« バラ(挿し木)の開花…と、葡萄の手入れ(事前作業) | トップページ | クレマチス…と、葡萄の消毒 »

葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花

今日は、ここ二日と違って陽射しも無く時々小雨がぱらつく等、20℃くらいの肌寒く感じる一日でした。
この気候で家内は、家事を犠牲にして冬花などの手入れを実施すると同時に徒長の著しいパンジーなど6鉢の処理を実施。
私は、延び延びにしてた葡萄(巨峰)の「込み入ってる新弦の切り取り」と「誘引作業(一部の房切りも)」を実施しました。
・上記作業実施前~

2014_0503_154433cimg1416

・上記作業実施後~写真では「込み入ってる新弦の切り取り」作業が分かりにくいが、私の目ではバッチリ・・・。

2014_0505_150235cimg1462

特に、誘引作業では無理に新弦を誘引すると、発芽根元でポキリと折れるし注意が必要で半日がかりの作業でした。
これで、風が吹いても新弦の根元で折れる事も無く、栄養の集中化も図れるし先ずは一安心である。
こちらは、込み入ってる新弦の切り取りで発生した房です。

2014_0505_150052cimg1461

でも、「ピオーネ」や「安芸クィーン」の誘引も残ってるし…と、言っても植え付け後5年で弦は小さいので楽ですが、巨峰の次の「房落とし」や「房切り」も控えてるし…葡萄は面倒見が大変です。

そして、庭では小さな花達が咲き始めてきました。
①初雪かずら~冬季は無加温ビニールハウスで管理…旧葉は枯れたので切り取り・・・。

2014_0505_110603cimg1456

2014_0505_110611cimg1457

②チェリーセージー~冬季も屋外管理

2014_0505_110317cimg1453

2014_0505_110330cimg1454

③オキザリス紫の舞~冬季は屋外軒下管理…旧葉は枯れ、現在は新芽も出て花が咲き始めてきました。

2014_0504_112547cimg1424

2014_0504_112523cimg1423

« バラ(挿し木)の開花…と、葡萄の手入れ(事前作業) | トップページ | クレマチス…と、葡萄の消毒 »

オキザリス」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ブドウの誘引は大変な作業なのでしょうね。高いところですから、脚立に
乗り、上を向いたままの作業、首や肩、腕も痛くなりそうですね。脚立の
昇降が邪魔くさいからと広い範囲をカバーしようとすると不安定だし、い
い加減イヤになりませんか。
当方、鉢植えのクレマチスの誘引さえ手抜きして、花の咲く今頃になって
もう少し誘引しておけばよかったと後悔していますが、時既に遅しです。
それを考えると、頭が下がりますね。
でも、収穫や開花の際の喜びがその分大きいのではないかと拝察して
います。
落ちたりコケたりされないよう、くれぐれもお気をつけくださいね。


 おはようございます。 ウメっっちでございます。

早速のご回答、ありがとうございました。happy01 因みに私が防除で使っている薬剤を挙げますと・・【石灰硫黄合剤,ICボルドー66D,ジマンダイセン】・・といったところです。
 廉価で耐性菌の心配があまり要らない物を使用しております。

 又質問させて頂くこともあろうかと思いますが、ご返事は気が向いたらで結構ですのでどうぞよろしくおねがいします。

kucchanさん、おはようございます♪
昨日は肌寒いすらいでしたが、ガーデニングには
よい一日でしたね。
新弦の切り取りや誘引はとても大変そうですね。
位置が高いので首や肩が痛くなったりはしませんでしたか?
このような作業をきちんとされるので良い実がなるのでしょうね。
ハツユキカズラもチェリーセージも我が家では
外で管理しています。
ハツユキカズラに花が咲くことは初めて知りました。
チェリーセージは庭植えですが、冬にほとんど刈り込んだので
やっと新芽が伸びてきたところです。
紫の舞もやっと芽が出始めたところ・・・
kucchanさんの方が何でも成長が早いようです。

おはようございます。

葡萄の誘因などのお世話は、大変な作業なのでしょうね。
暑い中の作業は熱中症になるので、あまり無理をなさらないで
下さいね。
初雪カズラ、ウチも咲き始めました。
株が古くなってラティス一杯に茂っていあるので、なかなか
壮観な眺めですよ。
紫の舞、綺麗に葉っぱが茂って可愛いお花が咲きましたね~♪
ウチも咲いていますが、今季ちょっと面白い発見(?)があったので
近々にブログにアップしますね。smile

ぶどうって、、、
なかなか大変そうです。まず第一に棚がいるってのが、すごく難しそうで。。。。
それだけ場所もないとできませんよね。
kucchanさんとこは、花もいっぱいあるのに、果物も多いのでびっくり。ただの趣味のお花好き~とは違って、お花好きの立派な果樹園農家ってかんじでしょうか~。。。。

ぶどうの枝の剪定前後ではやっぱり空の見える範囲が全然違いますね。風通しも良くお日様も当って、立派なぶどうが成りそうですネ。

uke-enさん
葡萄の手入れで、何時も思うのは棚製作の失敗です。
家内より、うっとおしいので、背丈は高くして欲しい…
の要望で、余りにも高くしすぎました。
従って、ちょっとした作業でも脚立が必要です。
今の若さなら(?)まだ、大丈夫ですが、この先を
考えると、ぞっとしますよ。
>鉢植えのクレマチスの誘引・・・
私も、同様ですよ。
栽培知識が無くて、剪定や誘引がダメで、今では
自生品種以外は背丈が2m位に生育してます。
故に、株は葉っぱもなく、見映えは最悪ですよ。
>落ちたりコケたりされないよう、くれぐれもお気をつけくださいね。
有難うございます…気をつけますね。

ウメっっち さん
こんばんわー
>【石灰硫黄合剤,ICボルドー66D,ジマンダイセン】・・・
素人の私には聞き慣れない品物です…恥ずかしいですが。
私の場合は、HCなどで気軽に調達できる物を使用ですよ。
現在の所、これで通用してるし・・・
慣れた物の利用です…言いかえれば面倒くさがり屋です。

hiroさん
こんばんわー
昨日に続いて今日も寒い日になりましたね。
暑さに弱い家内は、これぞとばかり、家事を
犠牲に園芸作業(花の手入れ)に努めてましたよ。
反面、寒さに弱い私は上着を2枚追加ですよhappy01
葡萄の手入れは大変です…手が抜けません。
なのに、棚の製作ミスで・・・低くしたいのですが、
既に太い弦が巻き付いており出来ません。
ですから、我慢しながらの作業です。
無理はしてないので、腰痛や腕痛は出てませんよhappy01
でも、この先の事を考えると不安になります。
ハツユキカズラ…えっ…霜対策なしですかー・・・
家は霜対策のみ実施です…そーですかー。
チェリーセージは庭植えの方が花のボリューム感が出て
いいですね(家は鉢植え)。
家も、冬は株元よりバッサリ切り取りです。
紫の舞も含めて、同じ神奈川でも結構違うものですね。
驚きましたよ。


ささみさん
こんばんわー
>葡萄の誘因などのお世話は、大変な作業なのでしょうね。
そうなんですよー・・・
やるべき作業も多く、手を抜くと、その影響が房(実)に出てきます。
ですから、手抜きは極力しないようにしてます。
でも、暑い時は控え、早朝や夕方などに作業するように
心掛けてます。
初雪カズラ…どうしても、冬は葉が枯れてしまい、思い切りカットするので、
株姿は現在は最盛期の半分です…これからの生育に期待ですよ。
紫の舞…冬に葉が全部枯れたのですが、見事に復帰してくれました。
が、花数が少ないのが気がかりですよ。
>今季ちょっと面白い発見・・・
楽しみにしてます。

野花さん
葡萄…
>まず第一に棚がいるってのが・・・
棚ですかー・・・家は最初の10年位はフェンスに絡ませてましたよ。
その頃は、私は単身赴任しており、家内が適当にバサバサ剪定・・・
お陰で、実は殆ど採れなかったですよ。
会津地方の単身赴任時代に、友人に栽培方法を教えてもらい、
今は、その方法で栽培してます・・・剪定も大事ですね。
>それだけ場所もないとできませんよね。
家は、場所も少ないし「通路上」を利用してますよ。
ですから、家内よりうっとおしいので棚の高さを低くするな指令で
製作ミスで困ってますよ…でも、夏は日陰にもなりいいですよ。
我が屋は「家内が花」で、私が「果樹・花木・花」です。
ですから、自然に種類が多くなり困ってます。

 おはようございま~す

いつも遅れ・遅れですいませ~ん。
 夕べの帰宅は22時過ぎ!
今朝はもう食事前に一仕事(これからの準備を)。
 初雪・・、花に特徴が・・♪
オキザリスは何だか??我が家にも沢山の色のが…?
これから我が家の仲間入りで植え付けます!(どこから来るのでしょうかネ?)

※ぶどう!相変わらずお見事なもので。
我が家は、4房?
  さあ・着替えて花の植え付け10数種類・・。
   ヒロでした。

ヒロさん
こんばんわー
お仕事…お疲れ様でした。
私もサラリーマン時代は(と、言っても40代)帰宅は
何時も、22~23時でしたよ。
とにかく、仕事が大一主義でしたから・・・そんな時代でした。
オキザリスは色んな種類があり、何が何だかわかりませんよ。
家も、植え付けた事がないのに、生えてる物があります。
その中には、増えると困る物もあり、喜んでいいのか悩んでしまいます。
葡萄・・・
>我が家は、4房?
若木ならば、止むをえないですね。
家も、ピオーネと安芸クィーンは若木で、房は小さくて少ないです。
ですから、この少ない房を大事に育てる…見守るですね。
>さあ・着替えて花の植え付け10数種類・・。
どんな花か楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59588366

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ(新弦の間引きと誘引)…と、小さな花達の開花:

« バラ(挿し木)の開花…と、葡萄の手入れ(事前作業) | トップページ | クレマチス…と、葡萄の消毒 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック