« サクランボ高砂の収穫?…と、ストケシア薄紫の開花 | トップページ | ピンクバナナの悲しい出来ごと…と、小輪多花ダリヤ »

実生ビワとアメリカンチェリーのサンプル収穫…と、ストケシア淡黄の開花

昨日もビワ(茂木)を収穫(11個)…

2014_0609_170820cimg2184

サイズは色々だけど味は抜群で家族で分け会い口に。

併せて、実生ビワもサンプル収穫を実施(2個)。
2014_0610_095942cimg2186


で、家内と私で試食…味は×評価・・・収穫が早すぎたのか、それとも、本来の味なのか…次の収穫は、もう少し色付きが良くなってから実施することに。

同じく、なかなか色付かないサクランボアメリカンチェリーもサンプル収穫(1個)。
2014_0610_111535cimg2192


試食は家内が担当…で、結果は×…酸っぱさや甘さが無く(味なし)全然ダメと・・・。
やはり、収穫が早すぎたみたい…こちらも、もう少し色付くまで待つことに。

そして、今日は淡黄色のストケシアが咲いてきました。
2014_0610_125559cimg2200

が、先日に咲いた薄紫色のストケシア鉢で咲きました・・・うーんん。
2014_0610_125553cimg2199

で、じっくり観察すると、この鉢は「淡黄色」が本家で、薄紫が居候してると判明しました。
2014_0610_125823cimg2201

何故、こうなったかは定かでありません。

そうそう、今日はショッキングな出来事も・・・
鉢植え宿根草の友禅菊が、なんとなく元気が無いのを発見…
2014_0610_114109cimg2194


で、株元を観察すると土がふっくらと盛り上がってる。
2014_0610_114129cimg2195


そこで、茎を軽く引っ張ると、スッポリ抜ける始末・・・幼虫(コガネ)が居る事間違いなし…と、直ぐにオルトラン粒剤を散布しましたが、幼虫の存在の確立が高いので植え替えることに。
で、株全体をつかみ、引っ張ると根っこは殆ど食い荒らされており愕然・・・。

2014_0610_115050cimg2197


そこで、鉢土を掘り起こして確認すると15匹もコガネ幼虫が…これでは友禅菊も元気がないのが当たり前。
こちらが、植え替え後の様子です…これで、復帰してくれると思います。
2014_0610_121403cimg2198


そして、こちらは、先日に収穫した南高梅を「梅ジュース」に加工中の状況です。

2014_0609_172107cimg2185

一週間待てば美味しい梅ジュースが…待ち遠しい。

« サクランボ高砂の収穫?…と、ストケシア薄紫の開花 | トップページ | ピンクバナナの悲しい出来ごと…と、小輪多花ダリヤ »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

実生のビワは色づきが悪くて、見ただけでおいしそうじゃない
ですね。ビワの色は、やはり↑のようでないとね。

コガネの養殖は、お手のものですね。^O^
いくら土の地面がないとしても、鉢にそんなにいるとは考えら
れません。我が家では、鉢土で見たことがなく、花壇などでも
1箇所せいぜい2~3匹が最高ですよ。

あら~美味しそうな果物が続々?と収穫出来ていますね。
アメリカンチェリーは真っ赤にならないと甘くならない?ですね
でも、待つのもまた楽し!ですねhappy01

ストケシア、美しいですね~家は2年前くらいに
暑さで?枯れてしまいました・・・weep
コガネムシの幼虫には困ったものですね
友禅菊が無事に咲くといいですね~
梅ジュース、私も大好きです、ゴックン!coldsweats01

uke-enさん
実生ビワ・・・
>見ただけでおいしそうじゃないですね。
ハイ・確かに…収穫して愕然でしたよ。
防鳥対策で、スーパで調達したミカンの入った
オレンジ色のネットをビワの実に被せたもので、
このオレンジ色に騙されて収穫しました。
ミカンも美味しく見せる為に、赤系色を利用してると
再認識ですよ。
>コガネの養殖は、お手のものですね。^O^
ハイ・・・毎年の恒例出来事です。
捕獲した15匹の証拠写真は有りますが、
うす気味悪いので掲載しませんでしたよ。
とにかく、こちらの地域では、どこのお宅でも
コガネ幼虫は鉢内に潜んでますよ…。


雪ん子さん
おはようございます。
>あら~美味しそうな果物が続々?と収穫出来ていますね。
ハイ…果樹花の次は収穫が楽しみです。
でも、鉢植え主体で量が少ないのが残念です。
>アメリカンチェリーは真っ赤にならないと甘くならない?ですね
やはり、そうみたいですね。
葉っぱが生い茂っており陽射しも当たらないので・・・エイ…サンプル
収穫だ…と、意気込みましたがダメでした。
ただ、待って、どうなるかが…食害も心配だし・・・。
ストケシア…えっ、暑さで枯れたのですか・・・
家は、栽培して5年以上になりますが、全て生き延びて
ますよ。更に、子株もできて増えてます。
>コガネムシの幼虫には困ったものですね
ハイ…我が地域では、どこのお宅も被害に会ってます。
道行く方ともコガネ幼虫の会話が良くでまっすよ。
梅ジュースは初めて加工です。
量は少ないですが、どうなるのか楽しみです。


kucchanさん、おはようございます♪
枇杷やさくらんぼの実は色が濃くならないと
甘みが増さないようですね。
虫との競争になりますが、やはり時期を
待って、美味しい実を食べたいですね。

黄色いストケシアは初めて見ました。
ストケシアと言えばブルーや紫系の色だけと
思っていました。

我が家も春の花を処分したので
鉢やプランターの土を調べてみると、
けっこう大きくなった黄金虫の幼虫が何鉢かにいました。
ゼラニウムの鉢などにも卵をむので、
オルトランは我が家の必須アイテムになっています。
友禅菊、復活すると良いですね。
我が家にもあるので調べてみます。

南高梅の梅ジュースとは贅沢ですね。
氷砂糖もたっぷり。きっと美味しい梅ジュースが
出来上がることでしょう。

 おはようございま~す。

 この小粒のビワ:しかし味はピカイチ・でしょっ。
・アメリカン…!これはまた大きな粒で、ここまで大きくなるんですね、スゴイな~。

※しかし、また一言!
花(宿根草や、木を含め)だけでも、これだけありましたら…(汗)。
なのに、実物まででしょ、しかも実の加工まで!!
・まあなんと申しましょうか、疲れないのが不思議なんですから。
・!この南高梅、この色を利用して、小瓶等に数個入れられてホワイトリカーや白ワイン(こちらは度数が低いから短期間で?)漬けにしてみたらいかがでしょう。
・素敵なご伴侶様とのんびりと味わうのもまた・・♪
・…ジュース出来上がったら見せてくださ~い。

・サクランボ相変わりませず、すごいもので~!
多少の傷み実!これはしょうがないでしょう。
 虫には…、美味しい証拠ですし!
人間にも見るからに食い気をそそる~・・・ですもんね。
   ヒロでした。

スケトシアって、、、、
恥ずかしながら初めて知りました。
なかなか花びらがユニークで、素敵な花ですね。
多年草なのですね。
薄黄色もいいですが、薄藤色も、、、すてき!!
わたしも今度見つけたら、買って帰りたいなあ~って思いました。

友禅菊のコガネムシの幼虫。よく見つけましたね。
まだ早かったから、復活できそうですね。私も、、、
ラベンダーと、大好きな薔薇と、、、
この幼虫のせいだダメにしたことがありました。
困ったヤツです。

サクランボも、びわも、、、
もう少ししたら、いい頃になりますね。

hiroさん
こんばんわー
ビワやサクランボ…そうみたいです。
本来の熟した色にならないと、本来の味にならないみたいです。
ただ、実生ビワは、色付いても味が良いかはわかりません。
ですから、次回の収穫は完全に色付いた時点での収穫です。
>虫との競争になりますが、やはり時期を・・・
虫との競争は勝ち目がありません・・・。
とにかく、実に寄りつかないでと祈るのみですよ。
で、見付けたら、即、逮捕して獄門ですよ。
>黄色いストケシアは初めて見ました。
えっ…そうですかー・・・
家には、今咲いてる他に、咲いてない株が2鉢あります。
が、何色だったか忘れてしまました…。
ストケシアには白色も有りますが、調達してません。
>大きくなった黄金虫の幼虫が何鉢かにいました。
でしょう・・・本来ならば、この時期は幼虫が少ないはずなのですが、
既に、数鉢で見つけました。
発見が遅くなると、植物は枯れてしまい消滅ですから頭にきますよ。
>オルトランは我が家の必須アイテムになっています。
家も全く同様です…居そうな時は土の上にパラパラとまきますよ。
そうそう、友禅菊は、何故かコガネ幼虫がよくいますよ・・・3~4回くらい
発見しました。
梅ジュースは初めての作成です・・・。
上手く出来るとよいのですが・・・。


ヒロさん
今季のビワ(茂木)は、今までで最高に美味しい実に
なりました…何故かはわかりません。
来季も同様に成長してくれると助かりますよ。
サクランボは、やはり、難しいですね。
広い場所に植え付け、太陽の陽射しを一杯にすると
美味しいサクランボが出来るのではと思ってます。
ですから、我が家で美味しいサクランボは難しいかもしれません。
梅の利用・・・過去に梅酒を沢山作りました。
今も未だ残ってるので、梅ジュースか梅サワーを選びましたよ。
ヒロさんちのサクランボ…期待してますよ・・・。

野花さん
>スケトシアって、、、、初めて知りました。
えっ…そうなんですかー。
家は、5年位前に園芸店で出会い、そこに並んでた
白色を除き全ての色を調達しましたよ。
で、現在に至るまで、消滅はありません。
ですから、育てやすい品種だと思いますよ。
見付けられたら、是非、調達をお薦めします。
友禅菊のコガネムシの幼虫・・・
何故か、毎年、この花には出現します。
今回、土の乾き具合が悪いのと、一部の葉っぱの色が
悪いのを発見…で、もしやと思い発見です。
サクランボとビワ(実生)は、もう少し収穫までは
時間がかかりそうです。
虫に負けない様に待ちますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59793353

この記事へのトラックバック一覧です: 実生ビワとアメリカンチェリーのサンプル収穫…と、ストケシア淡黄の開花:

« サクランボ高砂の収穫?…と、ストケシア薄紫の開花 | トップページ | ピンクバナナの悲しい出来ごと…と、小輪多花ダリヤ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック