« クレマチスにも新芽が・・・ | トップページ | シーズン越しのマーガレット »

シーズン越しジュリアンと、今季調達ジュリアンの比較

今日の天候…終日日射しの予報だったが大外れ~朝方に日射しが出た程度で、後は終日の曇り…更には夕方頃より霧雨も・・・更には北風も吹き寒い一日でした。
この様な気候でも、近所のお宅の「暖地桜桃」は、今にも咲きそうな状態に…ピンク色の蕾に(写真中央部)・・・。
2013_0303_131400cimg6603


そして、我が家のシーズン越しのジュリアンorポリアン~
①鉢~無加温ガラスハウスで管理…漸く、咲き始めてきました…が、株は小さく花数も少ない。
2013_0303_133126cimg6604

②鉢~屋外放置で、夜間は霜対策を実施してたが、①鉢以上に生育が悪い。

2013_0303_133126cimg6605

因みに、今季調達のジュリアンorポリアンは、生育は遅い感じはするが順調に育ち、咲いてくれている…夜間は霜対策を実施。
③鉢~
2013_0303_133126cimg6606

④鉢~
2013_0303_133200cimg6607

⑤鉢~
2013_0303_133200cimg6608

⑥鉢~
2013_0303_133244cimg6609

⑦鉢~
2013_0303_133300cimg6610

で、昨日は、ヒヨドリにメジロの餌を横取りされて…この対策を実施・・・
①餌をミカンからキウイに変更(私)~
2013_0302_111008cimg6600

②ミカンの置き場所を変更(家内)~
2013_0302_112940cimg6601

で、その結果は・・・
①は、直ぐにヒヨドリが持ち去り失敗・・・
②は、ガラス扉で入口を狭くして(メジロが翅を広げた広さくらい)、メジロ専用の餌に・・・大成功。
まぁ、家内の勝ちで、私の負け…てな、結果に・・・sad

« クレマチスにも新芽が・・・ | トップページ | シーズン越しのマーガレット »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

いつも、ぽちありがとうございます。
kucchanさんのお庭は、ジュリアンがいっぱいでとても華やかですね。
拝見させていただき、やはり、、、温かい所で冬越しした方がお花がきれいに咲くみたいですね。

私はいつも、そのままほったらかし。
咲くには咲くけれど、年々花数が減ってきて、、、最後はなくなってしまいます。

毎年新しいのを買うのが無難ですか?
そんなにお高くもないですしね。
私は6番の縁取りのある濃いあずき色のが好きです~

うちも、、、メジロちゃんのために毎年パンをやっていたのですが、今年初めてヒヨドリがやってきて、、、あっという間に奪ってゆくし、、、
おまけに大事なクリスマスローズのお花まで食べられたので、なくなく、、、
やめてしまいました。

可愛い鳴き声や、姿が見られなくなって、すごくさみしいで~す。

いろんな実験をしてひよどり対策をするのも、楽しいですね。

野花さん
こんばんわー・・・
数か月前より「ポチ」を覚えて(利用方法を)、「頭に残った」や「参考になった」記事にポチ…ですよ・・・とにかく、沢山の綺麗に咲いてる華麗なクリスマスローズを沢山栽培されてるのですね・・・今後とも、訪問させて頂きます。
我が家の草花栽培は、家内メインで私はアシストですよ…でも、今では私も完全にハマり込んで、私がメインだと自負する始末ですよ(単身赴任後の定年退職より)。
我が家の草花栽培は、家内が調達タイプで、私が持ち越し(シーズン越し)タイプで、家内より「シーズン越しさせても咲き具合が悪いのに」…と、何時もブツブツ言われてますよ。で、ここ2年くらい前より、新規調達花は以前の1/4位になりました。
そうそう、ヒヨドリがクリローの蕾を食べるとは初めてしりました…と、同時に驚きましたよ。これからも、宜しくお願い致します。

こんばんは。

うちはお花がひとつもなくなって…。
こちらで目の保養をさせていただかなくちゃ^^
シーズン越しのジュリアンも今年調達のも健気に咲いていますね。
ご近所の暖地桜桃も開花したら見せてくださいね。

ヒヨドリはその場で食べずに持ち去るのですか?へぇ~
奥様の機転でメジロちゃんのエサ場が確保できてよかったですね♪

はづ希さん
こんばんわー・・・
ジュリアンは、今季調達品は綺麗に咲いてくれてますが、シーズン越し品は株の大きさと花びらがダメですね…この様な状態ならば、来季のシーズン越しは管理の都合もあり、中止するかもしれませんよ。
>ご近所の暖地桜桃も開花したら見せてくださいね。
はーいいいい・・・開花したら無断で撮影してアップしますよ…お待ち下さいね。
メジロのエサ・・・今朝に確認したら、キウイは全然無くなってましたよ。
更に、ガラスケースの中も無しに・・・犯人はヒヨドリです(今朝、外に出たらガラスハウスからヒヨドリが飛び出てきました。)
おまけに、ビワやプラムの木にもヒヨドリが頻繁に来るようになりました…そこで、メジロのエサやりは、暫く、取りやめる予定です。

 今晩は~。
まあ、それぞれに春~|
 暖地桜桃は我が家より早いかな?(当然!)。
ジュリアンさんたち、これだけ沢山ありましたらご近所さん方、足を止められるのでは・・。
 先ほどからアップにも耐えておりますよ♪
只今・晩酌をしながら・・・!
 更にミカンは勿論、デコポンではありませんよね?
そうだとしましたら、ヒロが食べちゃいますよ♪
  それでは。

ヒロさん
このジュリアンは、彼方此方に置いており、道行く方が見れるのは二鉢だけですよ…残りは、家だけで楽しんでます。
近所の暖地桜桃…咲いたら、すぐに撮影してアップしますよ。
>更にミカンは勿論、デコポンではありませんよね?
当然ですよ…デコポンは、未だ、倉庫に寝かせてますよ。
でも、そろそろ、試食を考えてます。

隔日刊だと安心し、1回くらい忘れているかと横着に構えてい
ると、日刊になっていて慌てました。

暖地桜桃はもうこんな状態ですか。我が家のサクランボは、
地植えにしてから放任栽培状態で、これより遅いとしても蕾
すら見えません。

ヒヨドリは外、メジロは内の競い合い、ちょっと遅めの節分は
楽しそうですね。

uke-enさん
隔日刊…そうなんですよー・・・記事ネタもないし、サボリも慢性化して・・・・。
で、最近の暖かさで、蝶同様に目覚めてきたのかもしれませんが、継続は無理みたいです。
暖地桜桃は、これが普通かもしれませんね。でも、佐藤錦などは、未だ、蕾は膨らんでないのが当然かも・・・でも、この時期に蕾が無い…つーのも、不思議ですね・・・わかりませんね。
ヒヨドリのおかげで、現在はメジロへのエサやりは中止してますよ・・・糞害もあるし・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/56880026

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン越しジュリアンと、今季調達ジュリアンの比較:

« クレマチスにも新芽が・・・ | トップページ | シーズン越しのマーガレット »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック