« 葡萄(巨峰)の手入れ(剪定)…と、デコポンの様子 | トップページ | 実生ビワも開花…と、オキザリス;バリアビリアス(白) »

葡萄の手入れ(剪定)…と、赤アセビ(クリスマスチェアー)に「蕾」が…

あけましておめでとうございます。

昨年同様に、年始めの園芸作業は年末に続き「葡萄の手入れ」となりました(1/2~1/3)。
従来ならば半日で終了出来たのだが、両手首の痛みの事もあり三日間の作業となりました。
で、剪定した葡萄は「巨峰」「ピオーネ」「安芸クィーン」の三品種…但し、巨峰を除き4年の若木。
・剪定後の葡萄棚の様子~
2014_0103_113500cimg1493

・棚の一部をアップ撮影~ちょっと剪定不足気味みたい…誘引作業時に追加剪定を予定。
2014_0103_113543cimg1494

次は、天気の良い日(暖かい日)に「誘引作業」を実施する予定。

そして、赤アセビ(クリスマスチェアー)も・・・
葡萄の剪定作業終了後に、他の「果樹や花木」の剪定も実施…殆ど、11~12月に少しずつ実施してたので、姿が気になる花木のみをチェックして作業を実施。
その際、赤アセビ(クリスマスチェアー)の茎の先端にヒョロヒョロの「ヒゲ」を発見・・・
確か、花後にcutしたはずなのに…何でー…と、思いながら cutを開始したら・・・
何と、「蕾」が付いてるではないか…そーか、この「ヒゲ」に蕾が付くのか…と、認識despair
そこで、家内に、この「ヒゲ」は cutしないで…と、通達・・・。
すると、家内曰く;相当前だけど、見映えが悪いので cutしたよhappy01…でも、cut途中で道行く方が話しかけてこられたので、その作業は中断したままだよ…と・・・。
だとすると、この「道行く方」が話しかけられなかったら、今季の赤アセビの花は絶望だったかも・・・「道行く方」に感謝しなければ・・・。
・鉢植え赤アセビ(クリスマスチェアー)~
2013_1230_125312cimg1477

・ヒゲ?と蕾~
2013_1230_125312cimg1478

・更にアップ撮影~
2013_1230_125312cimg1480

最後は、ど根性のクレマチスも・・・自生のケレマチスが、漸く、花を開いてくれました。
でも、この寒さで、直ぐに、萎れてくるでしょう。

2014_0103_113605cimg1495


« 葡萄(巨峰)の手入れ(剪定)…と、デコポンの様子 | トップページ | 実生ビワも開花…と、オキザリス;バリアビリアス(白) »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

ゆっくり三が日を過ごされているのかと思っていました^^
手首が痛いと作業も大変ですね。早く良くなりますように・・・
葡萄たちkucchanさんの思いに応えて立派な実を付けてくれますように♪

昨年はいろいろありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

 道行く人も味方につけて!
今晩は~

 新年早々、いいですね~・見方は沢山いた方が!
それに、アップ撮影の写真・見事に蕾が連なって…、咲いたら綺麗でしょうね~
 お待ちしておりま~す(開花写真)。

 私が今手入れをしているツル花が、こんな感じなんですよ(量が少ないですが)。
2月に入ってからの投稿になりますが。
  ヒロでした。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

まだ手首が痛いのに、早速お庭のお手入れを・・・。coldsweats01
葡萄って、この時期に剪定するのですね。
豊作になることを期待しています。
私の実家にもアセビ(馬酔木)がありましたが、やっぱりそんな感じに
蕾がついていましたよ。
切ってしまわなくて、良かったですね~!(笑)

寒くなると手首の痛みが辛くなりますので、あまり無理をなさいませんように。

お正月早々からブドウの手入れとは、あのように立派な巨峰に
なるのも当然ですね。適期もあるでしょうけれど、御身ご大切で
すので、無理されないでくださいね。

アセビの件は、いい初笑いになりましたよ。
我が家ではコツバメのためにアセビを植えたものですから、産
卵を確認しているので花がらさえ残したままでした。家内から花
つきが悪くなるとお叱りをもらっていたのですが、気持ち少な目
程度です。
山には大きなものから小苗まで一杯あって、誰が剪定するでも
なく毎年花盛りですから、見栄えの問題でしょうね。

年末が賀状で終わり、年始がアセビで初?実はほかにもトホホ
を隠されているのでは・・・(^-^)v

はづ希さん
あけましておめでとうございます
当初は「三が日」はゆっくり過ごす…のスタンスでしたが、
正月早々に、16℃くらいのポカポカ陽気…
早々の園芸作業では見た目もあり控えることにしましたよ。
でも、二日目になると、剪定ハサミを片手に…ですよ。
家内からは、外の事になると元気がでるね…と、言われましたよ。
でも、作業は控えめにして、手首の痛みの再発防止に努めてます。
最後になりますが、こちらこそ、いろんな事の紹介など宜しく
お願いします。

ヒロさん
はーい…道行く方など、いろんな方の助太刀で、
我が家の園芸は成り立ってますよ。
この助けがなければ、今季の赤アセビの花姿は
絶望だったと思います。
昨年は、確か、このヒゲらしき方をCUTしたので、
花が少なくて、家内より不要と言われてしまいました。
でも、今季はバッチリ花を咲かせてくれるだろうと期待してます。
ヒロさんちの「つる花」とは、何でしょう・・・。
開花の際はアップ願います…待っておりますよ。

ささみさん
葡萄の手入れも剪定時期があり、一応、その時期に
実施してます。
近所の方も、葡萄を栽培されてますが、「手入なし」栽培なもんで
房(実)の状態は「大」です。
故に、私は素人なりの出来る範囲で面倒を見てます…出来ばえには
一応満足してます。
アセビ栽培は初心者なもんで…以前に、ヒペリカムの剪定時期(CUT)を
間違って花芽を全てCUTした散々な経験があります。
剪定は、姿を良くしますが、間違えるととんでも無い事になりますよね。
この失敗経験を活かして、知識を深めたいと思ってます。
手首の痛みは、殆ど無くなったので、今は、無理せずを念頭に置いてます。

uke-enさん
身体(手首)の心配、有難うございます。
とにかく、無理せず…で進めることにしてます。
uke-enさんも無理せず…で、蝶の観察など心掛けて
下さいね。
そーですか。。。
アセビは見映えを考慮しなければ、放任でも沢山の
花を咲かせてくれる…ならば、当面は、花優先で放任も
いいですね・・・暫くは、放任栽培とするかも。
アセビの件やら、年末の年賀状作成の件やら色々と
ありましたよ。
やはり、人間、歳を重ねると、いろんな事がおきますね。
気をつけてるのですが、気付いた時は「遅し」てな状態で・・・。
でも、めげずに前向きに前進ですよ。

明けましておめでとうございます^^
の~びりお正月!かと思ったら、早くも活動を開始されていたんですね^^;
さっすが~!のkucchanさん♪
でも、手首を痛めているとの事では、作業も大変!無理しないで下さいね^^
アセビの髭・・・新春そうそう初笑い^^
オチは欠かせないですよね!
今年も宜しくお願いします^^

yumemiさん
改めましてあけましておめでとうございます。
正月早々の「園芸」は、やはり、園芸好きなのか
じっとしてる事が出来ず身体が動いてしまいます。
アセビの件は、なにせ、栽培初心者なもんで恥ずかしい
限りです…他の花木も、これではダメですよね。
とにかく、手首の痛みの事もあるし、ボチボチ精神で
無理なきように園芸作業を楽しみます。
こちらこそ、本年も宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/58882895

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ(剪定)…と、赤アセビ(クリスマスチェアー)に「蕾」が…:

« 葡萄(巨峰)の手入れ(剪定)…と、デコポンの様子 | トップページ | 実生ビワも開花…と、オキザリス;バリアビリアス(白) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック