« ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅 | トップページ | 小玉スイカ栽培(一番花の開花…と、今季初見の蝶) »

ルドベキア…と、こぼれ種ペチュニア

ここ三日間、腰痛が…正確には「左側の尻」と「尻から左足のふくらはぎに至る箇所」の痛みが…更には右肩の痛みも発生(葡萄の手入れの再、脚立作業時に腰痛を庇いながらの不自然な態勢での作業が影響したみたい)。
故に、長時間歩くのも辛くて…でも、今日は痛みも少し
和らぎ歩くのも楽になりました。

我が家の庭では鉢植えのルドベキア二品種が咲き揃ってきました。
2014_0619_072913cimg2348

両品種とも品名がわかりません…5~6年くらい前にどちらも植え付けたのですがタグが行方不明…再度、探さなくては。
他に、プレーリーサン?も有りましたが、今回の冬越しに失敗して枯れてしまいました。
花びらも、それぞれアップで・・・。
2014_0619_072951cimg2350

2014_0619_072941cimg2349

そして、こぼれ種で生えたペチュニアの花数も増えてきました。
2014_0619_071914cimg2347

この小鉢には、子苗が5~6本あり出来るだけ早く植え替えを実施する予定です。

こちらは、畑性のカラー(ピンク)です。
2014_0619_085202cimg2351

こちらも、5~6年前に植え付けた物で、経年とともに花数が増えてくれてます(今季は8個)。

こちらは、枝が折れてしまったプラムソルダムです。
2014_0619_071652cimg2345

多分、庭の果樹類の手入れ時の脚立の居同時に引っかけたみたいです…気を付けてますが、こういう事も有りです。

« ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅 | トップページ | 小玉スイカ栽培(一番花の開花…と、今季初見の蝶) »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
腰痛がまた悪化・・・ですか、整形外科系の痛みは
梅雨空だと余計ひどくなるような気がします、おだいじに。

ルドベキアは耐寒性がありますが、霜が降りたりすると枯れるのかな?
妙高では雪の下になるので、まず枯れることはありません。
全くの雑草扱いですcoldsweats01
あらあら・・・プラム折れちゃったんですね、まだ食べられそうもないのかな?
たまにはこういう事もありますよね、私は剪定できれいな花を切っちゃうことも・・・coldsweats01

雪ん子さん
おはようございます。
腰痛…梅雨空・・・そんな感じがします。
何せ、初めての経験なもので…このまま、持ち続けるように
なるのではと…参ってますよ。
ルドベキアは耐寒・耐暑性ですよね。
他の色は(品種)、ちゃんと発芽し咲いてますので、
コガネの幼虫もいなかったし、今回に消滅したのが不思議です。
>全くの雑草扱いです・・・
羨ましい限りです・・・。
プラムは、こんな事も有りますよね。
家も、咲いてる花や蕾を間違って切り取る事が多々ありますよ。

 もう・モウ・もう・!・♪、花盛り~
 実・み・ミ、ですもんね。

おはようございま~す。

 これはもう・どうしようもないですね:何?表現がおかしいって!
その通り、コメントもまとまらないっ。
 考えるだけでキーボードが凹まない。
結局はこんな文言に、困ったものです。
※しかし、その原因は?
当然、kucchanさんにあります♪、あまりにも見事な花壇と果物産地?に、あっけにとられて・・・!!

 ヒロはあまり「うるさい」ことを、申さないことに。
今日は投稿の日にしたいと思うのですが、これから出掛けて・・。
  それでは。

腰痛いかがですか~?

花を育てるだけでなく、果物、実のなる木々を育ててらっしゃるから、剪定したり、間引いたり、収穫するのも高い位置だったりして、腰に負担がありますよね。
あまり無理なさらないでのんびり作業してくださいね~
痛いときにはあまり歩かない方がいいかもしれませんね。
ぎっくり腰になったら大変だもの~

こぼれだねペチュニア、、、花がいっぱいで種からとは思えないし~
カラーも花がいっぱいでお手入れの良さ感じられます。

Kucchanさんの庭の花達は愛情いっぱいうけて育っていますね~

ヒロさん
こんばんわー
いやー…こちらの方がコメントに悩みますよhappy01
素人の家庭園芸ですから、栽培してる物は面倒見しなくてはと
頑張ってますよ。
専業農家なら、私くらいの腰痛等ならば、休む事など出来ない…と、
思いますよ。
ですから、少しでも良くなると園芸・園芸ですよ。


野花さん
こんばんわー
腰痛・・・
腰の痛みは全然ないのですが・・・
多分、腰の原因で、左の尻の痛みが…更に、
左足のふくらぎの痛みも・・・
これが、痛む日が有れば無い日も・・・
ここ三日間は痛みも無くて、以前の身体ですよ。
本当は、園芸は休養すべきだと思ってますが、
葡萄だけは手入れをしないとダメになるので、
ついつい、無理を承知で実施です。
家内は呆れ果ててますよ。
こぼれ種のペチュニアの開花は初めてです。
小さな株もあるので、早く、栽培鉢に植え替える予定です。

kucchanさん、おはようございます♪
梅雨時は腰痛が悪化するようですね。
どうかお大事になさってくださいね。
ルドベキアの花が沢山咲きましたね。
中心に茶色い模様の入るルドベキアは初めて見ました。
赤茶色のルドベキアはチェリーブランデーと
いう名前です。我が家では昨年処分品を100円で
購入しましたが、無事冬越ししてくれました。
まだ蕾ですが、もうすぐ咲きそうです。
カラーはお花がいっぱいで素晴らしいですね。
我が家では2年間だけ咲きましたが、2輪ぐらいしか
咲きませんでした。お手入れの良さが感じられます。
プラムソルダムは枝が折れ、残念でしたね。

hiroさん
おはようございます。
>梅雨時は腰痛が悪化するようですね。
やはり、そうですかー・・・
どうも、快晴だと少ないのですが、雨模様だと痛みが・・・
これが、持病にならなければ…と、思うこの頃ですよ。
>赤茶色のルドベキアはチェリーブランデーと・・・
そうでしたー・・・そうでした…思い出しましたよ。
早速、名札をつけることにしますよ。
で、消滅したのは、プレーリーサンでした…不明のタグが出てきましたよ。
このピンクのカラー(畑性)は放ったらかしですが、年の経過とともに、
花数が増えてくれてます(植え替えもせず)。
が、シロの湿地性は、年の経過とともに花数が減ってきました。
とにかく、不思議ですよ。
プラムソルダムと大石早生は、今季、実が付き過ぎたみたいで、
今にも折れそうな小枝が沢山あります。
強風でも吹けばポキリ間違いなしです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59842543

この記事へのトラックバック一覧です: ルドベキア…と、こぼれ種ペチュニア:

« ヤマホロシの開花…と、ピンクバナナの実の消滅 | トップページ | 小玉スイカ栽培(一番花の開花…と、今季初見の蝶) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック