« 巨峰;今季最後の収穫…と、ミセバヤの開花 | トップページ | 現在のオキザリスの状態 »

この時期にツマグロヒョウモンが羽化・・・

今日は朝より曇り空で(写真は羽化したばかりのツマグロヒョウモン)、正午くらいに陽射しも出て過ごしやすい一日になりました。
2013_1103_100700cimg0798

で、今日は昨日に収穫(処理)した葡萄の防獣ネット(ハクビシン対策)の取り外しを実施することに。
取り外しを開始後、直ぐに羽化したばかりのツマグロヒョウモン(♀)を発見…この時期に羽化とはsign02・・・。
2013_1103_100500cimg0795

このままだと、ネットの取り外しが出来ないので、他の場所に移動させることに・・・。
その手段は、私の指に止まらせ花の咲いてる場所に移動・・・
2013_1103_100700cimg0797

その場所は、東南鉢畑(南側)・・・
最初は背丈の有るユーリオプステージと考えたが…嫌みたいなもんで・・・。
2013_1103_100900cimg0802

続いて、秋と言えばコスモス…こちらも、嫌みたい・・・
2013_1103_100900cimg0803

何故なら、既にイチモンジセセリが奥の薄いピンクのコスモスに・・・。

2013_1103_101000cimg0806

結局、最終的にはペンタスに・・・
2013_1103_101032cimg0807

2013_1103_101032cimg0808

で、10分くらい後に確認すると、もう、居ない…もう、飛べる様になり何処かに行ったみたい。

そのペンタスにホシホウジャクが・・・もしかして、この方が来たので逃げたのかなぁ・・・。
2013_1103_102100cimg0824

2013_1103_1021100cimg0825

« 巨峰;今季最後の収穫…と、ミセバヤの開花 | トップページ | 現在のオキザリスの状態 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ツマグロヒョウモンの越冬態は幼虫ですから、これから交尾、
産卵し、卵から孵化するまで間に合うのでしょうかね。南方な
ら越冬という概念に当てはまらないケースもあるそうですが、
いくら関東が暖かいといっても、そうはならないでしょうね。

セセリチョウやホウジャクもすっかり見かけなくなってきました。
イチモンジセセリも珍しい部類になっていますよ。

uke-enさん
何せ、我が家の庭には彼方此方にツマグロヒョウモンの幼虫が相変わらず居ますよ。
更には、蛹もいつの間にか・・・でも、最近は飽きてしまったみたいで観察は置き去りです。
でも、この様に羽化姿を見ると、カメラですよ。
そろそろ、スミレも殆どが丸坊主状態なもんで、幼虫も、この先、越冬は厳しそうですね。
一昨日は、生きてる蛹を発見…で、ムシカゴに入れて気付いた範囲で観察する予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/58507179

この記事へのトラックバック一覧です: この時期にツマグロヒョウモンが羽化・・・:

« 巨峰;今季最後の収穫…と、ミセバヤの開花 | トップページ | 現在のオキザリスの状態 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック