« 果樹の収穫…と、ハナトラノオの悲劇 | トップページ | パッションフルーツ(トケイソウ)実…と、巨峰などの収穫 »

耐寒性ピンクバナナに蕾(苞葉部)が・・・

今日は頭部皮下腫瘍の切り取り(良性腫瘍摘出)について通院(帝京大学医学部付属病院)。
手術に向けての必要な検査を実施、一泊二日(10/6~7)の手術と決まり先ずは安堵。

この日曜日(9月13日)にピンクバナナの蕾(苞葉部)を発見・・・
昨年の6月、そして今期の6月と連続して実らしき姿を見る事が出来ず、今回は何としてでも
実までたどり着いて欲しいと願うばかりです。
■9月13日の蕾(苞葉部)~右側茎の情報に蕾(苞葉部)・・・
2015_0913_102602cimg6593

2015_0913_102621cimg6594

■9月15日の蕾(苞葉部)~蕾(苞葉部)が大きくなったみたい・・・
2015_0915_135859cimg6624

■新たな発芽も見られます(二か所)~来期の蕾に期待・・・。

2015_0914_143207cimg6619

以下は、過去の生育状態・・・
今期6月に開花…ダメになったピンクバナナ(5月30日より)

花は、以下の時系列の通り、次々と咲いてくるのですが、全て枯れてしまいました。
昨年に続き、今期も・・・ガッカリです。
・6月1日~苞葉部から花芽が出てきてます。
2015_0601_135452cimg5384

・6月4日~花芽は次々と出て来ますが、全て枯れる傾向にあります。
2015_0604_105520cimg5420

・6月7日~↑同様に枯れてきてます。
2015_0607_113829cimg5488

・6月10日~↑同様に枯れてきてます。
2015_0610_101155cimg5559

・6月13日~全ての花茎が枯れ、ダメになりました。

2015_0613_081017cimg5601

2014年6月18日「ピンクバナナ苞葉部枯れ」

2014年6月11日「ピンクバナナ苞葉部折れ」

最後は、我が家の庭で撮影したヒカゲチョウです。
クリスマスローズの葉で休息してました。

2015_0913_125942cimg6607

« 果樹の収穫…と、ハナトラノオの悲劇 | トップページ | パッションフルーツ(トケイソウ)実…と、巨峰などの収穫 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

kucchanさん、こんばんは~♪
手術の日が決まったのですね。
良性腫瘍とは言え、早く切り取った方が安心ですね。
私もお腹に脂肪種があるので、早く取り除いた
方が良いのでしょうが、腰に麻酔をすると
聞いただけで怖くなってしまいました。
情けない話ですね。

バナナ、蕾がつきましたね。
耐寒性のバナナがあるとは知りませんでした。
これから花が咲いて実がなると良いですね。
ヒカゲチョウがお庭で見られるのですね。
我が家は日当たりが良すぎるのか見かけたことがありません。
落ちついた模様の静かな蝶ですね。

hiroさん
おはようございます。
手術の日が決まり一安心です(精神的に)。
私も今までは麻酔をして手術・・・
思うだけで嫌でしたよ。
ですが、今ではスッキリしました。
今、思うと、もっと早く切り取り(摘出)をしておけば
良かったと反省してます…と、同時に年一回の定期検査を
守っておけばと(ここ2年、何もなかったのでさぼりました)。
この2年間の間に、少しづつ大きく(高さ)なってたと思われます。
ピンクバナナ・・・
そうなんですよ。
蕾(正確には苞葉部というみたい)が付いてきました。
この蕾が開き、小さな花芽が沢山できます。
そして、花が咲き、結実・・・の予定です。
予定通り、進んでくれると良いのですが・・・。
>ヒカゲチョウがお庭で見られるのですね。
はい・・・葡萄棚の下で、見られることが多いです。
名前の通り、日陰部に現れるみたいです。


ピンクバナナの実つけに毎年苦労されてますが、今季は
どうなのでしょうね。関東は温度が高いといっても、絶対
的にはやはり低すぎるのでしょうか。
今季は残暑も感じられないほどなので、余計に難しいの
でしょうね。

ヒカゲチョウはどこにも傷みが見えないようですが、ご近
所ならどんなところでこれまで生活してきたのでしょうね。
その場所が思い当たるのであれば、そこへ行けばジャノ
メチョウの仲間ももっと多く見られそうですが・・・

 今晩は~

 相変わらずkucchanさん庭は…♪
今回の・・バナナも、鉢・鉢・・は、我が家の土庭よりもはるかにスゴ~イ!!
まるで自然の状態・・・に見えますよ・ホント。
・それも弱ったり・枯れたりの葉も見えず(恐れ入ります)、失礼いたします。。
 さあ・私も応援いたしますよ~♪
沢山の実をつけてくださいね、ピンクさ~ん。
  ヒロ・・でした。

uke-enさん
ピンクバナナの実つけは、確かに苦労してます。
熱帯性植物?なのか、なかなか、思うように
実をつけてくれません。
が、今回は、株も大きくなってるし、もしかしたら
実が付くのではと期待してます。
ヒカゲチョウ・・・
今日も、我が家の葡萄棚の下や、プラムの木に
居ましたよ。
何処で、生活してたのかは、全然、わかりません。
そのうち、偶然に見かけるかもしれませんね。

ヒロさん
ピンクバナナの鉢・・・
我が家には、植え付ける庭が無いので、
出来るだけ大きめの鉢にしてます。
ヒロさんちみたいに、庭が広く、土が
有れば、地植えで栽培したいです。
そうすれば、コガネムシの幼虫にも
神経を使わなくてもよいかもしれません。
今回は、株も大きくなってるし、もしかしたら
実が付くのではと期待してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/62287248

この記事へのトラックバック一覧です: 耐寒性ピンクバナナに蕾(苞葉部)が・・・:

« 果樹の収穫…と、ハナトラノオの悲劇 | トップページ | パッションフルーツ(トケイソウ)実…と、巨峰などの収穫 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック