« すみれ | トップページ | ブルーベリーとサクランボアメリカンチェリーの開花 »

葡萄栽培記録(新芽と芽欠き)

早朝(am6:00)に外にでると、地面は濡れて雨跡が…でも、この時間には雨は降っておらず・・・happy01
そこで、気になってるサクランボの開花状態を確認すると、高砂の花数は増えていました。
2012_0411_115622cimg0599

でも、アメリカンチェリーは、相変わらず開花には届かない状態で、「今日の雨とアメリカンチェリーの開花」を考えると、高砂の開花は少しだけ遅れて欲しい心境に。
今日の午前中は、曇りで、午後からは小雨ですが降ったり止んだりと後味の悪い一日になりました。
そこで、今日の記事は昨日に実施した「葡萄の栽培記録」に決定。
何気なく上方を見ると、葡萄の弦の先端に新芽が出てるのを発見し、思わずニンマリ。
そこで、栽培中の全品種の新芽状態を確認~品種により、生育具合いの差が・・・。
①安芸クィーン~昨年まで結実実績がないのだが、新芽の出具合は一番で「芽欠き」をするレベルに成長。
・現在の状態~一か所より「二個」の芽が出てる。
2012_0410_132103cimg0575

2012_0410_132103cimg0576


・そこで、生育の悪い法の芽の切り取り⇒「芽欠き」を実施。
2012_0410_132210cimg0577

2012_0410_132300cimg0583


続いて、「②ピオーネ」と「③巨峰」は、漸く新芽が出始めたばかりで、未だ、芽欠きレベルでない。
②ピオーネ~昨年まで、結実実績なし。
2012_0410_132420cimg0585

③巨峰~ここ数年は、約100房の収穫実績あり。
2012_0410_132506cimg0586

・新芽は、未だ「一つ」だけ・・・。
2012_0410_132900cimg0590

これからは、注意深く観察して、必要時には随時、「芽欠き」を実施する予定。

« すみれ | トップページ | ブルーベリーとサクランボアメリカンチェリーの開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

あれ、文字が少しカラフルになりましたね。
それはともかく、今度はブドウの新芽欠きですか。放任栽培ならともかく、大きな実の果樹は何かと大変ですね。
腰などを痛めないようお気をつけくださいね。

uke-enさん
ボケ防止も考慮して文字もカラフル化ですよhappy01
どうしても、実のなる物は…なかなか放任には出来ませんよ・・・特に鉢栽培だし。
で、この面倒見のお陰で、身体も元気一杯で老化現象を防いでくれてますよ。
でも、柿やブルベリー、無花果等は面倒を見なくても、それなりに収穫出来るので放任ですよhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/54447095

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄栽培記録(新芽と芽欠き):

« すみれ | トップページ | ブルーベリーとサクランボアメリカンチェリーの開花 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック