« ユリ;LAハイブリッドとストケシ薄ピンクの開花 | トップページ | ルドベキア…と、こぼれ種ペチュニア »

ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅

今日は早朝より曇り…予報では9時より雨なので鉢花などへの水やりは省く事に。
予報より遅いが、11時頃よりポツポツと雨も降り出した事だし部屋に戻り休養。
てな訳で、今日は昨日の出来事を・・・。
花などへの水やり実施後に、脚立に上がり葡萄の手入れを実施してると、ママさんに連れられて通園中の「おちび」ちゃんが、
あれー…いないよ・・・と、私を探してる姿が・・・。
そこで、ここにいるよー…と、声をかけると・・・
なにをしてるのー…と・・・そこで、お仕事だよー…「おちび」ちゃんとの会話で元気を貰う私でした。

今日の葡萄の手入れ(巨峰・安芸クィーン・ピオーネ)は、摘果(摘粒)が目的でしたが、序に「込み入った葉や枝の切り取り」、
「生育不良」や「病害虫被害」の粒の切り取り、「袋掛け」も実施しました。
①摘果(摘粒)~1房の粒を35~40個目処に切り取りを実施。
・一応、理想の房・・・袋掛けの状態で撮影…上部に切り取り忘れの生育不良の小さな粒が2個、後日に切り取り予定。
2014_0617_144305cimg2338

・粒の大きさはまぁまぁだが、粒数が少なく「すかすか」房…これは生育過程観察で残してます。
2014_0617_145020cimg2339

・こちらは、今後、袋掛けを考えてる房(この様な房は未だ沢山あり)…袋を被せたいが我が屋の在庫切れで袋を調達するまで、このままにするしかない。
2014_0617_174219cimg2341

因みに、現在までの袋掛け数は131房となりました。

②病害虫被害~今回、被害の粒は切り取りを実施(程度が酷いのは房ごと切り取り)。
こんなに沢山の実の切り取りを実施。
2014_0616_152500cimg2321

今季は通年より被害が多く感じる…体調の事で、消毒時期が遅れたのが原因かも・・・。
2014_0616_140408cimg2319

左側の二粒が食害(チャノキイロアザミウマ?)で、右側の二粒が病気(黒とう病)です・・・。
・チャノキイロアザミウマ?~幼実に穴を開け内部で食い荒らし、実から出ると蜘蛛みたいに糸をだしてぶら下がる…正体は?。
・黒とう病~この「黒とう病」は、他の粒に移るので切り取りも最善といえそうです。

そして、三日前より咲き始めてきた「ヤマホロシ」…ナスの花に似ており愛らしい花です。
2014_0617_140052cimg2333

そして、悲しい出来ごと、楽しい出来事も・・・

・悲しい出来ごと~それはピンクバナナです。
数日前の「ピンクバナナ苞葉部折れ」事件?…その後、付いてた「実」が全て萎れて落ちてしまいました。
2014_0615_123655cimg2278

ピンクバナナの苞葉部が消滅すると、実に影響が出るとは驚きました。
因みに、消滅する前の「実」は、こんな状態でした(6/11時点)。

・楽しい出来ごと~それは、おちびちゃん達との遊び・・・
園芸作業を終わらせ、近所の公園に蝶探索に(徒歩5分)・・・
そこで、蝶を探してると、近所の保育園の「おちびちゃん」達が保育士さんに連れられて遊びに・・・。
突然、一人のちびちゃんが私の所に・・・ダンゴムシが居ると…私を、その場所に・・・。
すると、次々に残りのちびちゃん達が集まり、ワイワイ・ガヤガヤ・・・
結局、15分間ちかく遊び相手にされました…このまま居続けてもと退散をすることに…その際、我が屋前を通られる顔見知りのちびちゃんがハイタッチを…すると、次々とちびちゃんがハイタッチを(約10人)と、元気を貰いました。
更に、帰り際に保育士さんからも「有難うございました」の言葉に元気倍増に・・・。

そうそう、花の調達後、軒下で眠ってた花の植え付けも実施~何時までも放置しては可哀相だし・・・。
何せ、1ポットづつなので小鉢に植え付け・・・これで、元気を取り戻してくれるでしょう。
・サンドリーム;ダークバイカラー~
2014_0615_145314cimg2303

因みに、こちらは同じサンドリームのフォークレッド(昨年の挿し木)。
2014_0615_145038cimg2302

・ジニア~

2014_0617_150033cimg2340

« ユリ;LAハイブリッドとストケシ薄ピンクの開花 | トップページ | ルドベキア…と、こぼれ種ペチュニア »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。

わぁ~!こんなに切り取ってしまうのですかぁ?
あ、葡萄のお話です。
もったいないけど、しかたないのでしょうね。
大きくて甘~い葡萄になりますように。confident
そして・・・ピンクバナナの実、消滅してしまいましたか・・・。weep
でも次はきっと、上手くいくと思いますよ!
ヤマホロシ・・・。
実は私の実家にあるのですが、ず~っと名前が分からない花でした。
kucchanさんのおかげで、やっとスッキリしました!happy01
ありがとうございます♪

あら~!kucchanさんったら小さなファンにモテモテですね~。(笑)
底抜けの好奇心に、ちょっとタジタジだったでしょう~?
小さな子どもたちの明るい笑顔には、元気をもらえますよね!

kucchanさんは子供さんに人気があるのですね。
いつも優しく声かけをしたり、遊んであげて
いるからでしょうね。
きっとママさん達にも人気があると思いますよ。
安芸クィーン・ピオーネ、今はマスカットのような
色をしているのですね。
今でも食べたくなるくらい美味しそうに見えます。
ちゃんと袋かけをしていても病害虫被害が
あるのですね。こんなにたくさん勿体ないような
気がしますが処分するしかないですね。
ヤマホロシは我が家にもあったのですが、
昨年消滅してしまったようです。
ナスの花のかたまりのようで綺麗ですね。
ピンクバナナ、残念でしたね。
また新たに芽が出て、実がつくというようなことは
ないのでしょうか。
サンドリームは夏らしくて、見ているだけで元気に
なれますね。昨年の挿し木も立派ですね。
私も早く探してこなくては・・・

ささみさん
葡萄(巨峰など)・・・
>わぁ~!こんなに切り取ってしまうのですかぁ?
そうなんですよー・・・
素人栽培ですから、立派な房を収穫するには、まだ、
少ないかもしれません。
沢山の摘粒すると、粒が大きくなり、房もよくなります。
でも、粒の数が少ないと…てな事もあるし・・・。
>ピンクバナナの実、消滅してしまいましたか・・・
そうなんですよ・・・ビックリしました。
もう、今季は無理だと思いますので、来年に期待ですよdespair
ヤマホロシ・・・
名前がユニークですよね。
でも、花は名前を想像すると、えっ…てな感じですよね。
これから暫く、楽しませてくれます。
小さなオチビちゃん・・・
近所に保育園が出来て、毎日、通園のオチビちゃんと
挨拶ですよ。
とにかく、相手をしてると楽しくて・・・ありがたいですよ。


hiroさん
こんにちわー
オチビちゃん達・・・
近所に保育園が出来て、毎日、顔を合わせる事が多くて・・・
逢うと、つい、にこにこ顔で相手ですよ。
まぁ、暇な私だから・・・ですね。
安芸クィーンとピオーネは、まだ、植え付け後間もないので
特に、病気に弱く感じます。
故に、房の出来ばえも悪くて、今季の袋がけは、僅かで、
袋なしの栽培になりそうです。
何せ、素人栽培ですから、適正な時期での消毒などの
対応が取れてないので、雨が降れば発生頻度が高いですね。
そして、色づいてくると、熟した実をコガネ等が・・・
ネットで、完全に囲えばいいのですが…無理だし・・・
葡萄の栽培の面倒さをつくづく痛感してます。
ヤマホロシが消滅ですかー・・・
家も、3年位前に消滅寸前に…でも、復帰してくれて、今では
元気になりましたよ。
ピンクバナナは、一旦、実が付くと、その茎からは出てこないみたいです。
ですから、次は、別の茎に期待するしかありません。
サンドリームは挿し木で増やしまくりましたので、今季の後半から
来季が楽しみです。
刺し芽から増やせるので、大変、助かります。

おちびちゃんとの会話より、ママさんや女性保育士さんの方が気
になるkucchan さんでした。チャンチャン!^O^

ヤマホロシはナス科で、同科の花はどれもよく似ていますね。イヌ
ホウズキとかワルナス(オニナスビ)とか鬼がついたものも。(^^ゞ

こんにちは。
葡萄、すでに131房の袋掛けとは…豊作ですね♪

ピンクバナナはせっかく実を付けたのに悲しい事に・・・
苞葉部を失うと養分を送るのをやめてしまうのでしょうか・・・
見捨てられた実が哀れです。
でもこれをバネにいっそう逞しい木に成長してくれそうな気がします。

ナスの花に似たヤマホロシ、可憐です^^
ヒヨドリジョウゴにも似ていますね。

おちびちゃんたちに囲まれたkucchanさんの
好々爺(失礼^^;)ぶりが見えるようです。

uke-enさん
>ママさんや女性保育士さんの方が気になるkucchan さんでした。
ブー…大外れですよhappy01
uke-enさんはそうかもしれませんが、ワタシは「ちびちゃん」です。
ちびちゃんの考えもしない行動・言葉が…癒されますね。
昨日は、4歳の娘さんが朝の挨拶時に「最近、恥ずかしいのー」の
言葉が・・・ビックリですよ。
ヤマホロシの花は、道行く方がナスの花に似ており、
珍しいと喜ばれてますよ。

はづ希さん
おはようございます。
葡萄…今季は、房の付け具合(袋掛け)が少し多過ぎたかもと
思ってます。
房を付け過ぎると、色づきが遅くなったり味が悪くなったりと、
影響がでてきます。
ピンクバナナ・・・
>苞葉部を失うと養分を送るのをやめてしまうのでしょうか・・・
そうですよねー・・・そうですよ・・・養分が送れなくなったんですね。
今後は、この事に気をつけなくてはです。
ヤマホロシ・・・
>ヒヨドリジョウゴにも似ていますね。
初めて聞く名前ですdespair
後で、調べなくては・・・。
チビちゃん達には癒されますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59837163

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅:

« ユリ;LAハイブリッドとストケシ薄ピンクの開花 | トップページ | ルドベキア…と、こぼれ種ペチュニア »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック