« イチゴ栽培 | トップページ | カンパチュラ アルペンブルーと姫ヒオウギ »

葡萄(巨峰)栽培

5月16日の「新梢先端cut」、「適房(房落とし)」、「誘引」に引き続き、5月26日に「房切り」作業を実施。
何せ、素人栽培なもんで葡萄の生育状況により、順序は逆な場合も・・・。
5月16日の「適房(房落とし)」前の状態・・・
Cimg1473

同じく、「適房(房落とし)」後の状態~一般的には1房にするが、この新梢枝は2房を残すことに。
Cimg1474

そして、作業後の全容・・・。
Cimg1489

5月26日の「房切り」前の状態・・・。
Cimg1642

じく「房切り」後の状態・・・。
Cimg1645

そして、作業後の全容・・・。
Cimg1713

引き続き、生育状況を見ながら追加実施をしなくては・・・。

« イチゴ栽培 | トップページ | カンパチュラ アルペンブルーと姫ヒオウギ »

」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

果樹栽培」カテゴリの記事

コメント

うわー、こんなに決断力があったのですね。でも、一部日和ったところも見えて、kucchan さんらしくていいですね。断腸の思いだったでしょうか。
食べ頃になると、また奥様が試食され、市販のものよりおいしいとほめていただいて、kucchan さんがニンマリするコースですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄(巨峰)栽培:

« イチゴ栽培 | トップページ | カンパチュラ アルペンブルーと姫ヒオウギ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック