« 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花 | トップページ | パンダスミレ…と、パプリカの植え付け »

クレマチス…と、葡萄の消毒

今日は陽射しもなく、最高気温も17℃くらいの寒い一日でした。
で、今日も家内は家事を犠牲にして庭作業に邁進…自分がやらねば誰がやる…です。
当然、私も草取りや花がら摘みを実施…でも、中座が多く作業の進捗は遅くブツブツ言われる始末。
で、今日はクレマチスを・・・。
先ずは庭の通路沿いに自生してる名前不明品種~蕾の一部を除いて殆どが開花し、今が一番の見頃。
①品種不明~花サイズを測定したら一番大きいので15cm・・・レッドパールかも。

2014_0506_102608cimg1469

次は、東南道路側で管理してる二品種・・・。
当場所は、徒長著しいパンジーやビオラなどの冬花がメイン…家内が細い園芸支柱を曲げて花の転倒処置をしてるが、そろそろ限界に近そう(処分間近か)。

2014_0506_105525cimg1482

で、本題のクレマチス…冬季の剪定ミス(剪定方法がわからず)で、新弦(茎)は上側のみで見映えが最悪に・・・。
でも、上部には蕾も沢山出ており、開花を待つだけです。

②キリテカナワ~右側・・・
2014_0506_105212cimg1480

上部の状態・・・

2014_0506_104536cimg1470

・蕾の状態・・・

2014_0506_140506cimg1485

③マダムジュリアコレボン~左側
2014_0506_105052cimg1474

・上部の状態・・・

2014_0506_105108cimg1476

・蕾の状態・・・

2014_0506_104646cimg1473

てな訳で、今後はもっと株元で剪定をすることにします。

そして、今日の夕方は葡萄の消毒を実施…(トップジンM1000倍希釈)+(オルトラン250倍希釈)。
これで、今季の消毒は一応終了としました。

« 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花 | トップページ | パンダスミレ…と、パプリカの植え付け »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

kucchanさん、おはようございます♪
花がら摘みは中腰になるので疲れますよね。
私も今その仕事が一番大変だと思っています。
大輪のクレマチスが綺麗ですね。
我が家も20年前頃は梅の木(今はありません)に
這わせ、とても綺麗だったのですが、
今ではほんの少ししか咲きません。
キリテカナワは蕾が沢山で開花が楽しみですね。
初めて聞く名前なので、どんなお花が咲くのか楽しみにしています。
葡萄が実るまでは消毒などいろいろな作業があるのですね。
それだけに実った時の喜びは大きいのでしょうね。
我が家は庭でミカンを二度枯らしましたが、
原因は幹に入ったカミキリの幼虫でした。
消毒は一度もしませんでしたが、ちゃんと世話をすれば
もっと長生きしたかもしれません。

こんにちわ~少しご無沙汰しました。
キリ・テ・カナワはスゴイボリューム感のある花ですよね?
たくさんの蕾で咲いたらさぞかしゴージャスでしょうね。
マダム・ジュリア・コレボンは「ロココ・ガーデン」にも有ります
新枝咲きなので、私は冬前に地際10㎝くらいまで切りつめていますよ。
蕾がやっと見えてきたばかりですので、kucchanさんのを先に楽しませて下さいね。

hiroさん
おはようございます。
花がら摘み…そうなんせすよ・・・
中腰スタイルは腰に負担がかかるし疲れも増します。
ですから、疲労が増すと、しゃがんで・・・
更には折りたたみ椅子を利用ですよhappy01
家も15年前くらいに花壇に植え、フェンスに絡ませてました。
が、面倒見が悪かったのか、10年くらい前に消滅しました。
その消滅した翌年に、今、咲いてる場所に自生したので、
何らかの因果関係が有ると思ってます。
キリテカナワは、濃い紫色の八重です。
先程、庭を巡回…僅かですが咲き始めており
全開が待ち遠しいですよ。
>我が家は庭でミカンを二度枯らしました・・・
えっ…カミキリムシがミカンに・・・
カミキリムシは無花果で良く見かけます。
その気配が有ると、すぐに捜索して駆除してます…
該当場所の幹の切り取りもしますよ。
そえにしても、固いミカンの木とは驚きました。

雪ん子さん
おはようございます。
>キリ・テ・カナワはスゴイボリューム感のある花ですよね?
そうなんです・・・
ですから、花びらが重みで逆さになりそうですねhappy01
マダム・ジュリア・コレボン…こちらは、キリテカナワとは違い
小さな軽量感の花びらですよね。
>新枝咲きなので、私は冬前に地際10㎝くらいまで切りつめていますよ・・・
そーかー・・・地際10㎝くらいまで切りつめですかー
庭に自生したクレマチスは通行の邪魔になるので、
地際10㎝くらいで切りつめてます。
来季は、この両品種共に地際10㎝くらいで切りつめます。
これで、株姿の見映えもバッチリ改善できますね・・・happy01
参考になりました…有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59596217

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチス…と、葡萄の消毒:

« 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花 | トップページ | パンダスミレ…と、パプリカの植え付け »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック