« ピンクバナナ生育記録 | トップページ | ピンクバナナ生育記録…パッションフルーツの実 »

ツマグロヒョウモンの羽化

ここ数日は秋晴れの気温も最高28℃で、むしろ暑く感じる日が続いてます。
庭の園芸作業は、少々暑くても、この様な気候が最高ですね。

我が家の庭では、ツマグロヒョウモンの羽化が始まりました。
庭には、既に「殻になった蛹」が彼方此方に存在しますが、今回、初めて羽化後の姿を見つけ撮影する事が出来ました。

早朝の見回り時は蛹でしたので、あっという間に羽化したと思われます。
≪9/21 10:16≫羽化後、間もないと思われ、スミレの茎(枝)で上向き状態です。
2015_0921_101600cimg6661

≪9/21 11:04≫開翅しました…♀です。
2015_0921_110441cimg6665

≪9/21 11:05≫開翅後、着地して花壇内を歩き周ってます。
2015_0921_110515cimg6670


≪9/21 11:07≫その後、飛び始めて私の手に止まり、彼方に飛び去りました。

2015_0921_110726cimg6676

今回、新たに発見したこと・・・
それは、庭の彼方此方に居る「ツマグロヒョウモンの蛹」です。
庭の手入れで処分した枝などに蛹が・・・この時、枝にぶら下がってる蛹を引き離してしまいました。
私は、この蛹を鉢土上に放置…家内は、このまま放置はまずいと処分した小枝の葉っぱ上に・・・。
すると、この葉っぱにくっついてました…蛹になった後で、この動作をするとは新発見でした…どちらが、後からついたのかはわかりません。

2015_0922_144605cimg6708

当日は、この蝶の他にヨレヨレのアゲハを撮影(余りのヨレヨレ姿で撮影)。
2015_0921_120349cimg6692


種まき植え付けのモミジアオイに止まってる姿を撮影…このモミジアオイは蕾は出てきてますが咲きそうにありません。

そして、庭では新たに花が咲き始めてきたものも・・・
①アメジストセージ~植え付け後6~7年にはなるかも・・・咲き始めたばかりで寂しい。
・メキシカンブッシュセージ
2015_0921_120800cimg6694


・サルビア・レウカンサ
2015_0921_140450cimg6698


②ユーリオプステージ~約20年弱の親株が一昨年に枯れ、その時に同株を刺し芽したもの。
2015_0921_140415cimg6697


③トレニア~こぼれ種で生えたもの・・・他にも生えた株があり、何色が咲くのか楽しみ。

2015_0921_140202cimg6695

« ピンクバナナ生育記録 | トップページ | ピンクバナナ生育記録…パッションフルーツの実 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 今晩は~

 いいですね~♪
我が家にいるのは確かなのですが…!なかなか。

 おっ・ハーブ系、いらっしゃるではございませんか
・それに、トレニア
 このムラサキがまたいいですね~!!
 我が家、同じくこぼれ種ですが、白系なんですよ~。
ありがとうございました。
  それでは。

 

ヒロさん
こんばんわー
ツマグロヒョウモンの幼虫・・・
>我が家にいるのは確かなのですが…!なかなか。
アゲハなどの蛹と違い、簡単に見つける事ができますよ。
庭をブラブラしてると、直ぐに、みつかりますよ。
アメジストセージ・・・
>おっ・ハーブ系、いらっしゃるではございませんか
確かに、ハーブ系ですね。
ハーブ系は知識がないので・・・思い当たりませんでしたよ。
トレニア・・・
我が家は、この色と、青が好きなんですよ。
残りの下部が青色ならいいのですがーーー。


kucchanさん、おはようございます♪
ツマグロヒョウモンの交尾の様子
(離れるまで1時間かかりましたよ)
は見たことがありますが、羽化後の様子は
初めて見せていただきました。
手に止まるなんて可愛いですね。
蛹になった後、場所を変えてもまた糸を出して
くっつくのも知りませんでした。
生命力が強い蝶なんですね。
サルビア・レウカンサは我が家でも咲いていますが、
増えすぎて困っています。
春にけっこう離してバラを植えたのですが、
今はレウカンサの下で、日も当たらなくなりました。
バッサリ切りたいと思うのですが、
無くなってしまうのも寂しくて・・・
ユーリオプステージ、挿し芽で命を繋ぐことが
できて良かったですね。
我が家でも今元気に咲いています。
トレニア、我が家でもコボレダネからこの色と
同じ色の花が咲きました。
市販されている苗にはない色ですよね。

hiroさん
こんばんわー
私は交尾の様子は見た事がありません。
が、蛹化や羽化の姿は、毎年、沢山見かけますよ。
アゲハなどと違い、幼虫時代に居た傍で蛹になるので
見つけやすいです。
hiroさんちも、幼虫が居れば、その近辺に居ますよ。
>蛹になった後、場所を変えてもまた糸を出して
>くっつくのも知りませんでした。
私も、今回、初めてしりましたよ…不思議です。
>サルビア・レウカンサは我が家でも咲いていますが・・・
えっ…そんなに増えるのですか。
家は鉢植えですが、株は大きくなってますが増えたという
認識がありません・・・もう少し増えてくれればよいのですが。
>ユーリオプステージ、挿し芽で命を繋ぐことが・・・
そーなんですよー・・・
命を繋いでくれました。
今後、更に大きくなって沢山の花を咲かせてくれるのを願ってます。
>トレニア、我が家でもコボレダネからこの色と同じ色の花が咲きました。
でしょう・・・
この色は気に入りです・・・後、青色も・・・
今度、咲くのは何色か楽しみです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/62330906

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモンの羽化:

« ピンクバナナ生育記録 | トップページ | ピンクバナナ生育記録…パッションフルーツの実 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック