですね。
一目で充分に伝わりますもの。。。
葡萄の房、たくさん切り取りましたね。
ここまでしないと良い実がならないのでしょうね。
庭フジも育てていらっしゃるのですか。
綺麗ですね~・・・
ラティリティウム;アルバストルムは花の色や形が好きなので
7~8年前まで育てていましたが枯らしてしまいました。
同じくヤマホロシも冬の間水やりを忘れ枯らしてしまいました。
大きければ忘れないのですが、秋に買った小さなポット苗だったので。
花自体は大好きなので、地植えにしておけば良かったと思いました。
枇杷も6月には収穫出来そうですね。
我が家も4年前までは食べきれないほどなっていたので懐かしいです。
ツマグロヒョウモン、無事に羽化出来て良かったですね。

hiroさん

こんばんわー
今日も暑い一日になりましたね。
はい…園芸作業など、外の作業は早朝に限ります。
私は5:30~6:00頃より掃き掃除、水やりなどから
開始しますよ。
ご主人様も早朝園芸ですかー・・・しかも、朝食後に・・・
私は、早朝作業後の朝食です。
(朝食前に食パンや菓子類を口にしており、本当の
朝食は9:30頃ですよ)
ブログ・・・写真があれば、文章は無くても理解可能
だろうと節約しました・・・楽ちんですよ。
葡萄は一つの新梢に1房と考えて栽培してるので
沢山の房を切り取ってます。
そうしないと、立派な?房ができません(素人栽培)。
庭フジは一昨年の暮れに近所の方より挿し木苗を
頂き栽培してます・・・今季は花数が増えてきました。
ラティリティウム;アルバストルムは枯らされたのですか。
最近は園芸店でも見かけた事がありません。
家も7~8年栽培してますが健在ですよ。
えっ…ヤマホロシも枯らされたのですかー・・・
こちらも、7~8年栽培、鉢植えで健在ですよ。
ビワ・・・鉢植えなので、大量収穫は見込めません。
甘くて大きな実の収穫が出来るのが希望です。

ごぶさたいたしました、こんばんわ~。

真夏のような暑さもようやく少し落ち着きましたね。
庭の花たちとっても、昨日の雨もとても有りがたかったです。
暑かった日は、わたしも朝ご飯の前(5:00~7:00)に、水やりをしていました。

ブドウって、こんなにも切り取らないといけないんですか?
もったいない?お化けは出ないのか?coldsweats01
わたしだったら・・・こんなに切れないかも・・・。
花も段々と夏の花が咲いてきていますね
私もさすがにビオラ・パンジーは3日前に抜きました。

雪ん子さん

おはようございます。
えっ…水やり不要なほどの雨が降ったのですか。
当地は、今日、漸く水やり不要な雨になりました。
でも、午後からは雨も上がり曇り予報・・・
明日からは、毎日、水やりと落ちた花びらの掃き掃除
ですよ。
やはり、園芸作業はお百姓さんに見習っての早朝作業に
限りますね。
>ブドウって、こんなにも切り取らないといけないんですか?
どうも、そうみたいですよ・・・。
品種によると思いますが、巨峰、ピオーネ、安芸クィーンなどの
大粒な品種は必要みたいです。
栽培当初は、もったいないで、切り取ってなかったので見栄えの
悪い房になりました。
店で販売されてる様な房を作るには、切り取りが必要みたいです。
まだ、私の場合は切り取り不足かもしれません。
(素人なので毎年が勉強です)
我が屋も冬花の処分は終わりました。
で、今は、庭の奥で管理してた宿根・多年草で間に合わせてます。
今後も、新たに咲き始めてくる多年草などが有るため、夏花の調達は
相当、遅れそうです・・・僅かな調達になるかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/65313920

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ(花房の整形)…ツマグロヒョウモンの羽化1号:

« バラ安曇野、サンドリームなどの開花 | トップページ | シモツケとニオイバンマツリの開花 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック