« オリヅルランに花が…と、多肉植物 | トップページ | ストケシア等の開花…と、南高梅の実 »

果樹栽培(結実編…柿など)…と、ビワの試食結果

今日は昨夜に塗った湿布薬(クリーム)の効果が現れ、痛みも以前より治まってきました。
そこで、気になってた葡萄の込み入ってた弦の切り取りを早起きして実施(家内に内緒で)…込み入った葉も減り、一応安心。

2014_0530_122736cimg2035

房も大きくなってきており(一部)、そろそろ最終の「房切り・房落とし」と「袋掛け」をしなくてはと・・・摘果も併せて。

2014_0530_122932cimg2036

そこで、昨年の実績を確認すると5月28日から開始しており私の予感はバッチリ…でも、腰痛の事もあり、実施は遅くなるかも・・・。

そして、今日は果樹栽培の結実編の続きを・・・何れも鉢植え。
①柿(ジャンボ甘柿)~①、②共に花芽が少なくて結実の可能性は少ない。

2014_0530_085629cimg2017

②富有柿~

2014_0530_143228cimg2038

③デコポン(不知火)~まぁまぁの花芽で、今後、どの位、結実してくれるか・・・。

2014_0530_085740cimg2018

④ミカン(温州)~柿同様に花芽が少なくて、最悪、結実は「0」てなことも・・・。

2014_0530_085827cimg2020

そして、昨日にサンプル収穫したビワ(茂木)・・・
収穫後に、家内に試食する?…家内曰く;どうせ不味いから遠慮する…で、テーブル上に置いたままに。
で、今朝、確認するとビワが消えてる・・・。
で、家族に誰かビワをしらないかと確認すると、家内が「ワタシが食べたよ」と…不味そうと言ってたのに何故食べたのかと・・・。
で、味の感想は・・・こんなに美味しいビワは初めてで、店で買った物より甘い…と、絶賛の言葉が。
更に、子供達に、今年のビワは最高に甘いと、自分が栽培してるみたいに言ってたのには驚くばかり。
ならばと、今日、私も超小粒のビワを収穫して口に…やはり、何時もより甘い…何故かはわからず。
と、今季のビワ栽培は好結果になりそうです。

更に、ビワと言えば「実生ビワ」も…始めて5個の結実で、実もそれなりのサイズに成長してますが、色付きは茂木に比べ、相当、遅れてます。

2014_0530_090127cimg2025

最後は、ピンクバナナの生育の経過観察も・・・
5月28日の苞葉7段目の開花に続いて、本日、8段目が開花してきました。
・左側が、本日の開花です。

2014_0530_090021cimg2024

・本日開花を正面より・・・

2014_0530_090005cimg2022

が、どうも、最近に開花した「花芽?」は、生育不良となり散ってしまう傾向にあります。
近日中に再度、整理することにします。

« オリヅルランに花が…と、多肉植物 | トップページ | ストケシア等の開花…と、南高梅の実 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

kucchanさん、おはようございます♪
腰の痛み、軽減されたようでよかったですね。
でも奥さまが言われるよう、あまり無理をしないでくださいね。

葡萄の房ずいぶん長いのですね。
これからも袋掛け等の作業があるそうですが、
収穫のことを考えると、ワクワクしてきますね。
我が家にも富有柿の渋柿がありますが、実はついても
ほとんど落ちでしまいます。
デコポンやミカン、小さいながらももう実がついて
いるのですね。沢山結実してくれると良いですね。
そして枇杷・・・
甘くて美味しい枇杷が出来て良かったですね。
お店で買うとけっこうなお値段がしますよ。
実生ビワは実がなるまで相当な年月がかかったでしょうね。
何年ぐらいかかりましたか?
ピンクバナナもこれからが楽しみですね。

hiroさん
こんにちわー
今日は今季一番の暑さですね(多分、そちらも・・・)。
ですから、外の作業は程々にして部屋でゴロゴロですよ。
>腰の痛み、軽減されたようでよかったですね。
軽減したみたいですが、本当に良くなったのかはわかりません。
とにかく、起床時の腰の痛みと、これに伴う足の痛みで・・・
結局は、湿布薬を塗り、傷め止め薬を飲んで対応中です。
ただ、傷め止め薬は3回/1日を一回で済んでますので
少しは安心してます。
とにかく、痛みの根本を治さなくては…です。
葡萄・・・
>袋掛け等の作業があるそうですが・・・
そうなんです…これからも重要な作業があるのですが・・・。
これをさぼると、立派な(それなりの)葡萄ができません。
柿は、「実はついてもほとんど落ちでしまいます」…全く、同様です。
ですから、最終的には実が無くなるかも…と、心配してます。
デコポンやミカンも、柿同様に「実はついてもほとんど落ちでしまいます」。
てな訳で、こちらも、最終の結実数は不明ですよ。
>実生ビワは・・・何年ぐらいかかりましたか?
確か、桃栗三年・柿八年・ビワ九年」てな言葉がありますよね。
で、家は昨年が8~9年目で、今年で9~10年目だと思います。
とにかく、実が付くまでは長い年数が必要なので、
できるなら、接ぎ木が早くて最善ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59731022

この記事へのトラックバック一覧です: 果樹栽培(結実編…柿など)…と、ビワの試食結果:

« オリヅルランに花が…と、多肉植物 | トップページ | ストケシア等の開花…と、南高梅の実 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック