« ジャスミンカロライナ(開花)と、ビワの手入れ(摘果) | トップページ | シラーペルビアナに蕾が・・・更にライラックの花(再々登場) »

葡萄の手入れ(消毒)と「ブルーベリーとサクランボ」栽培(開花)

今日は曇り空でしたが気温は昨日と同じで暖かい一日になりました。
で、今日は早朝より、次の葡萄三品種の消毒作業を実施…トップジンM200倍希釈液…黒とう病対策。
巨峰は樹齢20年くらい、残りのピオーネと安芸クィーンは4年目で何れも地植え…巨峰は棚も・・・。
2013_0329_110612cimg7176

参考書によると消毒は発芽前とあるのだが、今季は発芽が早すぎて遅れてしまった(昨年は4月4日頃)。
序に、現在の発芽状態も・・・
①巨峰~
2013_0329_110917cimg7177

②ピオーネ~
2013_0329_111110cimg7178

③安芸クィーン~
2013_0329_111233cimg7180

↑の通り、発芽状態は安芸クィーンが早く、巨峰は一番遅い・・・。

そして、鉢植えのブルーベリー三品種(①ティフブルー②ウェイマース③森の小さな恋人)が咲き始めてきました。
こちらは、生育(樹勢)が一番良い①ティフブルーで、
2013_0329_083205cimg7153

咲いた花びらの様子も~
2013_0329_083205cimg7154

更に、鉢植えサクランボの高砂も咲き始めてきました~左側;高砂で右側がアメリカンチェリー。
2013_0329_100000cimg7165

こちらが、咲き始めた高砂(三輪)・・・
2013_0329_132838cimg7200

更に、今にも咲きそうな状態も・・・
①高砂~
2013_0329_132700cimg7197

②アメリカンチェリー~
2013_0329_132700cimg7199

どちらも、明日には咲くと思われ、人工授粉を実施しなくては(蜜蜂類も訪問してくれないので)。
てな具合で、葡萄(発芽)、ブルーベリー、サクランボの開花などは通年より2weekくらいは早いと思う。
そして、黄金桃の開花状態も・・・
2013_0329_095128cimg7155

概ね、今日現在7分咲きで人工授粉を実施してるが結実となるか・・・。

2013_0329_095201cimg7156

« ジャスミンカロライナ(開花)と、ビワの手入れ(摘果) | トップページ | シラーペルビアナに蕾が・・・更にライラックの花(再々登場) »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

最近の記事を見せていただくと、放任栽培でやれ花が咲かない、
やれ実がつかないと言ってる身が恥ずかしくなりますね。
農薬はやらない主義(怠惰なだけ)ですが、肥料も耕起もほとん
どしません。
花木は剪定もするのに、木が小さいこともありますが、果樹は剪
定した記憶がありません。ほかのことはともかく!このお世話は
見習わなくっちゃ。(^^ゞ

わ~
すごいですね~
お花だけじゃなくて、果物もいっぱい。
葡萄、さくらんぼ、びわにブルーベリー、桃。。。。
信州の果樹園みたいですね~

これだけの実がなったら、本当にうれしいですね。
果樹は育てたことがないので、わからないですが、きっと、病気や、虫、、、
そして受粉等、、、いろいろ大変な事がありそうですね。
でも、だからこそ、美味しい果物ができた時は感動なのでしょうね。

見事に可愛いらしい実がなって、木にぶら下がってる姿、、、
楽しみにしていますよ~

uke-enさん
>放任栽培でやれ花が咲かない、やれ実がつかないと言ってる身が恥ずかしくなりますね。
いやー…とんでもありませんよ・・・我が家は鉢植えが主体なもんで、どうしても、手入れをしないと・・・。
そして、葡萄は私の唯一の自慢なもんで…一つくらいは、何かがないと、場所の使用がどんどん減り、私の居所がなくなるもんで努力してますよ。
>果樹は剪定した記憶がありません。
これだけはねー・・・どうしても、果樹栽培の成果をださないと…場所も狭いし(単位面積当たりのコストが高いし)…で、頑張ってますよ。

野花さん
どうも、同じ県民みたいですね。
ならば、「信州の果樹園」から「神奈川のミニ果樹園に格上げして下さいよhappy01
>これだけの実がなったら、本当にうれしいですね。
とにかく、手入が大変ですよ・・・さぼると、病気や、鳥や動物の被害にもあいます。
それに、実が付いても「味」が不味いと話になりませんよ・・・殆どが、話にならない部類ですが、葡萄だけは「天下一品」と自負してますよ(近所の方など十数軒にお裾わけしてます)・・・故に、手入れは綿密に忘れずにです。

 ん~ン・やっぱりね~!!
 今晩は~
何から話したら?いいのか??分からないっ。
 こんなの書いていたら明日になってしまいます~(あり過ぎて・笑い)。
まあ・見事なもんですね~~。
 取り敢えず、最初のぶどうから。
もう20年ですか!それに消毒もされるんですね。
 ・我が家は何もせず、ただ小枝を剪定して直幹の丸坊主に・・・!

 次に高砂:もうひらいて~!
我が家の佐藤錦とナポレオン、今日漸く蕾の先がチョット白く開きました~!
 この辺で、すいませ~ん(頭下げ)。また!
  それでは・ヒロ

ヒロさん
葡萄栽培…何もせずに収穫できれば、最高ですよ。
何せ、土壌が悪いもんで、放置すれば(消毒なしなど)、病気になると思います。
以前に、葡萄栽培者から聞いた話ですが、面倒見をしなかったら、木もダメになると言われて事があるもんで・・・。
何もしなくて、黒とう病(家では実に黒い斑点が出る)などが発生しなければ、放任栽培をしたいですよ。
>佐藤錦とナポレオン、今日漸く蕾の先がチョット白く開きました~!
ならば、開花は近いですね…暖かさが増してくると、あっと言う間に咲き始めてきますよ・・・楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/57061771

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ(消毒)と「ブルーベリーとサクランボ」栽培(開花):

« ジャスミンカロライナ(開花)と、ビワの手入れ(摘果) | トップページ | シラーペルビアナに蕾が・・・更にライラックの花(再々登場) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック