« 耐寒性ピンクバナナの蕾?…そして、こぼれ種サルビアコクネシア | トップページ | ピンクバナナに新たな出会い…と、サンドリームの開花 »

葡萄の手入れ(誘引・房切り・)…と、果樹栽培(果実編;黄金桃)

昨日の午前中は、葡萄の手入れを実施・・・巨峰、ピオーネ、安芸クィーン。
先ずは、「雨上がり」と「無風」な事もあり【消毒作業】を実施。
消毒剤;トップジンM1000倍希釈…更に殺虫目的も兼ねてスミチオン1000倍希釈。
続いて、新弦もどんどん延び大きくなってきてるので【弦の誘引】と【葉っぱの込み入った個所の切り取り】の実施。

2014_0516_091611cimg1730

更に、本命の【房切り&摘房(房落とし)】作業も実施…この作業は2/3終了で、残りは本日に継続実施予定。
①房切り~房の先端の粒をcutし、更に、付け根箇所より約2/3の部分の粒の切り取り。
・房切り前~

2014_0516_104937cimg1742

・房切り後~

2014_0516_105029cimg1743

・房切り前~

2014_0516_110003cimg1744

・房切り後~ちょっと、右側の房は切り取りが少ないかも。

2014_0516_110112cimg1746

②摘房(房落とし)~今季の新梢(弦)に付いた房は、可能な限り「1房」になるように房を切り取り・・・今回は撮影せず。
今回、切り取った房です・・・。

2014_0516_145138cimg1750

因みに、昨年は5月15日と19日に 房切り&房落としを実施…その時の様子。

そして、果樹栽培(果実編;黄金桃)を・・・
只今、こんな感じで生育してます。

2014_0515_104752cimg1706

2014_0515_104856cimg1708

現在、十数個の実が付いていますが、鉢植えなので結実数が多すぎ、近日中に摘果と同時に袋掛けを実施する予定。

そして、今回の花は昨年に近所の方より小枝を頂き挿し木したモミジバゼラニューム・・・今では、こんな姿に・・・。

2014_0515_105134cimg1713

2014_0515_105145cimg1714

2014_0515_105152cimg1715

蕾も沢山でており、ボリュームたっぷりの姿になりそうです。

« 耐寒性ピンクバナナの蕾?…そして、こぼれ種サルビアコクネシア | トップページ | ピンクバナナに新たな出会い…と、サンドリームの開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

えっ!これがゼラニウム?という感じですね。葉っぱは確かに
ゼラニウムですが、花だけ見てると全然別物、花は似ているの
だろうと思い込んでいましたから、kucchan さんお得意?の早
合点かと・・・m(._.)m

摘房、摘果の度合いは、これまでのことを思うと、kucchan さん
が切り過ぎ、取り過ぎとお考えになる程度が適正かと。(^-^)v

uke-enさん
この花は近所のおばぁちゃんから小枝を頂き
挿し木したものです。
何せ、この花が珍しくて…しかも、一年中咲き続けてるし…
で、おばぁちゃんに綺麗な花ですねと、声をかけたら、
枝をポキッと折られて入手…てな経緯の花です。
で、名前は、数日前に園芸」店で、同じ花が出ており、
そこに書かれてたタグでわかりました。
間違いなく、ゼラニュームだと思います…でも、早合点かも。
葡萄の「房切り&摘房」は、大粒の実を得る為には、必要ですね。
まぁ、もう少しすれば、摘粒作業をしますので、この時に
更に、粒の切り取りが出ると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59655936

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ(誘引・房切り・)…と、果樹栽培(果実編;黄金桃):

« 耐寒性ピンクバナナの蕾?…そして、こぼれ種サルビアコクネシア | トップページ | ピンクバナナに新たな出会い…と、サンドリームの開花 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック