« ストケシアに蝶が…と、エキナセアとカラーの開花 | トップページ | トケイソウの開花…と、ここ三日間の昆虫達 »

ルドベキアプレリーサン開花…と、小玉スイカ栽培成育状態

我が地域も(関東)今週の月曜日より梅雨入り…花などへの水やりは楽ですが、ジメジメした蒸し暑さを思うとぞっとします。
今日は梅雨入り後初めての陽射しも出て蒸し暑い一日になりました。

庭では、鉢植えのルドベキア プレリーサンが咲き始めてきました(植え付け後5年位か…)。

2015_0610_101022cimg5556

先ず、今週初めの出来ごとです…自家果樹栽培のサンプル収穫を実施。
①サクランボ高砂~前々回記事のアメリカンチェリーに続いて高砂を2粒サンプル収穫。
2015_0606_101059cimg5456_2

味はアメリカンチェリー同様に甘さが足りず不合格でした・・・こちらも収穫するには早そうです。

②ビワ(鉢植え実生)~サイズ、色付きとも問題ないのですが、味が前回収穫の茂木より劣る結果でした。
2015_0608_140803cimg5540_2

やはり、実生だと、このレベルの味になるのかと残念です。

そして、小玉スイカの成育状態を観察・・・
【苗調達栽培】
こちらは、HCで調達した苗を駐車場奥に仮畑を作り植え付けた物です(4/29植え付け)。
2015_0610_100634cimg5555

右の背丈が高いのが「愛ラブ(赤)」で左の背丈が低いのが「オレンジ no1」です。
左のオレンジno1は、調達時の苗が小さく成長に大きな差が出てます。
また、中央に種蒔きの「姫甘泉(赤)」を植え付けてますが、まだ、株が小さくて見えません。 
で、愛ラブは3本の子弦を伸ばしており(この内1弦は未だ短い)、この内、2弦に♀花が各二個咲いてきました。
最初の各弦の一番花は環境に恵まれず授粉してないと思われます(1個;雨の6/3開花、1個;晴れの6/4開花で♂花無し)。

そして、今週開花の二番花・・・
・1個~昨日の午前中雨の中での開花で、午後の曇りの時に強引に人工授粉実施。

2015_0610_100323cimg5553

・1個~本日の晴れに開花…人工授粉実施

2015_0610_100345cimg5554_2

どちらでもいいので、結実してくれると嬉しいのですが・・・。

【種蒔き栽培】昨年食後の種を採取したもので、植え付けは「HC調達の種蒔き用土」を利用・・・植え付けた土により、成長に著しく差が出てきました。

・HC調達土(5/16三品種植え付け)~成長が殆どなし…よって、追肥を実施予定…調達した袋には「初期から長期成育まで栄養をサポート」とあるが・・・栄養不足と思われる。
2015_0610_104547cimg5561


・自家再生土(5/21姫甘泉植え付け)~この鉢の他に、数か所に植え付け、同レベルの成育状態。
2015_0610_101819cimg5560


以上より、調達土には植え付け時に肥料の追加が必要と思われ、今後の参考にします。

そうそう、最初の駐車場奥のスイカの葉っぱに「ツマグロヒョウモン」の幼虫が「ぶらさがり」蛹へと変身中。
2015_0609_101855cimg5547


しばらく、継続観察しなくては・・・。

最後は、今、丁度見頃のユリ・・・
日増す毎に、花が散り始めてきており寂しくなります。
2015_0609_131134cimg5550


そんな中、スカシイリの白色が咲いてきました(6/9開花)。
2015_0609_131142cimg5551_2


残すはカサブランカで、現在の蕾の状態です。

2015_0609_131201cimg5552

« ストケシアに蝶が…と、エキナセアとカラーの開花 | トップページ | トケイソウの開花…と、ここ三日間の昆虫達 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

kucchanさん、こんばんは~♪
ルドベキア プレリーサン,もう咲いているのですね。
我が家でも昨年は年越し株からたくさんの花が咲き
ましたが、どれ一つ冬越しできず全滅しました。
5年も育てているなんて、素晴らしいですね。
今年はまた調達しなくては・・・
サクランボはとても美味しそうに見えますが、
完熟するまでもう少し時間がかかるのですね。
自分の家でなった果実を食べられるなんて、最高の贅沢ですね。
スイカの花の下はもう実がついているように見えますが
結実しているかどうかはまだわからないのですね。
無事に結実すると良いですね。
ツマグロヒョウモンはすみれだけでなくスイカの葉も
食べるのでしょうか。ここまで大きくなったのだから
ちゃんと孵ってくれると良いですね。
白いスカシユリのあとはカサブランカですか。
開花が楽しみですね。

hiroさん
こんばんわー
>ルドベキア プレリーサン,もう咲いているのですね。
そうなんですよー・・・
早々と、咲いてくれました。
しかも、蕾も沢山で・・・同時開花です。
次は、チェリーブランデーが咲いてきそうです。
家は、放ったらかし栽培ですが、何故か、消滅せず
咲いてくれてます…不思議ですよ。
サクランボは、見た目は美味しそうなのですが
完熟してないのか甘さ不足です。
どうも、日照不足ではと(葉っぱが生い茂り)思ってます。
この調子だと、粒が柔らかくなり、更に味覚が悪くなるかと不安です。
スイカ(花)は、二個とも♀花で、実の赤ちゃんは付いてます。
結実してれば、ここ一週間くらいで実が大きくなるので分かります。
ですから、1~2週間の観察が楽しみです。
ツマグロヒョウモンの幼虫はスイカの葉っぱは食べません。
隣にあるスミレの葉っぱを食べてます。
蛹になる為に、傍のスイカに登り・・・てな、状況です。
で、本日、蛹になりましたよ。
ユリは、殆どが咲き終わりに近い状態です。
残りはカサブランカで開花が待ち遠しいです。


ツマグロヒョウモンの蛹化が年中行事になりましたね。
蛹になってしまえば幼虫までとは違って悪さはしませ
んから、kucchan さんの見方も変わってきているので
しょうね。
羽化して産卵すると同じ繰り返しですからまたお嘆き
が聞こえてくるのでしょうけれど、幼虫を駆除してもほ
かから翔んできて産みつけますからイタチごっこです
ね。
ん?ツマグロごっこかな。^O^

 おはようございま~

 2個とも元気がいい・色がいい!
きっと大きな実がなるでしょう♪

それに、やはり二粒・高砂さん、いいですね~。
アップすると更に美味しさを増しますね~、思わずゴックッ。
また頂いちゃいましたよ~(笑)。
・そういえば我が家のアゲハ:どうなったかな~?

栄養たっぷりのユリ、これはいいですよ・本当に。
花はも勿論ですが、葉も幹もいい色で…、最高っ!
  ヒロ・・でした。

uke-enさん
おはようございます。
ここ三日間、PCトラブルでブログ登場が困難にsad・・・

ツマグロヒョウモン物語・・・
いよいよ…ですよ。
でも、そろそろ今季は、慣れてきたことだし省略するかもです。
で、今回のツマグロヒョウモンの幼虫は蛹化しましたよ。
後は、天敵にやられること無く羽化待ちのみです。
今季最初の出来事なので、そこまでは追っかけしますよ。

ヒロさんおはようございます。
ここ三日間、PCトラブルでブログ登場が困難にsad・・・

サクランボ、ビワとも、外観は比較的良いのですが
味はサッパリでした。
サクランボは、葉っぱが生い茂っており、絶望かもしれません。
今季は思い切った剪定を検討中です。
家のアゲハ、蛹の中が空っぽになってました。
外観より、敵にやられたのではと思ってます。
羽化を楽しみにしてたのでガッカリです。
ユリは、残すカサブランカを除いて終わりになりました。
カサブランカは、今日くらいには開花するのではと楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/61722595

この記事へのトラックバック一覧です: ルドベキアプレリーサン開花…と、小玉スイカ栽培成育状態:

« ストケシアに蝶が…と、エキナセアとカラーの開花 | トップページ | トケイソウの開花…と、ここ三日間の昆虫達 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック