« ブルーベリーの収穫(今季最後の)…と、姫国光の実の異変(一個) | トップページ | シラー・ペルビアナ (大蔓穂;オオツルボ)の発芽~ »

人なっこいウラギンシジミ

午前中は日射したっぷり…でも、午後より雲が…更に、明日は雨予報・・・。
早朝より控えめの水やりをしてると、南西鉢畑のケイトウの異変を発見…茎が斜めに倒れてるsign02
そこで、茎を元の状態に戻そうとしたら根元より株が抜けてしまったsign03
もしや、根切り虫(コガネ幼虫)かと、他の株を確認すると全部同じ状態が発生。
で、土を掘り起こしてみると、根切り虫が“うじゃうじゃ”・・・結局、ケイトウの処分を実施。
直ぐに、この鉢の「ふるい掛け」を実施してると、ウラギンシジミが傍に遊びに…直ぐに撮影をと・・・。
①すると、私のカメラを持ってる右手に着地(手)・・・これでは撮影出来ない…カメラを左手に持ちかえパチリ。
■11:22;何とか、撮影に成功・・・。
2013_0930_112200cimg0184

これならばと、指乗りにトライ・・・直ぐに、逃げられ菊の葉っぱに・・・。
2013_0930_112800cimg0193

引き続き、「ふるい掛け」を開始~南西鉢畑
■11:29;すると、今度は左手に・・・
2013_0930_112925cimg0195

■11:29;序だからと、青空を背景に撮影・・・
2013_0930_112925cimg0196

■11:30;アップ撮影も・・・その後、何処かに飛び去り・・・。
2013_0930_113000cimg0199

再度、「ふるい掛け」を再開~南西鉢畑
■11:31;すると、再度、左手に(今度は腕に)・・・何処から来るのだろう・・・
2013_0930_113114cimg0201

■11:33;再度、記念のアップ撮影を・・・
2013_0930_113300cimg0204

■11:34;更に、花を背景に撮影しなくてはと、ペチュニアと・・・で、ここでサヨナラのお別れ・・・。
2013_0930_113414cimg0205

再度、「ふるい掛け」を再開~南西鉢畑
■11:49;また、また、何処からか左手に(今度は手の側面に)・・・
2013_0930_114901cimg0208

そこで、庭を一緒に散歩し記念撮影を・・・。
■11:53;玄関前のゼラニュームと・・・
2013_0930_115300cimg0211

■11:55;駐車場東南鉢畑の温州ミカンと・・・
2013_0930_115509cimg0215

■11:56;駐車場ジニアと・・・で、ここで、再度、サヨウナラ・・・
2013_0930_115600cimg0216

再度、「ふるい掛け」を再開~南西鉢畑
■12:00;また、また、何処からか左手に(今度は腕に)・・・ここで、隣の奥さんに“ホラ”と・・・
この奥さんもビックリ仰天・・・なんて、人なっこいだろうと・・・。
2013_0930_120000cimg0217

■11:56;直ぐ、傍のパプリカの葉っぱに・・・
2013_0930_120100cimg0219

丁度、昼食時にもなった事だし、部屋に・・・
それにしても、幾度も私から離れ、戻ってくる…なんて人なっこいウラギンシジミなんだろう…と、不思議でたまらない。

« ブルーベリーの収穫(今季最後の)…と、姫国光の実の異変(一個) | トップページ | シラー・ペルビアナ (大蔓穂;オオツルボ)の発芽~ »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

私にも経験があります。バラ苗が元気ないなあと思って掘り起こしたら、出るは出るは。。。。コガネムシの幼虫がごろごろと。。。。
結局、その薔薇は枯れてしまって残念だったこと思い出しました。それからは鉢の表面に不織布を敷いて対応しました。
おかげでそれからは被害もなく今まできています。

人懐こいウラギンシジミ。
人の手が好きなのでしょうか~
こんなにいろいろの花と一緒に記念撮影してもらって、、、きっとうれしかったね。
羽を閉じた色はシンプルだけど、、、なんだかとてもかわいいですね。
そして開いた姿はカラフルで、、、ドキッとしてしまいますね。

野花さん
今季の我が家はコガネの幼虫が沢山ですよ・・・葡萄の木が有るのも要因かも。
我が家は鉢植えが主体なもんで、秋での手入が大変なんですよ・・・
植え木や宿根草などは、殺虫剤(オツトラン)を蒔き、その後、念入りに鉢土の表面を観察…異常があれば、すぐに植え替え作業ですよ。
一年草の草花などは、全て、土のふるい掛けで…苦労してますよ。
で、この蝶(ウラギンシジミ)には驚きましたよ。
ふるい掛け作業をしてうと、何処からか近寄り、腕や手に来るんですよ・・・確か、5回も同じ繰り返しでした。
多分、腕などに出てた微かな汗が気に入ったのかもしれませんね・・・。

当方でこのウラギンシジミに呆れて返コメを書いたので、この
記事にコメントしたような気になっていました。(^^ゞ

ウラギンシジミにもそれなりのつき合いがあるのですが、こん
なに愛想のいい方は知りませんよ。
秋になると玄関ポーチで長時間遊んでくれることがあるので
すが、指を差し出しても見向きもしません。かといって逃げる
訳でもありません。
余程汗をかかれていたのでしょうか。

uke-enさん
今回のウラギンシジミには驚きましたよ。
とにかく、私に付きまとうもんで…何度、放してふるい掛けしてると、腕などにぴたりと着地ですから。。。もう、この様な事は二度と無いとおもいますよ。
良い経験をしました。
>余程汗をかかれていたのでしょうか。
そんなに暑くなかったので、微かににじむ程度の汗でしたよ。
で、腕などにとまると、ヒゲらしき物で、吸うしぐさをしてましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/58294379

この記事へのトラックバック一覧です: 人なっこいウラギンシジミ:

« ブルーベリーの収穫(今季最後の)…と、姫国光の実の異変(一個) | トップページ | シラー・ペルビアナ (大蔓穂;オオツルボ)の発芽~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック