« プルサティラ・ブルガリス〝ルブラ〟とシラーペルビアナ | トップページ | サクランボ アメリカンチェリーの着果 »

冬花も徐々に終わりに・・・今の花風景

5月に入り、日増すごとに冬花の処理が増えてくるdespair
昨日に続き、今日も数鉢の冬花の処理を実施、「土のふるいがけ」や「小鉢&鉢底石の洗浄」等の作業が暫く続き疲れは倍増にι(´Д`υ)アセアセ。
そして、一部の場所を除いた今日の花風景~

鉢数は減ってるが、その分、株が大きくなりスペースは殆んど変わらず・・・。

Cimg1200 Cimg1204 Cimg1201 Cimg1203 Cimg1207

こちらは、マーガレットやペチュニアなど、大半が冬越しをした夏花たち~

Cimg1208 Cimg1209

まだ、沢山の花が咲いており、花がら摘みは続けなくては・・・。

« プルサティラ・ブルガリス〝ルブラ〟とシラーペルビアナ | トップページ | サクランボ アメリカンチェリーの着果 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

鉢栽培がご専門なので、土や鉢底石の処分はどうされているのかな、とかねてから思っていました。
「土のふるいがけ」や「鉢底石の洗浄」でリサイクルされているのですね。鉢やプランターの数からすると、大変な作業量ですね。
我が家では、鉢はさすがに再利用しますが、土は庭や畑の土に混ぜます。(捨てるとも言います。)土質が粘土質なので、逆に土壤改良になります。(開き直りとも言います。)

uke-enさん
そうなんですよ・・・大変な作業なんですよ。
何せ、土を捨てる手段が無くて再利用です。
それでも、土は余ってしまうので、土が欲しい方には「ふるいかけ」して差し上げていますよ(結構、喜ばれますよ)。

へぇ、土を上げて、喜ばれるのですか。都会には都会の way があるのですね。この辺でそんなことを言おうものなら、殴られかねません。^^;
我が家もそうですが、花作りの鉢土は、皆さん買っています。すぐ近辺には腐葉土が腐るほどあるのですが、不快害虫などを持ち込むことになるので、避けますね。

uke-enさん
園芸土を差し上げる方は、大半がお年寄りですよ。殆んどの方が、我が家の土は「フンワリ」してるからと喜んで持ち帰られますよ。
どうも、園芸土の運搬手段が一番の要因みたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/48245813

この記事へのトラックバック一覧です: 冬花も徐々に終わりに・・・今の花風景:

« プルサティラ・ブルガリス〝ルブラ〟とシラーペルビアナ | トップページ | サクランボ アメリカンチェリーの着果 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック