« 友禅菊の開花と、種蒔きケイトウの間引き | トップページ | オリエンタルハイブリッドニンフの開花と大石早生の色付き »

ОТハイブリッドの開花とカラーの対決(畑性vs湿地性)と黄金桃の非劇

今日は、とにかく蒸し暑く感じる一日でしたwobbly
この蒸し暑さの中、以前より気にしてた浴室の面格子に「マドミラン」の取り付けを実施。
と、言うのは、以前に面格子を交換~この時に、クロスタイプにした為に、マドミランの取り付けが面倒な為に、取り付けせずに過ごしてたもんで・・・この梅雨に対抗するためにはマドミランは必需と判断(カビ対策)。
そこで、「市販のマドミラン」と「alのブラウン角パイプ」と「リベット」を調達・・・
金属切断機や電気ドリルなどを利用して、取り付け完了・・・この様子を見てた傍のアパートおばちゃん…
まるで、プロの職人さんだよーと、冷やかしの言葉が・・・とにかく、暑い中、疲れました。
で、ブログの本題に・・・
今日は、鉢植えのユリ・・・
数日前に咲いたLAハイブリッドに続いてОТハイブリッドイエローウィンが咲いてきました(奥側)。
2012_0630_090710cimg3105

とにかく、花びらの大きさと、甘い香りが大の気に入りです。
2012_0630_183510cimg3118


同じく、鉢植えのカラー・・・畑性は大当たりで、湿地性は大外れの「畑性に軍配」を。
①畑性~ロゼアポット240型(4L)に植え付けており、既に、6花が開花・・・
2012_0630_103900cimg3113

更に、新たに4個の花が咲き始めて1きました・・・何と、合計10個の花には驚くばかりsign03
・一昨日より咲き始めて方・・・
2012_0630_180332cimg3114

・更に、今日、三個の蕾を発見・・・
2012_0630_102700cimg3109

2012_0630_102800cimg3111

2012_0630_102800cimg3112


反して、②湿地性~ロゼアポット300型(9.5L)に植え付けてるが(確か、年初に植え替え実施)、咲いたのは一個だけ。
これには、冷静の私も我慢出来ず処罰を与えることに・・・angry
2012_0630_183408cimg3117


そして、今日は、黄金桃に悲しい出来事が発生・・・
何となく、実が元気がないみたいなので、ちょっと手で触っつた所、ポトンと落ちてしまった。
2012_0630_090400cimg3099

で、実を観察すると、シワが発生~鉢植え若木なので生存競争に負けたのかも(生理落下)。
2012_0630_090500cimg3100

これで、残りは一個だけに・・・熟すまでに生き延びて欲しいのだが・・・。
2012_0630_090500cimg3102

今日のオマケは虫かごで飼育中の幼虫の様子を・・・
今朝、確認したら、食欲もなくなり、皮膚の色も変わってきてるのを発見…夕方も、全く同様・・・。
2012_0630_083138cimg3095

もしかしたら、そろそろ、蛹になるのかも・・・明日も確認しなくては。
因みに、黒い姿は数日前に蛹に変化した方・・・早く、成虫を見たいが。

« 友禅菊の開花と、種蒔きケイトウの間引き | トップページ | オリエンタルハイブリッドニンフの開花と大石早生の色付き »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 kucchan様
 今晩は~。こちらにもコメントを!

 そうそう、我が家の赤いゆりの名称ですが、その後図鑑で200種類位のを調べたのですが、?せんでした。すいません(頭下げ)

 ピンク(赤)のカラー、初めて見ました。
以前黄色のカラーもあったのですが、現在は白だけです、が、未だに咲いています。

 黄金桃!すごいですね~!頑張ってください。

 今日の我が家は、午前中は庭仕事。
午後は、乾燥したドクダミの加工で暮れました。

 失礼いたします。ヒロ・・でした。

畑地性カラーの花をとうとう咲かせられなかった私としては、
こんなに花をつけた姿を見て、尊敬しますよ。

反面果樹は苦労されてますね。年々同じように収穫できる
ものでなく凸凹がありますので、それを安定させるのがプロ
の果樹農家の腕の見せ所です。
花は職人級ですが、隣のおばちゃんから、プロの農家と言
われるよう、一喜一憂しないで励んでくださいね。

こんにちは^^
いつも感嘆しながら拝見しています。
kucchanさんに比べたら私のベランダ園芸はおままごとですcoldsweats01
ひとつ残った黄金桃が健やかに育ち ぷりぷりに熟れますように♪

ヒロ・・もんたさん
白色のカラーが咲いてるんですかー・・・。
家のは、一輪咲いただけですよ。
鉢植えの事もあり、植え替えもしたのですが、なかなか、咲いてくれません・・・この状態だと処分を考えるかも。
それにしても、サクランボ(佐藤錦など)は残念でしたね。

uke-enさん
>畑地性カラーの花をとうとう咲かせられなかった私としては、こんなに花をつけた姿を見て、尊敬しますよ。
エヘン…エヘンですよhappy01・・・。
でも、何もしてないもんで、正解が分からず困ってますよ…次は咲かずてな事もあるし。
>隣のおばちゃんから、プロの農家と言われるよう、一喜一憂しないで励んでくださいね。
わはははは・・・密行く方のおばちゃんからは、「花の先生」と言われてますよ…エヘン。
確かに、果樹や野菜は難しいですね…特に鉢植えだし・・・。
プロの農家と言われてるのは地植えの巨峰栽培だけですよ。

はづ希さん
こんばんわー・・・
こちらこそ、いつも感嘆しながら拝見していますよ。
それにして、あの、ムクゲ…花数も多く立派ですね。
家も、欲しくなり、これ以上増やさないと思ってる(場所の制限)私は、前に突き進むかもしれませんよ。
ただ一つになった黄金桃は、どうしても頑張ってもらわなくては…存在価値が無くなると、肩身も狭くなり、私の領域が狭くなると困るしですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/55087253

この記事へのトラックバック一覧です: ОТハイブリッドの開花とカラーの対決(畑性vs湿地性)と黄金桃の非劇:

« 友禅菊の開花と、種蒔きケイトウの間引き | トップページ | オリエンタルハイブリッドニンフの開花と大石早生の色付き »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック