« ユリ・カサブランカ&キキョウ&ルドベキアの開花 | トップページ | ユリ…カサブランカとОTハイブリッド;イエローウィン…と、歩道でのクロアゲハ »

ネジバナ…と、ケイトウ

外のポツポツ音に目覚め、外を見ると小雨…うわー雨かと…布団の中でТVを見ながらウトウト状態・・・。
結局、外に出たのは8時前・・・すると、雨は上がっており、雨上がりの中でモンシロチョウが・・・。
・ハイビスカスロバツスの花に・・・。
2013_0620_104222cimg8882

・ピンクバナナの葉っぱに・・・で、手乗りを試みたが逃げられ失敗。
2013_0620_110723cimg8883

気温も21~22℃くらいで、これなら園芸作業も楽だろうと「庭や鉢の枯れ葉や草取り」を実施。
宿根草のトラノオ鉢に生えたネジバナが、咲き始めてきました。
2013_0620_113447cimg8884

咲き始めの為か、綺麗なネジ状になっていないのが残念です…因みに、花は右巻き・・・。

こちらも、こぼれ種で生えたケイトウ~生育の良い物を抜き取り、栽培鉢に移植。
2013_0620_125240cimg8885

・上の写真の右側鉢は、xxxxx素テッキーだと思うが自信はなし。
2013_0620_125300cimg8886

・真ん中鉢は、トサカケイトウだと思われるが、もう少し、花が大きくならないと判断出来ず。
2013_0620_125300cimg8889

そうそう、間引きした子苗は、欲しいと言われた方にお裾わけを・・・。
この様にこぼれ種で生えた花が利用できるとは、ウハウハである。

« ユリ・カサブランカ&キキョウ&ルドベキアの開花 | トップページ | ユリ…カサブランカとОTハイブリッド;イエローウィン…と、歩道でのクロアゲハ »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

モンシロチョウは夏型の♂のようですね。前翅表の翅頂や中央部の
黒班が濃くなり、裏翅の黄色味が少し強くなります。
そういうことを気にかけると、何やモンシロチョウかと言ってばかりは
いられませんね。1回撮影したら・・・(^^ゞ

しかも、500円硬貨を並べていただかなくても、ハイビスカスロバツス
の花の小ささが理解できましたよ。^O^

こぼれ種の間引きをご近所におすそ分けとは、こぼれても(転んでも)
ただでは起きない、見上げた姿勢ですね。

uke-enさん
>モンシロチョウは夏型の♂のようですね。
そうですかー・・・。
一時は、スジクロシロチョウではとも思いましたが、モンシロとしました。
本当に、蝶の区別は難しいですね。
「ハイビスカスロバツスと蝶」も、いい組み合わせでしょう。
500円硬貨とロバツスではねー・・・絵になりませんよね。
>こぼれても(転んでも)ただでは起きない、見上げた姿勢ですね。
えっへへへへへ・・・でしょう・・・。
これが、我が哲学かも…ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/57630825

この記事へのトラックバック一覧です: ネジバナ…と、ケイトウ:

« ユリ・カサブランカ&キキョウ&ルドベキアの開花 | トップページ | ユリ…カサブランカとОTハイブリッド;イエローウィン…と、歩道でのクロアゲハ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック