« ОТハイブリッドの開花とカラーの対決(畑性vs湿地性)と黄金桃の非劇 | トップページ | 黄小玉スイカに結実の兆し・・・と、フロックスの開花と、ショウガ栽培 »

オリエンタルハイブリッドニンフの開花と大石早生の色付き

今日は、朝方より曇りで、時々、薄日がでたり、小雨がぱらついたり・・・で、昼半ば過ぎより、本格的な雨に。
この様な気候で暑さもなく、家内は、草花の切り戻しを主体とした手入れを実施。
今季のペチュニア…何時もとは違って徒長がはやい・・・そこで、今季、二回目の切り戻しを実施。
切り戻しした代表花のリップグリーン~
・切り戻し前~
2012_0701_110301cimg3130

・切り戻し後~
2012_0701_115100cimg3131

で、私は、延び延びにしてたトサカケイトウの間引きを実施・・・成長すれば、再度、間引き予定。
2012_0701_172402cimg3139

間引いた苗は、たまたま、通りがかれたおばちゃんに根ッコ部分を新聞紙に包んで差し上げ・・・。

そして、鉢植えのユリ~昨日のОТハイブリッド(右側)に続いて、オリエンタルハイブリッド;ニンフが咲いてきました。
2012_0701_094131cimg3119

とにかく、この花びら達の香り・・・傍を通る度に「いい香り」が・・・。
2012_0701_094200cimg3121


更に、東南鉢畑(南側)に置いてるクレマチス;マダムジュリアコレボン・・・
2012_0701_101823cimg3127

咲いた花を切り取り、再度、咲き始めてきました。
2012_0701_101823cimg3126

僅かですけど、弦も延びてきて蕾も・・・更なる成長を期待してるが、どうなることか。
2012_0701_101903cimg3128


そうそう、昨日の黄金桃に続いて、プラム大石早生も実がポトリsad・・少し色付いてたので、手で触ったら・・・実も小さ気味なので、多分、生存競争に負けてたみたい。
2012_0701_115853cimg3132

他の実はしっかりしており、僅かだが色も付き始めてるみたいだし、特に、心配することはなし。
2012_0701_103029cimg3129


そして、鉢植えの小玉スイカ栽培~今日も雌花が三個咲いたが、この気候では・・・。
2012_0701_172245cimg3136

2012_0701_172300cimg3137

2012_0701_172300cimg3138

« ОТハイブリッドの開花とカラーの対決(畑性vs湿地性)と黄金桃の非劇 | トップページ | 黄小玉スイカに結実の兆し・・・と、フロックスの開花と、ショウガ栽培 »

ガーデニング」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

エッ、ペチュニアは2度目の切り戻しですか。我が家では、やっと
こんもりしてきたところですよ。もちろん、晩霜害の恐れがあるの
で植え付けはkucchan さんちよりかなり遅れていると思いますが、
例年になく肥料を効かしているので、もっと伸びてもいいような気
がしています。

地植えのユリでも、透かしユリが咲き始めたところ、オリエンタル
ハイブリッド系はまだまだ蕾硬しです。

uke-enさん
ペチュニアの切り戻し~そうなんですよ…もう、二回目ですよ。
どうも、今年は徒長するのが早いみたいに感じます。
お陰で、一部のペチュニアは、そろそろ、処分して、代わりのペチュニアに植え替える予定ですよ。
ユリ・・・どうも、家のは鉢植えで、気候も暖かいので、開花が早いのかもしれませんね。
でも、来年は、どうなることやら…の気分ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/55096207

この記事へのトラックバック一覧です: オリエンタルハイブリッドニンフの開花と大石早生の色付き:

« ОТハイブリッドの開花とカラーの対決(畑性vs湿地性)と黄金桃の非劇 | トップページ | 黄小玉スイカに結実の兆し・・・と、フロックスの開花と、ショウガ栽培 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック