« サザンクロスと綿花…と、葡萄と無花果の収穫 | トップページ | 葡萄~収穫…そして、またも房茎枯れが・・・ »

嬉しい事有れば、悲しき事も・・・

今日は雨…でも、正午頃より雨はあがり薄日も…で、気温も27℃と蒸し暑く憂鬱な一日となりそうです。
で、我が家庭では嬉しい事有れば、悲しき事も・・・。

【昆虫】ツマグロヒョウモンの楽園なのか・・・
我が家の庭には沢山のツマグロヒョウモンが飛び回っており・・・昨日。
■吸蜜姿
・小輪多花ダリアで~
2014_0923_131523cimg3379

・カクトラノオ(ハナトラノオ)で~
2014_0923_131337cimg3375

更に、庭の彼方此方では産卵・幼虫の誕生も(特にスミレ鉢周囲で・・・)・・・昨日撮影

■幼虫&蛹
・スミレ鉢で~左は蛹化直前で、右は蛹化終了・・・この写真では見えないが右斜め下の茎にも蛹が(本日、羽化)・・・
2014_0922_103854cimg3359

■羽化
今朝の小雨時に庭を散策…すると、二頭の蛹が羽化してるでは…この雨の日に羽化して大丈夫なのかと思う私・・・で、この二頭は何れも♀です(指で触り開翅させて確認)。
・↑写真の「右斜め下の茎の蛹」・・・
2014_0925_105553cimg3402

・駐車場奥に置いてる観音竹鉢で・・・
2014_0925_083646cimg3401

■飛び立ち
雨が止んだ正午に外に出るとツマグロヒョウモン(♀)が少距離ですが飛び回ってました…ヘリオトロープの花に・・・多分、今日、羽化した方だと思います。

2014_0925_125156cimg3405

【果樹】巨峰…またも、房茎枯れが・・・悲しい
①巨峰~色付きの遅い我が家の巨峰・・・遂に、今季、3~4房目の房枯れが発生…これで、今季累計4房となりました。
2014_0924_081205cimg3385

巨峰の不作?は、今季の7月の猛暑、8月の長雨…などが影響したのかなぁ・・・。
でも、我が家の巨峰は10月が本格的な収穫時期なので、もう少し、待つしかありません。
↑写真が、今回の房枯れ品です…でも、口にすると渋みは無く、甘くて美味しい…そこで、我が家で食べる事に(特に左側の房)。

【野菜】ゴーヤ
①ゴーヤ~前回に続いて、また、黄色く熟させてしまったゴーヤ(2個)・・・
でも、この1個は何とかなりそう…だけど、家内は冷たい視線・・・さて、どうなることか?。

2014_0924_095720cimg3387

最後は痛々しい我が腰も(見るに見れない姿)…腰痛で湿布薬を貼り付け…何と、肌は赤く腫れ、皮膚にはツブツブが・・・。
2014_0923_190632cimg3382

今後は湿布薬の利用は取りやめ、ローションかクリームの薬を塗る事に…情けない。

« サザンクロスと綿花…と、葡萄と無花果の収穫 | トップページ | 葡萄~収穫…そして、またも房茎枯れが・・・ »

ガーデニング」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

いろんな蝶で、kucchanさんのお庭は賑やかですね~♪
それだけ、美味しい蜜があるお花がたくさん咲いていると
いうことなんでしょうね。
巨峰の房枯れ・・・原因は何なのでしょう?
お味は甘くて美味しいというのに・・・不思議ですね。
ゴーヤは、もう収穫してもいいと思いますよ。
早い方がいいです!

あらら・・・痛々しいお写真・・・。despair
最近の湿布はかぶれ難いのですが、どうしても同じ個所に
貼ってしまいますものね。
かぶれが治まったら、塗るタイプのお薬に変えた方が
いいかもしれませんね。
どうぞ、お大事になさって下さい。

kucchanさん、おはようございます♪
今日も暑くなりそうですね。
やらなければいけないことが沢山ありますが、
日差しを見ると躊躇してしまいます。

kucchanさんのお庭はほんとにツマグロヒョウモンの
楽園のようですね。
幼虫や蛹の多さにも驚きです。
我が家でもここ数日、ツマグロヒョウモンが
遊びに来ていますが、幼虫や蛹は見たことがありません。
きっとすみれが少ないからでしょうね。
羽化する瞬間まで見られるなんて羨ましいです。

巨峰は甘くて美味しければ良いですよ。
自家製の果物は安心できますし・・・
ゴーヤはたくさん取れ過ぎても困りますね。
毎日食べるほど、美味しくないし・・・
私はジュースにして飲みましたが、
さすがに最近は飽きてきました。

あらあら、たいへん・・・
kucchanさんのお肌はデリケートなのですね。
ローションかクリームの薬の方が良さそうですね。
お大事になさってください。

こんにちは~

たくさんの成虫、幼虫にさなぎまで。。。
ツマグロヒョウモンって。。。よくブログにも出てくるようですが。。。
なんかこれだけでてくると、庭の住人のような~
そんな感じですね。庭の花達と共存してそれをこまめに観察してるところが素晴らしいです。ツマグロヒョウモンって。。。
オスとメスの模様や色が違うんですか~?

私はまた、、、種類の違い蝶だと思ってしまいました。

残念だった巨峰も食べてみると甘くておいしかったのですね。
それは良かったよ。
こうやって見ていると、やはり果物、野菜は育てるのが難しいな~
って思います。
でも、だからこそ、、、収穫できたときは感慨深いのでしょうね。

腰のほう。。。
お大事にしてくださいね。
草取りなど特に腰に来る作業なので、十分お気を付けくださいな。
私も、、、草取りでぎっくり腰やっちゃった経験があるので~

ブドウが少々不作気味で、ツマグロヒョウモンとコガネムシの幼虫が
方策ですから、kucchan さんのお心持ちでは釣り合いがとれているの
でしょうね。

ツマグロヒョウモンも、なかなか羽化の瞬間に立ち会えませんね。朝
早くに羽化するのだろうと思います。雨でもタイムスケジュールには
逆らえないようですね。DNAに「蛹化から○日目の未明に羽化するこ
と」とでも書かれているのでしょうか。

 今晩は~

・ やっぱりいいですね~・ヒョウモンさん。
 我が家も一番数が多いで~す。
サナギ:まだ見ていないんです!
  そうそう、瑠璃タテハ(だと思います)のサナギを発見しましたよ。
まだ羽化していない?ようです。
・そうですね、kucchanさん宅のぶどうは、皆さん(他の果物も!)・贈り物にできる状況ですからね。
 きっとみんなが相談して、自宅用にしたのかも?(笑)
・すごい・この大きさ、お見事ですねゴーヤ。
我が家の今年は小振りなのですが、兎に角多くて…(汗)
 隣近所も、飽きてきたかも?です。
※お大事になさって下さい、後を引きません様に・・。
   ヒロ・・でした。

ささみさん
こんにちわー
我が屋の庭には沢山の蝶が訪問してくれますが、
殆ど、同じ種類で困ってますよ。
出来るならば、クロアゲハなど、他の種類の蝶が
訪問してくれないのかと思います。
葡萄栽培・・・どうも、今季はヤバイです。
本日も、房枯れ房を2個切り取りました。
知人も栽培されtますが、我が屋と全く同じみたいです。
やはり、気候が一番の影響かもしれません。
房枯れは完熟直前に起きれば、味には、さほど、影響は
無いのですが、完熟前に起きると破棄するしかありません。
>ゴーヤは、もう収穫してもいいと思いますよ。
はい…収穫しましたよ。
でも、家内は知らんふりです。
どうも、無視されそうですよ。
腰のかぶれ・・・
最初の頃は湿布薬は問題なかったのですが、
ある時期より「かぶれ」初め…その後は、間を置いても
ダメになりました。
よって、今ではクリームかローションタイプを利用してます。
何れにしろ、腰痛を早く完治させないと、園芸も出来ず
困ってます。。。どうも、歳には勝てずですね。


hiroさん
こんにちわー
昨日も暑い一日でしたね。
でも、昼過ぎより歯医者に通院したので、外での
園芸作業などは、全然、実施せずでした。
>お庭はほんとにツマグロヒョウモンの楽園のようですね。
そうなんですよ。
スミレを沢山、植えてるのも一因だと思います。
ですから、産卵⇒幼虫⇒蛹⇒羽化の観察で
楽しんでます。
が、もっと違った品種の蝶が訪問してくれないのかと
思ってます。
ツマグロヒョウモンは、スミレを丸裸にするので、我慢も
限界になりつつあります。
>巨峰は甘くて美味しければ良いですよ。
それは、そうなんですけど、差し上げる事が出来る房が
出来ずに困ってます。
何とか、差し上げる房が出来てくれないと・・・涙です。
どうも、近所の知人も(宮前平)、今年は、全然、色づきが
悪いと嘆いておられました(色づかない)。
故に、今季の収穫は絶望的になりそうです。
ゴーヤ・・・
>毎日食べるほど、美味しくないし・・・
そうなんですよ・・・
ですから、家内は料理する気にならないみたいです・・・coldsweats02
腰のかぶれ・・・
↑コメントの通りです・・・
最初の頃は湿布薬は問題なかったのですが、
ある時期より「かぶれ」初め…その後は、間を置いても
ダメになりました。
よって、今ではクリームかローションタイプを利用してます。
何れにしろ、腰痛を早く完治させないと、園芸も出来ず
困ってます。。。どうも、歳には勝てずですね。


野花さん
こんにちわー
>たくさんの成虫、幼虫にさなぎまで。。。
こんなに沢山訪問してくれる蝶は、ツマグロヒョウモンのみです。
もっと、他の品種も訪問してくれると助かるのですが・・・。
ですから、大事に栽培してるスミレは丸裸です。
最初の頃は、この薄気味悪い幼虫がツマグロヒョウモンとは
気付かず、処分してました。
途中で、ツマグロヒョウモンと気付いて、可哀想で処分出来ず、
それ以降は、お好きにどうぞ…で、沢山いるようになりました。
>オスとメスの模様や色が違うんですか~?
はい…違います。
♂は、↑写真の表翅の「黒白」の模様が殆どありません。
ですから、簡単に識別出来ます。
葡萄栽培・・・
>やはり果物、野菜は育てるのが難しいな~って思います。
はい…確かに難しいです(特に葡萄などは)。
でも、易しい物もあり…ですから、栽培する気にもなります。
他には、気候の影響も・・・
今季は、どうも、我が屋の葡萄栽培は絶望に近いかもしれません。
>腰のほう。。。お大事にしてくださいね。
有難うございます。
それなりに、完治してると思ったのですが、これが当て外れで
また、再発ですよ。
どうも、年齢的に、無理するとダメみたいです。


uke-enさん
こんばんわー
>「ブドウの不作気味」と「ツマグロヒョウモンとコガネムシの幼虫が
方策」…釣り合いがとれているのでしょうね。
いやー…とんでもありませんよ。
ツマグロヒョウモンや、コガネの幼虫は、ある面では害を及ぼしており、
葡萄の不作は、私の今までの手入れは何だったのか…と、涙が出そうですよ。
ですから、つり合いは全然、とれてませんよ。
>ツマグロヒョウモンも、なかなか羽化の瞬間に立ち会えませんね。
そう言われてみると、沢山の蛹が羽化しましたが、瞬間には、一度も
立ちあった事がありません。
多分、早朝や、誰も居ない雰囲気を感じて羽化してると思います。
でも、一度でいいから立ちあってみたいですね。


ヒロさん
こんばんわー
ヒロさんちも、ツマグロヒョウモンが一番多いですか。
我が屋と同じ様に、スミレなどが沢山生えてるからでしょうね。
蛹は、幼虫が居た場所の近くに居ると思いますよ。
是非、探して見付けて下さいよ。
瑠璃タテハのサナギ・・・
我が屋では、幼虫すら居ませんよ。
折角、蛹になったのですkら、是非、羽化も確認できると
いいですね・・・楽しみにしてます。
葡萄(巨峰)栽培・・・どうも、今季は不作みたいです。
現在、何とか収穫出来てるのは、よそ様に差し上げるような
物は無くて悲しい限りです。
天(気候)が私に試練んを与えたのではと思ってます。
ゴーヤ・・・
家も、殆どが小さくて、それなりの実になったのは、今回の
一個のみです。
どうも、実が付き過ぎてるのが原因みたいです。
腰痛などは、歳に比例しての発生ではと思い始めました。
とにかく、無理せずで進めますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/60372806

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい事有れば、悲しき事も・・・:

« サザンクロスと綿花…と、葡萄と無花果の収穫 | トップページ | 葡萄~収穫…そして、またも房茎枯れが・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック