« 葡萄の袋かけと種蒔き(挿し木)の子供達~そして、ヒカゲチョウ | トップページ | ペチュニアリップグリーンの発育状態 »

ストケシアとトケイソウ~そして、小玉スイカ栽培(弦の成長)

今日の気候…午前中曇りで午後より雨と、予報はピタリの肌寒い一日となりました。
で、暑さに弱い家内は、息を吹き返したように庭や鉢の手入れを実施(草むしりと、咲き終わった花の処理etc)。
こんな天候の中、恒例のパトロール~
我が家の宿根草たちが次々と咲き始めてきましたhappy01
①名前不明のバラ~一番花の切り取り後、二番花が咲いてきました…でも、剪定が間違ったのか、一輪のみ。
2012_0612_102203cimg2450

②畑性カラー;グローガーネット~
2012_0612_102300cimg2456

2012_0612_102300cimg2454

③ストケシア~
5月31日の「この花」に続いて・・・
2012_0531_141634cimg2044

今日は、この二種類の花が咲いてきました。
2012_0612_102203cimg2451

2012_0612_102203cimg2452

さて、次は「どの花」色が咲くのかと楽しみ・・・。

④トケイソウ~今日の開花数は二輪(奥にも見える)…2012_0612_113200cimg2463

まだ、蕾も沢山出ており、この先も引き続き楽しめそう。
2012_0612_113200cimg2462

そして、鉢植えの小玉スイカ~紅小玉と黄小玉を各一株・・・
子弦も延びてきてるし(80cmくらい)、そろそろ、人工授粉にトライしなくては。
2012_0612_113328cimg2465

そんな折りに、黄小玉が咲いてきました…ラベルは6/10だが、記入ミスで6/11が正しい。
2012_0611_121300cimg2435

所が、昨日、今日は雨で最悪…取り敢えず人工授粉は試みたが、多分、失敗だろう。

で、今日のオマケはマリーゴールド~
この色柄が気に入りで、取り敢えず小鉢に植え付け・・・

2012_0612_102800cimg2461_3

株が大きくなったら植え替えを実施予定。

2012_0612_102711cimg2458

« 葡萄の袋かけと種蒔き(挿し木)の子供達~そして、ヒカゲチョウ | トップページ | ペチュニアリップグリーンの発育状態 »

ガーデニング」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

畑地性カラーは、鉢植えではとうとう咲かせられず、地植えにして
やっと花を見ました。肥料が足りなかったのか、水が不足気味だ
ったのか、大株にならず貧相なままでしたよ。^^;

このマリーゴールド、ありそうな柄ですが、そう言えば見かけませ
んね。夏花壇は、花がら摘み以外は手のかからないこの花が例
年の主役です。
今年は、バタフライ・ブッシュと異名のあるブッドレアを花壇に植え
たものですから、近所の花を圧迫していますよ。(^^ゞ

名無しの二番花。綺麗に咲いてますね(^_-)-☆
週末の趣味の園芸ではトケイソウでグリーンカーテンを
作っていましたよ!
トケイソウと言えば…昨年は一つも花をみないまま冬がきて、
伸びた茎を株元まで母にカットされてしまいました。
でも、今年また新た芽を伸ばしてくれています^^;
小玉スイカは人工授粉が必要なんですね。
二日ほど前、花が咲いていたので、指先で
チョンチョン…かき回してみましたがどうでしょうか?
ハケとか筆でやらないとダメかしら^^;

uke-enさん
>畑地性カラーは、鉢植えではとうとう咲かせられず、地植えにしてやっと花を見ました。
えっ…本当ですかー・・・。
家の鉢植え品は、ほったらかしに近い状態ですが(追肥はしてますが)、ここ3年間、咲いてくれますよ…しかも、花数が増えてきてます。
と、言うことは、今季辺りは危険かもしれませんね~植え替えをしなくては(忘れないで)。
>このマリーゴールド、ありそうな柄ですが、そう言えば見かけませんね。
そうなんですよ…ありそうで、なかなかありません。故に、即、調達ですよ。
ただ、マリーゴールドには、ナメクジが寄ってくるもんで、夜はナメクジ狩りですよ。
バタフライブッシュ(ブッドレア)・・・蝶が大好きな花木ですよね。
花壇に植え付けられたとは、さすが、uke-enさんですね。
この花景色も、是非、載せてくださいね。

yumemiさん
二番花のバラ…やはり、花の大きさが小さくなりますね。
しかも、花数も少ないし、花後の剪定が失敗だったみたいですsad
トケイソウでの「グリーンカーテン」ですか・・・なかなか、そこまでは育てることが無理ですよ。
我が家も、3年前に幹が枯れて株元よりバッサリですよ。で、翌年は生育が悪くて弦も短くなり、花数は僅かでしたよ。
で、今期は、何とか幹も枯れずにすみ、弦もそれなりの長さになりました…でも、本来の姿には程遠いですよ。
>小玉スイカは人工授粉が必要なんですね。
昆虫も、当てにしますが、受粉の確率を上げる為に人の手を借りてますよ。
で、雄花を切り取り、直接、雌花にチョンチョン…ですよ~これが一番簡単みたいですよ。
で、家の場合は、植え付けも遅かったし、結実するのは、これからですよ~受粉が成功の場合は、直ぐに大きくなりわかりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/54943498

この記事へのトラックバック一覧です: ストケシアとトケイソウ~そして、小玉スイカ栽培(弦の成長):

« 葡萄の袋かけと種蒔き(挿し木)の子供達~そして、ヒカゲチョウ | トップページ | ペチュニアリップグリーンの発育状態 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック