« この時期にムスカリの植え替えとは・・・ついでに肥後すみれも | トップページ | 花〝Aチーム〟の様子 »

いちごの植え替え

Cimg0047 今日はイチゴの植え替えを実施することに・・・
先ずは、鉢の2/3レベルに有機培養土を入れ、

Cimg0043 イチゴ専用肥料とオルトランを混ぜ込み・・・
そこに、間引いたいちご子株を植え付け・・・

Cimg0060 粒状培養土を被せる・・・
Cimg0062 これが、kucchan流のイチゴの植え付け・・・粒状土だと「土の跳ね上がり」もなく実が汚れないし。

Cimg0052 今季は、昨年の約1/3弱の栽培規模で我慢することに(昨年の実績より、せざるを得ない)。

« この時期にムスカリの植え替えとは・・・ついでに肥後すみれも | トップページ | 花〝Aチーム〟の様子 »

ガーデニング」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

来年も苗にイチゴを成らせるには、来年の苗準備が必要です。
子株を育てるために、一部の苗には、花やイチゴを、つけないようにすることです。
また、子株が出ても良い床作りが、あれば良いと思います。つまり、ツルから出た新苗が、根をはれる環境作りです。

お節介の会さんへ
イチゴの栽培方法のご指導有難うございます。
スペースが少ないし、今の時点で来年用の株までは手が届かないかも(勿体無くて)~何せ、今季の収穫のみに頭が行ってるもんで。収穫に目処が付きそうな時は挑戦します。
ご指導、有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527911/47395099

この記事へのトラックバック一覧です: いちごの植え替え:

« この時期にムスカリの植え替えとは・・・ついでに肥後すみれも | トップページ | 花〝Aチーム〟の様子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック