« バラ;安曇野開花間近…そして、アカボシゴマダラ | トップページ | 葡萄の手入れ(房切り&房落とし)…と、小玉スイカの苗に萎れが・・・ »

ハイビスカス・ロバツスとバラ安曇野の開花…そして、イチモンジセセリ

今日は28℃と暑苦しい程の一日になりました。
でも、昨日の歯科医通院で、歯の痛みも和らぎ、この暑い中、冬花の処理された鉢土の「ふるい掛け」等を実施するなど元気さが戻りました。
何せ、梅雨に入るまでには鉢土を処理しなければと頑張る「私」…大げさですが「病は気から」…これは間違いなさそうです・・・。
最近の暑さの影響か、鉢植えのハイビスカス・ロバツスが咲いてきました~たった、一輪ですが。
2013_0513_144027cimg8105

冬場は室内で管理…新芽も沢山出ており、これが良かったのかも・・・。
2013_0513_144100cimg8106

同じく、鉢植え支柱仕立てのバラ安曇野が咲き始めてきました。
2013_0514_111426cimg8125

と、言っても本日は三輪ですが…まぁ、これからが本番の花だし・・・。
2013_0514_124714cimg8136


そうそう、今日は、数日前と同様の葡萄(巨峰)の葉と房に萎れが発生してるのを発見…約1m・・・以下の写真は弦の切り取り後に撮影。
2013_0513_123515cimg8097

・新弦付け根を点検…折れなし。
・昨年弦の外観を点検…すると、数日前同様に茎内に幼虫の存在する形跡が・・・
2013_0513_123515cimg8098

・そこで、該当の弦を切り取り、該当場所を折り曲げ・・・幼虫を発見(写真右側)・・・。
2013_0513_123700cimg8099

昨年までは、この様な現象は発生せず…なのに、今季は二回目で、この先が心配である。

そして、今日は28℃の暑さの影響か、ツマグロヒョウモンとイチモンジセセリの撮影に成功。
①ツマグロヒョウモン(♀)~5月2日に今季初撮影しており、嬉しさは今一・・・。
2013_0514_111218cimg8120

2013_0514_111130cimg8118

②イチモンジセセリ~今季初見で初撮影・・・パンジーの花で吸蜜をしており、何とか撮影に成功です…と、言っても近寄ると逃げられるし…で、証拠レベルの写真に。
2013_0514_115801cimg8127

2013_0514_115801cimg8128

そうだ・・・忘れてました・・・

遅まきながら、我が家のクンシランも世間並みに咲いてきました…故に、載せてあげなくては・・・。

2013_0514_143100cimg8137


« バラ;安曇野開花間近…そして、アカボシゴマダラ | トップページ | 葡萄の手入れ(房切り&房落とし)…と、小玉スイカの苗に萎れが・・・ »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

え~~~、これがハイビスカス?、いつもの勘違いに違いないと
思いましたよ。中央の突き出たシベはないし、つる性のようだし、
親戚のフヨウの仲間では・・・
調べると、やはりハイビスカス、這い性の珍しいタイプだそうです
ね。遅れてるぅ!(^^ゞ

ツマグロヒョウモン、ヘイヘイ、スンマヘン。^^;

イチモンジセセリは後翅裏の白斑が一つ足りないように見えます
が、それでもやはりイチモンジセセリのようですね。この時期にな
ると、当地と季節の進み方が異なることを実感します。

こんばんは~

安曇野咲き始めましたね~
こうやって見ると、、、すごくかわいい~
何せ沢山のまとまった花のイメージなので、、、
よ~く見てもらって、、、喜んでるかな?

我家の安曇野は家の裏にあるのですが、そこにはなかなか行かないので、どうなっている事やら。。。。
2週間前は、、、、アブラムシがすごくって、。。思わず薬しゅーしちゃいました。
情けない~

クレマチス、マダムジュリアコレボンとキリテカナワの色合いがすっごくきれいで、クレマチス、、、大切に育ててらっしゃるのがよくわかります。私は、、、好きに這わせて。。。いつの間にか花が終わってた~なんて事がよくあって、、、恥ずかしいで~す。

それにしても、、、Kucchanさんは、昆虫の名前よくご存じで、、、
そしてその姿をとらえるのがとても上手ですね~
蝶なんかすぐ飛んでっちゃうのに~

歯痛^^;直って良かったですね^^
バラにクレマチス・・・大切に育てた子達が少しずつ咲いて来る・・・。
そんな様子を見るのは、満足感・・・達成感・・・と共に
愛おしさが高まってくる瞬間ですよね^^

↓夏花をあえて植えなくても、とても華やかなフロントヤード!
十分素敵ですよ♪

葡萄は幹の中に幼虫が潜んで・・・ショックですよね~。
被害が少なければ良いのですが・・・。

uke-enさん
>これがハイビスカス?、いつもの勘違いに違いないと思いましたよ。
わはははは・・・残念でしたね。
アオイ科のフヨウ属で(タグより)、新たに開発された植物だとおもいますよ。
この花は、園芸店に勤務されてるお嬢さんよりの頂き物なんですよ(昨年に)。
>イチモンジセセリは後翅裏の白斑が一つ足りないように見えます
私には、そこまではねー・・・ただ、イチモンジセセリ…だー…ですよ。

野花さん
安曇野は咲き始めましたよー・・・。
>何せ沢山のまとまった花のイメージなので、、、
でも、↑の状態には、まだ、程遠い状態ですよ。
しかも、今季は蕾の出具合も少ない感じで、「まとまった花」が見れるかどうか心配です。
>我家の安曇野は家の裏にあるのですが
勿体無いですね…だから、目が届かず「薬しゅー」ですね・・・家のユリも、その様な物がありますよ。
クレマチスのマダムジュリアコレボンとキリテカナワは私が調達したもんで、仕立ても自分がしてます…故に、大事に扱ってますよhappy01
>Kucchanさんは、昆虫の名前よくご存じで、、、
ブロ友さんの影響が大きくて、間違いも多くてツッコミやら、指導を頂いてますよ…

yumemiさん
>歯痛^^;直って良かったですね^^
そうなんですよ…神経を殺したとおもいます…これで、食べることも苦にならず安堵感も出て安心ですよ。
バラにクレマチス・・・おっしゃる通り、大事に育ててると、何回も写真を撮りたくなり愛しさが増してきますね…近日中に、クレマチスは再登場ですよ。
>葡萄は幹の中に幼虫が潜んで・・・ショックですよね~。
そうなんですよ・・・。
でも、今日は発生しておらず、安心してますが・・・後は、運だけですね。

 おはようございま~す

 ライラック:さいたま・まで香りが漂ってきま~す(わらい)。

※歯痛!和らいで良かったですね。
  しかし・ヒロの歯は、とうとう一本(奥歯)が抜けてしまいました~(無痛で)、さよ~なら~です!
※ぶどう茎内のニックキ幼虫!
 ヒロでしたら、喜んで釣りの餌に・・・です。
 手入れがいいと、余計に住みやすいのですかね?
・君子の開花載せ:ランさんもヒロも、ともに御礼で~す。
   それでは。

ヒロさん
>喜んで釣りの餌に・・・
そうだー。。。釣りのエサですよね。
幼少時代を思い出しましたよ・・・よく、幼虫を探したもんです。
でも、葡萄の弦ではねー・・・難き幼虫になりますよ。
クンシランの開花は、余りにも遅かったので、今季は諦めてましたよ。
でも、気付いたら蕾が…更には開花で驚いてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/57383251

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビスカス・ロバツスとバラ安曇野の開花…そして、イチモンジセセリ:

« バラ;安曇野開花間近…そして、アカボシゴマダラ | トップページ | 葡萄の手入れ(房切り&房落とし)…と、小玉スイカの苗に萎れが・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック