« 葡萄(巨峰)の手入れと、アメイリカンチェリーとビワの食害 | トップページ | ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅 »

ユリ;LAハイブリッドとストケシ薄ピンクの開花

今日も昨日同様の陽射したっぷりの暑い一日になりました。
今日も花などへの水やりを実施しながら、日課の保育園通いの「おちびちゃん」達とハイタッチの挨拶を…。
今日は歯科医へ通院…今日で治療は終了、後、一回、口内ケアーの通院で歯科医は終了。
ここ最近の気候(晴れ)の影響なのか、腰痛(ふくらはぎ痛も)は改善傾向にあり、リハビリも通院せず…の始末。
一昨日はユリの一部と、ストケシアの薄ピンクが開花しました・・・
①ユリ;LAハアイブリッド~昨日は三輪でしたが、今日は五輪になりました。
2014_0616_113310cimg2310

が、同じ鉢に植えてる二品種は、未だ、咲く気配はありません…この内、一品種は消滅したかも。

更に、別鉢に植え付けてる三品種も開花は未だ先になりそうです。
②カサブランカ~3年前に3球根を植え付け、昨年までは全て発芽して開花しましたが、今季は2球根のみ発芽して蕾も付けてきました。。
2014_0615_073747cimg2274

・同じ鉢に②,③,④を植え付けており、②カサブランカだけがちゃんと生育してます。
2014_0615_073707cimg2271

蕾の付いてるカサブランカ2球根の内、1球根が地上部近くで茎が枯れてきました…何故枯れたかは不明です。
2014_0615_073828cimg2277

そして、③北海道ユリと④佐渡ユリは、ヒョロヒョロ株で葉っぱも枯れ始めてきており消滅寸前です。
2014_0615_073800cimg2275

そして、数日前より咲き始めてきたストケシア…最後の薄ピンクが昨日より咲き始めてきました。
・薄ピンク~
2014_0616_103847cimg2308
2014_0616_103839cimg2307

序に、既に開花してる三品種(色)も・・・
2014_0614_134528cimg2256

2014_0614_134553cimg2257

2014_0614_134642cimg2259

昨日より、何故か蝶が我が家の鉢畑に遊びにきてくれました。
・アゲア~とペンタスチャーミーウィンクの花びらに・・・
2014_0615_144627cimg2293

・サトキマダラ?~ユリLAハイブリッドの蕾に・・・
2014_0616_171319cimg2323

・ベニシジミ~ルドベキアタカオの葉っぱに・・・
2014_0616_172649cimg2326_2


« 葡萄(巨峰)の手入れと、アメイリカンチェリーとビワの食害 | トップページ | ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。

梅雨の晴れ間、日差しが嬉しいけれど少し蒸し暑くなってきましたね。
でも、体調が良くなっていくのはいいことですね。

ユリもいろんな種類をお持ちなんですね~。
咲く時期が少しづつずれると、楽しみが増えていいと思います。
ストケシアの可愛い花も増えてきて、華やかになってきましたね。
蝶々たちも誘われて集まって来たのでしょうね~♪happy01

最近の妙高は蒸し暑い日が続きますが、朝晩は比較的涼しくて気持ちよく眠れます。

kucchanさん家には色々なユリがあるんですね、
我が家にも少しありますが、そろそろ咲きだしそうです。
カサブランカは3年くらいで消滅してしまいましたweep
真っ白で大きな花がお気に入りだったんですが・・・
kucchanさんのカサブランカ楽しみにしています。

美しいストケシアは涼しげでいいですねheart04 

ささみさん
こんにちわー
蒸し暑さ…そうなんですよ・・・
最近では、腰痛(と、言うよりお尻の左側から左ふくらぎの痛さ)の
他に、右肩の痛みも(腰をかばいながらの脚立上での葡萄の手入れ)
出てきてうんざりの状態ですよ。
家のユリは、どれも、シーズン越しの物で、半分以上はダメみたいです。
鉢植えで、しかも、植え替えなしが影響したのではと思ってますが、
悲しい結末になりそうです。
ストケシアは、長年の栽培ですが消滅は全くなく、むしろ、増えてくれて
おり、ユリと比べて大変助かってます。
ルドベキア同様に頑強の花といえそうです。

雪ん子さん
こんにちわー
妙高の涼しさが、当地にも欲しいですよ。
で、ユリですが、家も僅かな数しか栽培してませんよ。
しかも、今季の調達はなし・・・
更に、シーズン越しでダメな物も・・・
で、花の期待は、そろそろ、諦めモードになりました。
とにかく、2~3年で、球根は分球して小さくなり、
踏んだり蹴ったりの状態です。
>カサブランカは3年くらいで消滅してしまいました・・・
えっ…3年で消滅ですかー・・・
本日、家のも確認しましたが、もしかしたら、今、蕾が
付いてるのは北海道ユリ根かもしれません。
だとすると、家のカサブランカも消滅かもsad

我が家でもユリが咲き始めましたが、こんなキレイなのでなく在
来種(だと思う。)の赤だけで、後はまだまだ先のようです。

アゲハは♀みたいですが、確かではありません。この時期の♀
(夏型)は春型よりずっと大型で翅の表裏とも美しく、うっかりす
るとキアゲハと間違いそうになります。

平野部ですからサトキマダラヒカゲだとは思いますが、大事なと
ころが欠けてるので、少し気になります。

uke-enさん
おはようございます。
今回に咲いたLAハアイブリッド…昨年は6/6開花ですから
相当、遅い開花となりました。
同じ鉢に植え付けてる0Tハイブリッドとイエローウィンは未だ
咲いておらず…0Tハイブリッドは消滅したみたいです。
今季の蝶の撮影は大スランプです。
近づくことが出来ない、ズームだとボケる・・・など、
クッキリした撮影が出来ずです。
故に、蝶の識別が難しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59826598

この記事へのトラックバック一覧です: ユリ;LAハイブリッドとストケシ薄ピンクの開花:

« 葡萄(巨峰)の手入れと、アメイリカンチェリーとビワの食害 | トップページ | ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック