« 現在の鉢畑の様子~ | トップページ | 寒肥~そして、サクランボの花芽 »

葡萄栽培(剪定作業)

今日は、予想外の暖かい一日となり(日射し部では10℃くらいかも)、延び延びになってた葡萄の剪定作業を実施。
先ずは巨峰~今季は、何故か例年と比較して「弦の枯れ」が多く不安の材料が増えてしまった。
before~
2012_0118_111049cimg0123

after~
2012_0118_121233cimg0124

続いて、ピオーネ(地植え)と安芸クィーン(鉢植え)~両品種とも、弦は2mくらいに延びてくれたが、太さの成長が悪くて…sad
今年こそ、実を付けてくれないかと願うばかり。
こちらは、ピオーネの現在の状態・・・。
2012_0118_134216cimg0130


併せて、今日は巨峰の誘引作業も実施するつもりだったが、ブドウ棚に使用してる竹が腐ってるのを発見。
2012_0118_142743cimg0136

このままでは、実の重みで折れる恐れがあり交換しなくてはならず、後日実施することに。
因みに、ブドウ棚の主要個所はPVCライニング鋼管使用で長期間に耐えるが、他は竹を利用しており3年位で定期交換が必要かも。

で、今日は葡萄栽培の記録で終わらせる予定だったが、花が無いと寂しい感じがするので、花集団の一部を載せることに。
・南西鉢畑の道路側より奥の箇所~今日の暖かさを証明してオキザリスも咲いてくれてる。
2012_0118_134500cimg0131

・こちらは、玄関前の様子~今季は小型簡易ビニールハウスを設置したので花が少なく寂しい。
2012_0118_134711cimg0133

で、このビニールハウスには「ジャコバサボテン」や「月下美人」などが居住中。

« 現在の鉢畑の様子~ | トップページ | 寒肥~そして、サクランボの花芽 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

バラだけじゃなく、葡萄も今が剪定時期なんですね!
うわー大変(@_@。早くやらなくっちゃ^^;
before~after…
眼を凝らしてじっくり観察^^
か細い枝を剪定しているのでしょうか?
棚の上に幹が達するまでは、主枝はそのまま
伸ばした方がよいのでしょうか?
疑問が一杯です^^;

yumemiさん
>バラだけじゃなく、葡萄も今が剪定時期なんですね!
⇒そうなんですよ~丁度、冬の今時が剪定時期ですよね。
>眼を凝らしてじっくり観察^^
⇒画像をクリックしていただくと拡大写真になり見やすいですよ…。
>か細い枝を剪定しているのでしょうか?
⇒昨年に主枝より出た新梢(今の状態は弦)を3節位を残して剪定してます。
詳しくは、ネットで葡萄栽培専門家の方の方法を参考されると良いと思います。
>棚の上に幹が達するまでは、主枝はそのまま
伸ばした方がよいのでしょうか?
⇒何が正しいのかは分かりませんが、私は伸ばしましたよ…で、ないと、棚に届かないもんで。
ちゃんと、根付いてれば、成長が早いので直ぐに伸びると思いますよ。
もしかしたら、バラと同じなんですかね。
私も、葡萄を栽培して15年くらいになりますが、最初の10年近くは放任栽培で、5年前くらいより色んな疑問を持ち、専門家の栽培方法をnetで調べて自己流でやってますよ。
棚に弦が一杯になるには、もう少し、年数がかかるかもしれませんね。
頑張って下さいよ。

私の承知している範囲では、もう少し枝を整理した方がいいような気がします。そうすると、ご家庭でもスーパーに売ってるようなのが食べられそう・・・^O^

>玄関前・・・花が少なく寂しい。
いえ、そんなことありませんよ。この時季、これだけあれば十分です。くれぐれも、園芸店に走らないよ~に、ね。

uke-enさん
>もう少し枝を整理した方がいいような気がします。
⇒これでも、剪定のやり過かなと思ってますよ。
むしろ、今では、古くなってる枝(主枝より分岐してる枝)を思い切りcutして更新するかと悩んでますよ。
>そうすると、ご家庭でもスーパーに売ってるようなのが食べられそう・・・^O^
⇒えへへへへ・・・我が家の葡萄を食べたら、スーパー販売の物は食べる気になりませんよhappy01
①家内は、我が家のが一番で、店の販売品なら要らない。
②近所に差し上げたかたも、店で売られてる物とは比較にならないほど、シャッキリ感があり、甘くて、良い。
などと、言われており、我が栽培品で唯一褒められてます…えへへへへhappy01
>くれぐれも、園芸店に走らないよ~に、ね。
⇒うーんんんん・・・
何せ、園芸店の方より、買わなくてもいいから、遊びにきて下さるだけでよい…と、言われてるし・・・。

こんにちわ、初めましてたまたまサクランボの文字が目に入りまして読んでしまいました。
自分も果樹だけで20品種以上育てていまして葡萄は巨峰、ネオマスカット、安芸クイーンを今育ててます。
参考になるかはわかりませんが葡萄は窒素系の油かすなどを与えすぎると枝ばかり徒長して実が付きにくく成ります。
これだけ詳しいと多分判られているといると思いますがリン、カリの肥料を多くあげたほうがいいと思います。
それと強剪定をしすぎるとかえって枝が徒長しますので弱剪定を多くしたほうがいいと思います。
実が付いても1房30個程度で余り数を付けさせない方がいいです。
株が弱り最悪枯れますので、頑張ってください。
実が付きますように。(#^.^#)

うなぎさん
おはようございます…そして、こちらこそ、宜しくお願いします。
果樹だけで20品種以上の栽培ですか~。
私も約20品種なので、ほぼ、同じですね…でも、私は土地の制約上(狭い)、鉢植えが主体です。
ですから、管理が難しく大変で苦労しております。
葡萄栽培~確かに、N分は控えめで、肥料のやり過ぎも良くないなどと言われてますよね…で、その通りにしてるつもりですが、ついつい忘れてしまい、後は葡萄の木にお任せてな感じですよ。
枝の弱剪定~昨年に出た枝(弦)をメインに3節目を目安に剪定してます…他には、枝(弦)太くさせる様に先端のcutなども。
で、おっしゃる通り、一房は30~35粒を目処に摘粒してるつもりですが、思い切りが悪くて多めになる傾向です…今季は、頭に強く置いて手入れをしますよ。
今後とも、何か、お気づきの点が有ればご指導の程お願いします。
お互いに、果樹栽培を頑張りましょうね。

うなぎ009さん
先程の「プラム大石早生の収穫」についてのコメントの返信について、ブログ上のトラブルなのか、返信ができませんので、当
記事欄を利用して返信させて頂きます。

この幼虫は「コスカシバ」ですか~。
初めてしりました。
で、直ぐに図鑑で調べ、成虫の状態も分かりました。
確かに、この成虫は出くわした事があります。
と、言うことは、我が家の果樹にも幼虫を産みつけてるかもしれないと(樹木での木クズ)点検をすることにしますよ。
こちらこそ、お気づきの点があればご指導のほど、お願い致します…合わせて、こんごとも、宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/53767103

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄栽培(剪定作業):

« 現在の鉢畑の様子~ | トップページ | 寒肥~そして、サクランボの花芽 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック