« カンパニュラ アルペンブルーの開花と、サクランボの防鳥ネットの取り付け | トップページ | 安曇野とキリテカナワの開花 »

葡萄の手入れ(房切りと適房)と、“まだまだいけそう”なビオラ

今日も早朝より日射しが出て暑い一日になりました。
そこで、そろそろと考えてた葡萄(巨峰)の房切りと適房(房落とし)を実施。
この作業を実施してるとアゲハが…即、作業を中断して撮影を・・・。
2012_0519_094000cimg1667

・房切り~房の先端のカットと同時に、房の長さを10~12cmになるように根元部分の粒をカット。
・適房(房落とし)~今年に出てきた枝(30cm未満の短い枝)に付いた房を1ツになるようにカット。
≪房切り前の様子≫
2012_0519_104110cimg1672

≪房切り後の様子≫
2012_0519_104320cimg1675

更に、葉や枝の込み入った箇所の切り取りも実施。
本来ならば、今日中に「この作業」を終わらせる予定だったが、「上向き作業」と「暑さ」で1/3くらい進んだ所で、ギブアップ・・・実は、家内が園芸店に行くとの事でアッシー役に(私は蝶撮影が出来ると…)。
2012_0519_110545cimg1678

残りの2/3は明日以降に繰り越す羽目に・・・まぁ、仕方がないか。
2012_0519_110527cimg1677


そして、“まだまだいけそう”な冬花達の記念撮影を実施・・・大半の冬花(パンジー&ビオラ)は処理済みで、
残ってるのは「このビオラ」のみ。
①ビオラ~
2012_0519_141908cimg1684

②ビオラ~
2012_0519_150902cimg1688

③ビオラ~
2012_0519_151401cimg1689

④ビオラ~
2012_0519_151401cimg1690

どれも、“まだまだいけそう”な感じだが、“そろそろ”処理の時期になりそう…多分、2~3日中かも。

そうそう、一昨日前の「ミニバラ」の記事で、未だ、咲いてなかった一品種が咲いてきたので、記録することに。
で、今回に咲いたのはピンクのミニバラ~
2012_0519_134520cimg1682

2012_0519_134520cimg1681


« カンパニュラ アルペンブルーの開花と、サクランボの防鳥ネットの取り付け | トップページ | 安曇野とキリテカナワの開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おーおー!こちらにも蝶が…^^;
葡萄の房切りってこうするのですね!
放ったらかしの我が家の葡萄にも
いつの間にか房が付いてました^^;
早速、確認してみて実施してみようと
思います^^
ビオラ&パンジー♫まだまだイケてますね(^_-)-☆
今年は持ちの良い子が多いです!
ミニバラの開花ですね♫
葉も病気になってなくて元気そう!!

アゲハはキレイに撮れていますね。この木はアジサイのように
見えるのですが、口吻を伸ばしているふうでもないし、何をしに
来たのでしょう。

>家内が園芸店に行くとの事でアッシー役に(私は蝶撮影が
>出来ると…)。
もしもし、チョウの先輩諸氏の手法にも、園芸店にチョウを撮影
しに行くなんて聞いたことがありませんよ。奥様の逆鱗に触れ
ない範囲で、成果をお待ちしていますね。^O^

ビオラは我が家よりいいですね。中央が空いたドーナツ型にな
っています。パンジーはkucchan さんちのビオラ程度にがんば
っています。

yumemiさん
蝶が訪問してくると、何事も中断して撮影ですよ…でも、蝶撮影のプロの方には及ばずです。
葡萄の手入れは、巨峰などの大粒の場合は,房切りや適房(房落とし)は必要みたいですよ…それなりの房を収穫するには35粒/房くらいが目処みたいです。
是非、トライしてくださいね。
>ビオラ&パンジー♫まだまだイケてますね(^_-)-☆
と、私も思うのですが、家内が昨日と今日にバッサリと処理しましたよsad
ミニバラは、今の所、病気らしき兆候は出ておらず安心してますが、何時まで続くかが頭の痛いことですよ。

uke-enさん
>この木はアジサイのように見えるのですが、
これは「サルビア」の葉っぱに途中下車しました…柑橘の葉などに、やたらと止まってたので産卵でもしてたのかもしれませんね。
園芸店でのチョウ撮影の成果は「0」でしたよwobbly…お客さんが多かったのが原因なのか、蝶の姿を見ることができませんでした。
我が家のビオラ~未だまだイケそうと思ってたのですが、今日、家内がバッサリですよ…で、私は、その後の鉢土の処理ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/54748515

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の手入れ(房切りと適房)と、“まだまだいけそう”なビオラ:

« カンパニュラ アルペンブルーの開花と、サクランボの防鳥ネットの取り付け | トップページ | 安曇野とキリテカナワの開花 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック