« ルドベキアプレリーサン開花…と、小玉スイカ栽培成育状態 | トップページ | カサブランカの開花…と、綿花の発芽など »

トケイソウの開花…と、ここ三日間の昆虫達

ここ三日間、パソコン入力モードトラブルに対処(ボードで文字が記入出来ず)・・・
何とか、昨夕、解決することが出来ました(各一日2時間の調査を実施…年齢を感じました)。
よって、文章記入も可能になりブログも再開することが出来ました。

本日は、7年位前より鉢栽培してるトケイソウが咲き始めてきました。
2015_0613_102338cimg5607


タグにはパッションフルーツで実も楽しめるとありますが、今迄に楽しめる実になった事がありません。

今回の記事は、ここ三日間に庭で遭遇した昆虫を中心に・・・
①キタテハ~6/10ペチュニアの花で…開翅はするのですが直ぐに閉じてしまい開翅撮影は出来ませんでした。

2015_0610_135159cimg5569

ヤマトシジミ&ルリシジミ~6/12~13 ルドベキアプレリーサンの花で…こちらも開翅撮影は出来ませんでした。
・6/13 ヤマトシジミ

2015_0613_090130cimg5606

・6/12 ルリシジミ

2015_0612_101840cimg5591_2

③蛾ビロードハマキ~吊り下げてる初雪カズラ鉢で初見の変な昆虫を発見(6/13)、先ず撮影して、そして殺虫剤を散布。
2015_0613_085703cimg5602


殺虫剤散布後の裏返した状態・・・

2015_0613_085743cimg5603

何れにしろうす気味悪い蝶…図鑑で調査しビロードハマキと判明。

④蛹 ツマグロヒョウモン~前回記事のツマグロヒョウモンが蛹に変身(6/10)…1~2週間後には羽化するでしょう。

2015_0610_174844cimg5575

⑤蛹 アゲハ~昨日の観察時に異変を発見…蛹に穴ぽこが有る姿に・・・

2015_0613_114046cimg5610

そこで取ってみると中身は空っぽに・・・。

2015_0613_114305cimg5611

化後なのか、それとも敵にやられたのかわからず・・・どうも天敵の化膿性が大。

6/11は鉢植え黄金桃の袋掛けを実施~今季の袋掛けは6個です。

2015_0611_080709cimg5577

6/10は鉢植えピーマンの収穫も実施(今季初収穫)~タグにはジャンボと有り、確かにジャンボであるが収穫が遅すぎたみたい。

2015_0610_182520cimg5576

« ルドベキアプレリーサン開花…と、小玉スイカ栽培成育状態 | トップページ | カサブランカの開花…と、綿花の発芽など »

ガーデニング」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

キタテハは少し傷んでいるようですが、翅裏から見ると夏型のよう
ですね。当方ではまだ見かけておらず、機会が少ないからか翅表
全体が黒っぽくなる夏型が好きです。翅表の写真もお願いします。

ヤマトシジミの複眼はセピア色、ルリシジミは黒色、それからしても
2枚目はルリシジミですね。当方ではヤマトシジミの激減り状態が
続いています。

ビロウドハマキはカシ類など広葉樹が食草だし、kucchan さんのお
庭で見かけるなんて不思議です。どぎつい色合いですが、ハマキ
だといってもそんな駆除するものでは・・・
私は見たことがありませんよ。

こんばんは~。

パッションフルーツの花が咲いたのですね~!
今年は結実するといいですね。
相変わらず、蝶々がたくさんで賑やか~♪
あぁ・・・でも、アゲハの蛹はダメでしたか・・・。despair
まだ緑色なので、羽化ではないでしょうね。
残念です。
もう、ピーマンができたのですね~!
初収穫のピーマンは、どんなおかずになるのでしょう?happy01

uke-enさん
おはようございます。
キタテハは、開翅は度々するのですが、すぐに
閉じてしまうので・・・。
一応、見越して撮影したのですが、全て翅を閉じた
写真となりました。
再度、機会が有れば開翅撮影に試みますが
あるかどうか・・・。
ヤマトシジミとルリシジミを図鑑で調べました。
コンクリートマスに止まってる方は、翅の表面が全面水色だったので
ルリシジミだと思います。
ルドベキアに止まってる方も翅の紋よりヤマトシジミとは思えず
ルリシジミだと・・・結論は両方ともルリシジミだと思います。
ルリシジミは頭になかったので、識別判断が出来ありがとうございました。
ビロウドハマキは、見付けた瞬間、うす気味悪く、何故、庭に居たのか?
…と、不思議で、先ずは毒をもった蛾ではと思い撮影後殺虫剤でした。
どうしても、蛾=有毒のイメージがあり・・・止むを得ずですよ。

ささみさん
おはようございます。
パッションフルーツ・・・
この方は、毎年、花を咲かせてくれます。
そして、実も付きますが、まともな実でなく・・・処分対象ですよ。
で、新たに今季に調達した方に希望を持ってますが、
只今、弦の成長中で・・・開花⇒結実を待ってる所です。
アゲハの蛹・・・
残念な結果になりました。
初めての羽化の状態を見れると思ったのですが・・・
病気なのか、天敵にやられたのか不明です。
幼虫は沢山、見かけるのですが蛹は発見できません。
が、次回に期待しますよ。
>もう、ピーマンができたのですね~!
今季、初収穫の一個でしたから、市販品と混ぜられ
傷め物になったみたいです。
数が多ければ、自家栽培のみの料理となるのですが・・・
止むをえません。
現在、小さな実が沢山付いており次回収穫が楽しみです。

 イエ~イ・ついに出ました、トケイソウ♪
おはようございま~す。

 相変わらず今年も時を刻んでおりますね!
待ちましょう・よ実。
・それにキタテハ:見たかったですね~・お開きを…。

また、アゲハさんかわいそうでしたね。
今度、是非羽化状況拝見させて下さ~い。
  ヒロ・・でした。


ヒロさん
こんばんわー
トケイソウ・・・
>待ちましょう・よ実。
いや、この方の実は待つだけ無駄なんですよ。
毎年、どうしようもない実が付き呆れてます。
今季に調達した方に期待してます。
アゲハの蛹は可哀想な結果になりました。
まさか、この様な結末とは・・・ガッカリです。
何故か、アゲハは幼虫は居るのですが、
蛹は見付けることが殆どできません。

kucchanさん、こんばんは~♪
トケイソウ、綺麗に咲きましたね。
名前のごとく時計盤のような咲き方をする
ユニークな花ですね。
実をならせるのはなかなか難しいようですね。
最近我が家で見かける昆虫はシオカラトンボ
アゲハ、モンシロチョウ、初めて見る蝶
なのですが、いずれもじっとしておらず、
写真には撮れません。初めての蝶だけでも
撮って名前を調べたいのですが残念です。
初見の昆虫、気持ちが悪いですね。
アゲハちゃんは可哀そうでしたね。
我が家でも一昨日からピーマンが収穫できる
ようになりましたが、こんな大きなピーマンは
初めて見ました。ピーマンは長く収穫できるので
これからも楽しみですね。

hiroさん
おはようございます。
トケイソウは、時計を思わせるユニークな花ですね。
道行く方も珍しいと興味を持って眺められてます。
実は毎年付くのですが、カラスウリみたいな感じで
触る気にもなれません。
今季に新たに調達した方に期待してますが、
まだ背丈が30cmくらいで楽しみは相当先になりそうです。
蝶の撮影は、ちょろちょろ動き回り、撮影は確かに難しいです。
が、今回撮影の蝶は動き回るはないのですが、傍に
近づくのが難しくて・・・そーと近づき撮影です。
>初見の昆虫、気持ちが悪いですね。
でしょう・・・
ですから、先ず撮影・・・次に殺傷するか・・・
有害と認識すれば殺虫剤を散布です。
後で、可哀想なことをしたと思う事もありますが仕方有りません。
ピーマンなどが採れる時期になりましたね。
家のはジャンボピーマンです(苗は1株398円)。
とにかく、沢山の量が収穫できないと・・・
小さな蕾や実が沢山付いており今後が楽しみです。

複眼がセピア色のルリシジミなんていませんよ。

>ルドベキアに止まってる方も翅の紋よりヤマトシジミとは思えず
え~~どれどれ、どう違っているのでしょうか。
ただ、ヤマトシジミの翅裏の黒点や模様などは通常ぼやけていて、
こんなに濃くてクッキリした個体を見た記憶がありません。その意
味では珍しいと思いますが個体差の範囲内と思われます。
黒点の並びや図柄はやはりヤマトシジミですね。

uke-enさん
ヤマトシジミを含め、蝶知識の無い私には識別が
困難です。
翅裏の黒点や模様を図鑑などと比較するのは化膿ですが、
眼での識別は不可能です。
よって、ルドベキアの蝶はヤマトシジミに訂正させて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/61739405

この記事へのトラックバック一覧です: トケイソウの開花…と、ここ三日間の昆虫達:

« ルドベキアプレリーサン開花…と、小玉スイカ栽培成育状態 | トップページ | カサブランカの開花…と、綿花の発芽など »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック