« バラ安曇野の開花…と、果樹栽培(果実編;プラム) | トップページ | 葡萄の手入れ(誘引・房切り・)…と、果樹栽培(果実編;黄金桃) »

耐寒性ピンクバナナの蕾?…そして、こぼれ種サルビアコクネシア

昨日の午前中は小雨…午後は薄日も出て過ごしやすい一日になりました。
が、口内炎(舌の先)が出来、食べる・しゃべるが苦痛で・苦痛で・・・。
薬局店で「飲み薬=トラフル錠」「塗り薬=トラフルタッチ」を購入・・・お陰で本日は少しだが快方に・・・。
で、昨日の新たな発見のピンクバナナとサルビアコクネシアなどを・・・
①耐寒性ピンクバナナ~冬季は屋外無加温ビニールハウスで管理…で、現在はビニールカバーを取り外し栽培中。

因みに、4月28日の生育状況も・・・

・昨年発芽二茎(一昨年発芽親茎は消滅)と今季発芽の4茎が混在・・・背丈の高い2本が昨年発芽です。

2014_0515_153035cimg1719

・この昨年発芽の内、左側に蕾らしき物が(葉っぱはなし)…右側は立派な葉っぱが・・・。
で、この先端が赤いのは蕾なのか…我が家で栽培後、初めての出来ごとなのでわからず、このまま観察しなくては。

2014_0515_104635cimg1702

②サルビア・コクネシア~昨年にこぼれ種で生え咲いたコクネシア…冬季、軒下で管理…茎の上部は枯れたが、土際部が生き残り新芽も出て、咲き始めてきました。

2014_0515_105028cimg1711

/

2014_0515_104941cimg1709

更に、同鉢内に同様にこぼれ種で生えてきており(昨年に管理してた場所の地上にも)、もう少し大きくなったら栽培鉢に植え替える予定。


③カラー(湿地性)~昨年は開花せず家内より廃棄指令…勿体無いで私が小鉢に植え替えて庭隅に隠して栽培(二鉢)。
この内、一鉢が咲いてきました・・・残りの一鉢は近所の方に無理やりに?引き取ってもらいました。

2014_0515_105307cimg1717

カラー…そーいえば、畑性(ピンク花)も・・・何処に置いたか?…早く探して確認しなくては・・・。

で、果樹栽培果実編;桃…を掲載予定だったが、これは、次回の掲載に延期・・・。

« バラ安曇野の開花…と、果樹栽培(果実編;プラム) | トップページ | 葡萄の手入れ(誘引・房切り・)…と、果樹栽培(果実編;黄金桃) »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

口内炎とは・・・お辛いですね。
もしかしてお疲れがたまっているのではありませんか?
ガーデニングにはいい季節ですが、あまり頑張り過ぎないように
された方がいいかもしれません。
ビタミン不足の解消に野菜ジュースもいいかも・・・です。

ピンクバナナ・・・どうなっちゃうんでしょうね~?
赤いのは蕾に見えますけど・・・。eye
楽しみです。happy01
サルビア・コクネシアも可愛い色のお花ですね。
増えてくれるといいですね~。

kucchanさん、こんにちは~♪
口内炎は辛いですね。
私も疲れたり体調が悪くなると
口内炎とは違いますが、すぐに歯茎がはれます。
無理をなさらないで、お大事になさってくださいね。

バナナ、大きくなりましたね。
もしかしたら今年は実がなるかもですね。
サルビア・コクネシアはこの色が一番可愛いですね。
我が家でもコボレダネで咲くことがありますが、
もっと先になりそうです。
カラー、捨てなくて良かったですね。
我が家でも昨年咲かなかったカラーを4月中ごろ
植え替えたのですが、蕾が2つつきました。

私も、在職中はよく口内炎になりました。原因はストレスじゃ
ないかと思ってましたが、家内からはビタミン不足だと言わ
れてました。
退職後はほとんどなりませんが、ストレスもずい分軽減され
たし、食事の時刻も一定になって、三度三度おいしくいただ
いているのが原因なのでしょうか。

それからすると、kucchan さんのストレスと言えば・・・ピンク
バナナが折れたことくらいしか思い浮かびませんよ。(v^ー゜)

ささみさん
こんばんわー
口内炎…どうも、私の持病みたいな物です。
会社勤め時代より、疲れがでると出来てましたよ。
この口の中の痛み…とにかく、辛いです。
>ビタミン不足の解消に野菜ジュースもいいかも・・・です。
ビタミンB2、B6の錠剤と野菜入りのアミールを飲んでますよ。
アミールは高血圧対策で・・・これが、結構、有効みたいですよ。
>ピンクバナナ・・・どうなっちゃうんでしょうね~?
どうも、赤いのは蕾みたいです。
本日、確認したら、中から「花びら」みたいのが出てきてました。
暫く、注意深く観察しますよ。
サルビアコクネシア・・・
駐車場にも沢山生えており、多分、増えまくりですよ。
トレニアの葉にも似てるのでトレニアかも知れませんが・・・
楽しみです。

hiroさん
こんばんわー
そうなんです…口内炎…この辛さには参ります。
が、持病みたいな物でなれっこになってます。
が、いざ、出来ると大騒ぎです。
ビタミン剤を飲んだり、薬を飲んだり、薬を貼ったり…ですよ。
hiroさんは歯茎にですかー・・・
これも、大変ですね。
お互いに、無理せずですね。
ピンクバナナ・・・
>もしかしたら今年は実がなるかもですね。
そうそう、花が咲き、実が付く…のではと期待してます。
今後は、注意深く観察ですよ。
>サルビア・コクネシアはこの色が一番可愛いですね。
そうなんですよ。。。ですから、この色が生えて大喜びです。
小さな苗を集めて栽培鉢に植え替え予定です。
>カラー、捨てなくて良かったですね。
でも、蕾は一つです。
これでは、家内が納得せずで、下手をしたら処分指令が出るかもです。
どうも、鉢植えは植え替えが必要みたいですね・・・反省。

uke-enさん
口内炎は、私も、疲労・ストレス・ビタミン不足だと
考えてましたよ。
で、退職後は発生頻度が大幅に少なくなりました。
が、忘れたころに発生してきます。
ですから、痛みも酷く感じ薬も常備してますよhappy01
確かに、ピンク バナナが折れたのはショックでしたが・・・
更に、姫国光の枯れ?も影響があるかもしれませんね。
ただ、しゃべる事も辛くて・・・困ってますよ。

こんばんわ~night
ヘエ~こんなバナナがあるんですねぇ、耐寒性といっても妙高では無理でしょうね。
サルビアコクシネア、「ロココ・ガーデン」にも赤、シロ、ピンクと3種あったんですが・・・
今年もこぼれ種で出てきてくれると嬉しいのだけど・・・。
カラー、そちらなら楽々越冬するんでしょうね、我が家にも黄色と白があったんですが・・・
いずれも2、3年で消えてしまいましたcoldsweats01

雪ん子さん
こんばんわー
ピンクバナナは、3年前に近所の若いお嬢さんより
頂いたもので、私も、その時に初めて知りました。
で、このピンクバナナの耐寒は-3℃らしいです。
ですから、雪ん子さん地域で栽培されるならば、
冬期は室内で管理されれば可能ではと思います。
昨日から今日にかけて、変化がありましたよ。
花芽らしき物が出てきましたよ。
サルビアコクシネア…我が家では、この色が
鉢内や駐車場の路地に沢山生えてきましたよ。
もう少し、大きくなったら専用鉢に植え替えをする予定です。
カラーは、家にも湿地性(白)と畑性(ピンク)の二種類が
あります。
どちらも、屋外での栽培ができますが、蕾の数が
少なくて、残念です。

 今晩は~

 その苦痛:よくわかります!
私もその昔、本当に見事なくらいしょっちゅうでしたから。
しかし今は?何故でしょうもう10年?以上無し。

 ピンクバナナ!もしかして・私の記憶によれば、近所のお嬢様から頂いた・・?
  それにしてもなんでしょう・もの凄い大きさ!
開いたら見事なものでしょうね♪。

※ピンク花(カラー):どこに置いたか!!
多すぎて…、うれしい悲鳴・ですね(笑)。

・ソルダム:すご~いそれぞれの果物たち、着々と準備中♪
       これからが楽しみですね~。

ヒロさん
サラリーマン時代は私の口内炎は有名でしたよ。
で、毎日、栄養ドリンク剤(ビタミン補給)も飲んでましたよ。
定年退職後は、ピタッと発生しなくなりましたが、
最近になり、また、再発ですよ…と、言っても頻度は少ないですが。
ピンクバナナ・・・
はい、その通りです…近所のお嬢さんからの惟頂き物です。
で、昨日に、たまたま、そのお嬢さんに会って、現在の生育状況を
説明したら、近日中に見に来る…と、言われてましたよ。
この先、どうなるのか、楽しみで継続観察ですよhappy01
>ピンク花(カラー):どこに置いたか!!
見つけましたよ・・・
駐車場に置いてるブルーベリ鉢の奥側に隠れてましたよ。
引っ張り出して観察…ちゃんと発芽してました。
で、今は、日当たりの良い場所に移動して管理してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59650807

この記事へのトラックバック一覧です: 耐寒性ピンクバナナの蕾?…そして、こぼれ種サルビアコクネシア:

« バラ安曇野の開花…と、果樹栽培(果実編;プラム) | トップページ | 葡萄の手入れ(誘引・房切り・)…と、果樹栽培(果実編;黄金桃) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック