« プラム生育状態・・・と、イチモンジセセリ | トップページ | ビワのサンプル収穫~サルビアガラニティカの開花 »

葡萄の手入れ~そして、クジャクサボテンのアブラムシ駆除銀紙作戦成果

今日は終日の曇り空~葡萄(巨峰)の葉っぱも生い茂ってきてるしdespair・・
2012_0605_101600cimg2245

この手入れををするには最高日和だし~余分な枝や葉っぱの切り落としを実施。
結構、切り取りを実施したつもりだが(小ダンボールの1箱)、どうも、代わり映えしないのが気になる。
2012_0605_115716cimg2264

併せて、この作業をしながら、5月19,21日に実施した「房切り&適房と誘引」の不足箇所を追加実施。
以下は、前回実施時の作業の記事・・・
http://kucchankucchan111.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e88e.html
で、現在の房の生育状態を撮影・・・急激に粒が大きく成長した様な気がするが・・・。
①巨峰~どうも、今季は結実状態が悪い様な気がするが・・・気の性かなぁ…。
2012_0605_104419cimg2246

・粒数が30個くらいで理想の房になるかも・・・。
2012_0605_111309cimg2256


②安芸クィーン~若木の為か、粒数が少ないwobbly・・・でも、このまま生育してくれれば初収穫になりそう。
2012_0605_112347cimg2259

・他に、こんな状態の房が3個wobbly・・・。
2012_0605_112400cimg2262


③ピオーネ~②同様に若木だが、房は出来ず悲しい結果にdespair

そして、数日前に実施したアブラムシ銀紙作戦の成果を・・・
・今日の咲きそうで咲かないsadクジャクサボテンの様子~・・・奥と両サイドに銀紙を配置。
2012_0605_085200cimg2238

・アブラムシの付いてなかった蕾~この様に綺麗な姿を維持してくれてる。
2012_0605_085300cimg2240

・アブラムシの付いてた蕾~蕾の表面からアブラムシは居なくなったが、容姿が・・・。
2012_0605_085300cimg2241

・で、花びらを広げると、この隙間にウジャウジャとアブラムシが・・・こんな所に隠れてるとは愕然とするばかり。
2012_0605_085119cimg2235

2012_0605_085200cimg2237

結局は、殺虫剤の塗布を実施(ベニカXスプレー)~
で、クジャクサボテンの様に蕾が大きくて隠れる場所が有る場合は、銀紙と殺虫剤の両用が必要の結論に。

« プラム生育状態・・・と、イチモンジセセリ | トップページ | ビワのサンプル収穫~サルビアガラニティカの開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

クジャクサボテンのアブラムシ退治の顛末確かに
見届けました。アブラムシはやはりギラギラは苦
手なのだと改めて分かりました。
大きな花では、オルトランも効き目が薄いですか
ら噴霧しなけりゃダメのようですね。風通しの関係
も考慮すると、早めの防除がコスト面からも一番
でしょうか。

uke-enさん
アブラムシ銀紙作戦の結末が概ね判りましたよ。
おっしゃる通り、キラキラ弾ける銀紙は嫌いますね。
でも、一旦、発生すると、隠れる場所がある大きな花等には今一の効果ですね。
故に、小さい花びら等には適用できそうです。
でも、先ずは発生させない事が一番ですね~でも、これも難しいし・・・結局は殺虫剤に頼るこてになりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/54883809

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ~そして、クジャクサボテンのアブラムシ駆除銀紙作戦成果:

« プラム生育状態・・・と、イチモンジセセリ | トップページ | ビワのサンプル収穫~サルビアガラニティカの開花 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック