« ヒメヒオウギ…と、シラーペルビアナ | トップページ | 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花 »

バラ(挿し木)の開花…と、葡萄の手入れ(事前作業)

昨日27℃…今日は、24℃と夏日を思わせる気温で身体が追いついて行けず…外での庭作業の実施は僅か・・・。
そんな中、昨日は野生バラ(ノイバラ?)が咲き始めてきました…近所の方より小枝を頂き挿し木したもの。

2014_0503_103200cimg1398

2014_0503_103224cimg1400

バラと言えば、これも近所の方より頂き挿し木した物(ピンク)も咲き始めてきました。

2014_0504_112454cimg1422

2014_0504_112441cimg1421

序でに、数日前より咲いてる挿し木のバラも(オールドローズ?)・・・。

2014_0504_133501cimg1433

そして、昨日は葡萄の手入れも実施・・・。
先程の雨の影響もあり?、急に弦も延び始めてきたので、取り敢えず棚の一部の延長を実施。

2014_0503_154433cimg1416

棚を延長したい箇所・・・
・前~

2014_0503_130600cimg1408

・後~HCで細黒竹を調達し、既存棚を利用しての棚の延長・・・この箇所の他に二か所を実施。

2014_0503_142614cimg1413

既に、新弦や房も大きくなっており、出来るだけ早く「新弦の誘引」と「房切り」作業を実施しなくては。

2014_0503_142054cimg1410

そして、今日のオマケは「羽衣ジャスミン」「自生クレマチス」「シラーペルビアナ」です。
・羽衣ジャスミン

2014_0504_112922cimg1429

・自生クレマチス

2014_0504_134232cimg1441

・シラーペルビアナ

2014_0504_134112cimg1438

« ヒメヒオウギ…と、シラーペルビアナ | トップページ | 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

kucchanさん、こんばんは~♪
5月はバラの季節ですね。
白いノイバラは初めて見ました。
もっと小さい花かと思っていましたが、
けっこう大きいのですね。
ピンクのバラ、それぞれ可愛いですね。
植えのピンクは優しそうで、下のピンクは
清々しい印象ですね。
ブドウを栽培するのは大変なのですね。
こういう仕事は女の人ではできませんね。
我が家は諦めて、kucchanさんの
ブログで楽しませていただきます。
羽衣ジャスミン、見事ですね。
我が家は昨年に比べお花が少ないです。
クレマチやシラーベルビアナも沢山咲いて
とても綺麗ですね。


  沓ちゃんサン..おはようございます。 初めてお邪魔します。
当方も、九州で趣味レベルの果樹栽培(葡萄・梨・柑橘類)を楽しんでおります。
 貴殿のブログを参考にさせて頂いておりますが、幾つかお尋ねしたい点が有るのです。    それは、葡萄3種に石灰硫黄合剤を使用されないのか? 又、20年選手の巨峰は主幹の太さがどの位の物なのか?
 不躾にもイキナリの質問で恐縮ですが、是非お教え戴きたいと存じます。
  何卒宜しくお願い致します。

hiroさん
こんばんわー
白いバラ…近所の方より小枝を頂き挿し木で
栽培してるので、名前は全然わからずです。
>もっと小さい花かと思っていましたが・・・
そうなんですよ・・・
で、ネットで調べたのですがわかりません・・・。
花サイズは約5cm有るし、もしかしたら、
ナニワノイバラ(浪花野茨)ではないかと・・・
でも、よくわかりません。
ピンクのバラも小枝を頂き、挿し木した物で
名前はわかりませんdespair
羽衣ジャスミンは、どうも、隔年開花かもしれませんね。
家も昨年は花数が少なくて、今季が花数多いですよ。
ですから、来年はhiroさんちがボリュームたっぷりの
羽衣になりそうですね。

ウメっっち さん
こんばんわー・・・
こちらこそ、宜しくお願いします。
>当方も、九州で趣味レベルの果樹栽培・・・
私も定年退職後(8年前)より、趣味で始めました。
よって、ド素人の栽培者ですよ。
>葡萄3種に石灰硫黄合剤を使用されないのか? 
石灰硫黄合剤…恥ずかしいのですが、使用した事がありません。
と、言うよりは知りませんでした。
で、家は発芽直前にトップジンM溶液を200倍希釈(水)で散布してます。
5月に同溶液1000倍をマラソン1000倍もと一緒に散布するだけです。
>20年選手の巨峰は主幹の太さがどの位の物なのか?
いま、測定しました…約7cmですよ・・・。
とにかく、葡萄は手入れが肝心ですね。
手を抜くと、すぐに症状が出てきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59580852

この記事へのトラックバック一覧です: バラ(挿し木)の開花…と、葡萄の手入れ(事前作業):

« ヒメヒオウギ…と、シラーペルビアナ | トップページ | 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック