« オキザリス;セルヌア | トップページ | 匂いすみれ…そして、電気家計簿 »

オキザリス;バリアビリス「ピンク」…と、立金花

今日の最高気温は18℃…と、まるで春を思わせる暖かさになりました。
庭では、この暖かさに花達が♪コーラス♪を・・・始めたかも。
①オキザリス;バリアビリアス「ピンク」が咲き始めてきました。

2014_0228_113755cimg0258

が、他の「ホワイト」と「ライトピンク」は蕾すら出ておらず…このピンクに続いて咲き始めてくれると良いのだが・・・。
②オキザリス;セルヌア~先日の路地植えに続いて、鉢植えも咲き始めてきました。
後は、ボリュームたっぷりの花姿を待つだけです。

2014_0228_114024cimg0259

③立金花~
・お隣さんは満開だと言うのに、我が家は通路沿いに生えてる1株が咲いてきただけで…
更には花びらの生育不良もあり情けない状態。

2014_0228_145410cimg0266

・花壇の株は、今日、半開きになったが、撮影時には閉じてしまい残念。

2014_0228_145417cimg0267

④オステオスペルマムアティーラパープル~昨年の挿し木物…今季、三番目の花が咲いてきました。

2014_0228_114242cimg0261

・こちらが、本日に咲いた鉢~

2014_0228_114231cimg0260

・こちらは、もう一方の鉢~

2014_0228_114325cimg0262

どちらの鉢にも、間もなく咲きそうな蕾があり、先が楽しみである。

2014_0228_114350cimg0264

序でに、福寿草を・・・開花後、一週間を経過、花茎も延びてヒゲヒゲ状態の葉っぱも出てきました。

2014_0228_145741cimg0269

どんどん、大きく生育して、次の蕾をつけて咲いてくれるのが楽しみである。

最後は、近所の汚い川で遊んでるカルガモを・・・。

2014_0228_144926cimg0265

« オキザリス;セルヌア | トップページ | 匂いすみれ…そして、電気家計簿 »

オキザリス」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 今晩は~

 セルヌアにサンラックにコ…!

・今回はバリアビリアスさんに!
一体オキザリスさんは何種類あるのか??
如何に管理が完璧か。

また、一回では読めません:オステオスペルマムアティーラパープル。
へ~・綺麗なものですね、こちらも。

・本当に拝見させていただくだけで満足・飽きません・どころか。
今度は何が・・といった感じです♪
  ヒロでした。

こんばんは。

バリアビリス、ピンクが可愛いです♪
ウチも先日買った白は咲いていますが、ライトピンクは
葉っぱばかりで蕾が見当たりません。
今季植えた球根なんですけど・・・。despair
オステオスペルマムも咲くのは時間の問題ですね~。
週末の寒波が過ぎて、暖かくなったら咲くのかなぁ。confident
カルガモさん、夫婦なんでしょうか?
もう少ししたら、子ガモの行列がみられるかも・・・!?(笑)

こんばんわ~

今日の関東は本当に暖かかったんですね
花たちが次々咲きだして羨ましい・・・
リュウキンカって庭でも育てられるのですか?
野草なので庭では育たないと思っていました。

妙高では群生が見られるんですが、良かったら見て下さい↓
http://chieko-1950.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/2011-2b84.html

ヒロさん
こんばんわー
とにかく、オキザリスは沢山の品種があります。
しかも、似た物が・・・。
ですから、タグや名札を無くすと、さっぱりですよ。
オステオスペルマムも、同様に種類が多くて・・・
故に、調達して花後には、必ず、挿し木してます。
今回は、何故か、全て、同じ物なので、ちょっと
残念です。
でも、大きく生育してくれれば、お裾わけですよ。

ささみさん
こんばんわー
バリアビリアス…家も、同じですよ。
咲いたのはピンクのみで、残りの
ホワイトやライトピンクは蕾すら出てません。
更に、葉っぱか枯れ葉みたいになってるし・・・。
このまま、咲かないのではと懸念してます。
残りのオステオスペルマムは、確かに開花寸前ですね。
で、挿し木した一本株が多いので、この先の
栽培方法を苦悩中です・・・先端茎をcutして、
脇芽を出すべきかと・・・うーんんん。
>カルガモさん、夫婦なんでしょうか?
多分、ご夫婦だと…思ってます。
この汚い川で、毎年、沢山の子ガモが産まれ
子供を引き連れて(行列)泳ぐ姿を見てます。

雪ん子さん
そうなんですよ・・・。
最高気温が19℃でしたよ。
この暖かさで、花もビックリして花数が
増えた感じです。
立金花は、花壇でも充分に育ち、増えまくります。
ですから、家内は球根を引き抜いてしまいます。
お陰で、家の立金花は開花が遅く、花数も少ないです。
故に、花数少ない⇒球根引き抜き…と、悪循環ですよ。
妙高の立金花は拝見しましたよ。
素晴らしい…と、言うより物凄い量の花ですね。
自然の力には敵わずですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/59213337

この記事へのトラックバック一覧です: オキザリス;バリアビリス「ピンク」…と、立金花:

« オキザリス;セルヌア | トップページ | 匂いすみれ…そして、電気家計簿 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック