« プラム栽培 | トップページ | ペチュニア(no1) »

斑入りソラナムとベロニカ

初めて栽培するブルー系色のソラナムとベロニカ~子株の為、今回は花のみ・・・。
先ずは、斑入りソラナム・ラントネッティー
2010_0611_135209cimg1825

続いて、ベロニカ・パープルエンペラー
ゴマノハグサ科 耐寒性宿根草
2010_0611_135230cimg1827

そして、残酷だが弱肉強食の実態
早朝に、温州ミカンの幹に「シャクトリ虫の子供;多分」を発見~
2010_0627_090752cimg0007

そして、幹の上部には「足長蜂」が・・・
2010_0627_090651cimg0006   

この様子を何気なく観察してると、「シャクトリ虫」は上方に、「足長蜂」は下方に・・・
そして、「はちあわせ」、その瞬間に残酷な事態に・・・
2010_0627_091500cimg0008

ただ、見つめるだけで弱肉強食の世界を見てしまったsad

« プラム栽培 | トップページ | ペチュニア(no1) »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

弱肉強食の世界を目の当たりにして、いろいろお感じのこともあったかと存じますが、それは別にして、その瞬間を撮影されたことは、スゴイことかと思います。こんな写真を見かけた記憶がありません。
ところで、弱は尺取り虫ですよね。逆を想像すると、おぞけをふるうものがあります。樹や花にとって強烈な害虫ですが、こんな場合は同情したくなります。

uke-enさん
尺取り虫は強力な害虫なので、影響を受けない場所に移そうと思った矢先の出来事です。
何せ、相手が足なが蜂なもんでwobbly・・・手を出しませんでした(出せなかったのかもhappy01)。
こんな様子を見ると、害虫でも可哀想で・・・の心境ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/48737455

この記事へのトラックバック一覧です: 斑入りソラナムとベロニカ:

« プラム栽培 | トップページ | ペチュニア(no1) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック