« レンギョウの開花…更にはプラムソルダムも開花 | トップページ | ライラック…花芽か葉芽か…花芽なら最高だが・・・ »

オステオスペルマム…そして、プラムの花に蜂が・・・

今日の気温18℃…陽射しもたっぷりで大変暖かい一日でした。
今日は、これからの生育が楽しみな「オステオスペルマム」を・・・。
■先ずは、昨日に調達した「ニンジャの秘密」「フィリップ」「ダブルベリーホワイト」の三品種。
①花風水ピンク ニンジャの秘密

2014_0323_151523cimg0596

②花風水ホワイト フィリップ

2014_0323_151816cimg0603

③ダブルベリーホワイト

2014_0323_151701cimg0600

・で、①と②の各1株を長鉢に植え付け・・・右株が①で、左株が②・・・。

2014_0323_151805cimg0602_2

・更に、①の1株を丸鉢に植え付け・・・この①品種は間違って余分に調達したもんで。

2014_0323_151459cimg0594

・③の1株を丸鉢に植え付け・・・を

2014_0323_151635cimg0598

■続いて、昨年の挿し木・・・
④花風水パープル アティーラ~

2014_0323_151301cimg0592

・日が増すにつれて半数も増えてきてる…二鉢とも・・・。。

2014_0323_151252cimg0591

そして、今日のポカポカ陽気に誘われたのか、プラムの花に昆虫が・・・。
・先日の大石早生と太陽にに続いて、ソルダムも花数を増やしてきました。

2014_0323_152039cimg0605

その花達には・・・
・蜜蜂が・・・遠目ですが蜜蜂に間違いなし。

2014_0323_114540cimg0582

・更に、得体の知れぬ小蜂も・・・

2014_0323_133900cimg0584

そうそう、更に、庭の花壇の縁に「ツマグロヒョウモン」の幼虫が…この時期の幼虫なので越冬幼虫と思われる。

2014_0323_141837cimg0588

一体、どこで越冬したのかと・・・。

« レンギョウの開花…更にはプラムソルダムも開花 | トップページ | ライラック…花芽か葉芽か…花芽なら最高だが・・・ »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

オステオスペルラム。。。。ってユニークなお花ですね。
私は買ったことがないので、ちょっとびっくりなお花!!
というのも、形が。。。。
あまりないような花ですよね。
ピンクニンジャの秘密、、、、
すっごいぴったり!!
忍者のようだわあ~それでいてピンクでかわいらしい~
花びら一枚が、、、ちょっとつまんで一部細くなったような感じなのですね。

かと思えば、ダブルベリーホワイトのようにしべがいっぱいで、ほんとにダブルなかんじでいいですね~それぞれの花に特徴があって楽しいですね。

ハチが飛んできてくれると、わくわく、、、、
結実の期待が~
うれしいですね。

kucchanさん、こんにちは~♪
オステオスペルマムにもいろいろなお花があるのですね。
ニンジャの秘密やフィリップは変わった花弁の形ですね。
私は通常のオステオスペルマムしか育てたことがありませんが、
もし出会いがあったら、求めてみたいです。
ダブルベリーホワイトは初めて見ました。
豪華で素敵な花。大事に育ててみたいですね。
昨年の挿し木も順調ですね。
あとしばらくしたら、kucchanさんのお庭はオステオスペルマム
の花園になりそうですね。

ソルダムの白い花も清楚で素敵ですね。
ミツバチさんも御馳走にあずかり、さぞ喜んでいることでしょう。
結実が楽しみですね。

オステオスペルマムは、やはりいいですね。スプーン(スコップよりは・・・)
咲きが好みなので、霜が降りなくなれば植えつける予定です。

>遠目ですが蜜蜂に間違いなし
と、おっしゃられても、ねぇ・・・^O^

>得体の知れぬ小蜂
姿はハチに似てますが、目(もく)レベルで異なる縁遠い種ですね。複眼
の格好がハエに似てませんか。ホソヒラタアブと思われます。ハナアブ科
ですから刺しも噛みもしない(と思いますが、噛まれても責任は持てませ
ん。)ですよ。

ツマグロヒョウモンの越冬態は幼虫又は蛹ですので、この時期の幼虫な
ら、そちらがいくら暖かくても、越冬していたものでしょうね。
さて、羽化の瞬間を撮影できますね。(^-^)v

オステオスペルマム、私も一度植えたんですが・・・
3年目の今年、戸外で越冬させたら枯れてしまいましたweep
妙高ではやはり外での越冬は無理なようですが、
もう一度挑戦してみたい花です。
虫たちもそろそろ動き出していますね
今日はこちらもスゴク暖かかったので
私の車の中にクモが出没(ヒエ~~~shock

野花さん
おはようございます。
オステオスペルラム…ユニークでしょう・・・。
最初に出会った際に、花びらの形と色・・・
特に形が今までに見た事がなく調達・・・
以降は毎年調達してます。
ピンクニンジャの秘密
育て方次第で花びらの形が変わるそうです(タグ記載)…
故に、ニンジャなんだそうですhappy01
今回、2ポット調達してましたが、既に、調達時より
形が違っており、出来そこないではと思う始末です。
この品種は、今回調達した3品種以外に、確か、3~5
品種有ったと思います。
こちらも、追加調達を考えてますが、広告期間が
日曜日までだったので、価格を含め、既に、在庫なしかも・・・。
どうも、我が家は、いつも、青の時に買っておけばと、後で後悔
する事が多いですよ。

hiroさん
おはようございます。
家も、この花に出会うまでは普通のオステオスペルマム
を調達でしたよ。
で、確か、昨年だと思いますが、この花に出会い珍しかったので
調達しました(二品種だっと記憶)。
更に、挿し木も実施しましたよ。
でも、挿し木は「パープル アティーラ」が成功でしたが、
ニンジャは失敗でした。
今季も、花後に全品種の挿し木にトライする予定ですが、
親株のシーズン越しと挿し木の成功・シーズン越しに
期待ですよ。
上手く行けば、moneybagもおお助かりだし・・・
当地で販売されてるので、hiroさんちの方でも販売
されてると思いますよ。
是非、調達・アップを楽しみにしてます。
プラム…そうなんですよ。。。
花数も増えてきており、清楚感のある白色で
周囲を明るくしてくれてます。
更には、昨日よりの異常な温かさで昆虫達も
訪問してくれ、結実に期待が出てます。

uke-enさん
おはようございます。
オステオスペルマムは、やはりいいでしょうhappy01
敷地が広ければ、もっと、増やしたいのですが・・・。
>蜜蜂に間違いなしと、おっしゃられても、ねぇ・・・^O^
この方は、蜜蜂まちがいなしですよ。
直ぐ傍で確認すみですよ…その際、撮影を試みたのですが、
敵と勘違いされ、上方の花に逃げられましたよ。
これ以上、干渉すると逃げられてはと、無視することに…
授粉作業に努めてもらわねば…ですよ。
得体の知れぬ小蜂はホソヒラタアブですか・・・
外観的に、刺しそうで、怒らせない様に、静かに見守る
ことにします。
ツマグロヒョウモンの幼虫は、やはり越冬ですよね…
この時期ですから成蝶はいないし・・・凄い生命力に
驚きますよ。
そー言えば、蛹をムシカゴで管理してたのを思い出しました。
本日、確認してみますよ。

雪ん子さん
おはようございます。
オステオスペルマムの越冬・・・
家は、戸外の無加温ビニールハウスで管理してます。
でも、ニンジャは、越冬前に枯れて消滅で、成功は
パープル アティーラのみでした。
今季は、オステオ調達花は全部挿し木もして、
越冬にトライする予定です。
全てが成功すれば、新たな調達は不要で、に
moneybagおお助かり…別の花に目が向けられるし・・・。
で、越冬…勝負・勝負・勝負ですね・・・happy01
虫達…そうなんです…最近の暖かさで、次々と
昆虫が・・・でも、目当ての蝶は全く、我が家の花に
訪問してくれまず残念です。
蜘蛛が車内に…確かに、ぎゃーですね・・・。
家も、玉に、小蜘蛛が室内で…どこから来るのか
不思議でなりません…見付け次第、捕獲駆除ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59343323

この記事へのトラックバック一覧です: オステオスペルマム…そして、プラムの花に蜂が・・・:

« レンギョウの開花…更にはプラムソルダムも開花 | トップページ | ライラック…花芽か葉芽か…花芽なら最高だが・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック